ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

| もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

BOARDING TIME 旅慣れが招くまさかの落とし穴・・・。TT

まったりとパリ・シャルルドゴール空港のアメリカン航空のラウンジでひと時を過ごし、Boarding Timeに合わせ、ブリティッシュエアのBoarding Gateに向かいます。

歩いていると、館内放送で聞き覚えのある名前を何度も呼んでいます・・・。

それは、私の名前!それも早く搭乗ゲートに来いとのこと?!

ほぼ時間通りなのに何かあって早い出発になったのかな?取りあえず急ぎます・・・。TT

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ギリギリまでラウンジにいる癖が災い?!>

150430シャルルドゴール空港ラウンジ

いつものように目いっぱいラウンジ満喫です。これから、ラウンジを出て搭乗ゲートに向かいます。^ ^

150430シャルルドゴール空港

綺麗なオブジェだね!なんて余裕でゲートまで歩こうとすれば、私の名を呼ぶ館内放送が?どういうこと?早く来るようにとのこと。何かあったのかな。急いでゲートに向かいます。

<搭乗口に人が誰もいない!>

150430シャルルドゴール空港2

この飛行機に乗るんだよね、と思いながら見れば係員が一生懸命に呼んでいます。前を見れば人が誰もいない。搭乗時間なのにどういうこと?時間は間違っていないし、LCCじゃあるまいし。遅れても早くなることもないはず・・・。

<あっと驚くボーディングパスの記載!>

150430チケット

何で何で?!ボーディングパスのBoarding Time(搭乗時間)は12時15分なのでは?!チケットをよく見れば、そこに書かれたのはいつもの BOARDING TIME ではなく、GATE CLOSES~!

搭乗口にはちょうど2分遅れに到着・・・。泣きたいです・・・。

150430シャルルドゴール空港ゲート

搭乗ブリッジはがらんとこの通り・・・。

皆さん、早めに搭乗口に来ていたらしく、当然、さっさと乗り込んだ後。もちろん、搭乗は私が最後・・・。以前はラウンジに行かない(行けない)ので、早めに現場で待機していたので気にしなくて済んだのでしょう・・・。皆さん、ごめんなさい~~~。TT

旅人に慣れると見えるものが違って見えることってあるものですね。油断大敵です・・・。皆さんも私のようにならないようにボーディングパスを手にしたときは時間がどんな時間表示になっているか確認するようにしてくださいね。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 世界の旅(フランス) | 05:30 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ムーランルージュ パリで夜遊び!パリ3大キャバレーのひとつに行く

パリの3大キャバレーといえば、ムーランルージュ(MOULIN ROUGE)、クレイジー・ホースCRAZY HORSE)にリド(LIDO)がとても有名です。芸術性の高い女性美を楽しめるといわれるクレージーホース、豪華なリド、そしてショー性が高くあのフレンチカンカンの元祖と言えばのムーランルージュ。

パリに来たならばキャバレーに行かねば損!ということで今回やってきたのはこの夜、再びやって来たのはモンマルトル。モンマルトルと言っても今回はモンマルトルの麓にあるキャバレー「ムーランルージュ」です。

何故かクレイジーホースは2度も行ったのですが、なかなかよかったというのが感想です。そして今回のムーランルージュは初めてですが、クレイジーホースと共に評判のキャバレーですので行く前から興奮状態!

ムーランルージュMOULIN ROUGE)ではいったい、どのようなパリのキャバレーナイトが待っているのでしょうか今からとても楽しみです。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<モンマルトルの丘の麓>

150429ムーランルージュ

昼間はのほほんとしたモンマルトルの丘の麓。こんなどうってことのない通りも夜になると・・・。
*この写真はGoogleMAPからのものです。

<ムーランルージュ/MOULIN ROUGE>

150429ムーランルージュ店頭2

日が落ちると・・・、昼間の赤い風車がひときわ輝くネオンの大人の街に変身です。赤い風車が目印のムーランルージュはフランス語で「赤い風車」の意味だそうです。

150429ムーランルージュ入口2

ムーランルージュのダンサー「ドリス・ガール」は洗練されたパリジェンヌに加え、世界各国からオーディションを受ける人たちが多いとのことです。すらっとした女性のイラスト。女性なら身長175cm以上は必要とのことです。

<ムーランルージュに魅了された画家>

150429ムーランルージュの舞踏会

今から126年前の1889年、フランス革命100周年を記念する第4回パリ万国博覧会の年にムーランルージュの営業がスタート。このムーランルージュに魅了された芸術家がいました。それはフランス人画家トゥールーズ・ロートレック(1864~1901)。彼は身体障害者として差別を受けていたこともあってか、娼婦、踊り子のような夜の世界の女たちに共感していたと言われています。そんなこともあってムーランルージュに通い詰めていたそうです。そしてムーランルージュにかかわる作品を何点も残しました。 *作品は「ムーラン・ルージュの舞踏会(Bal au Moulin Rouge)」 1890年

150429ムーランルージュポスター

また、ムーランルージュのポスターも何枚も描き、ムーランルージュの芸術性を引き上げることにつながったそうです。*ポスター作品は「ムーラン・ルージュのラ・グーリュ(Moulin Rouge - La Goulue)」 1891年

<ムーランルージュ「Feerie」>

150429ムーランルージュ入口

ムーランルージュはムーランルージュ伝統の本場のフレンチ・カンカンを含む6つのテーマの歌と踊りにアトラクションなどで構成されています。そして現在、上演中のショーはフランス語で「妖精・魔法・おとぎの国・夢の世界」の意味の「Feerie(フェリ)」とのことです。

150429ムーランルージュ入口3

いよいよ、開場。ホールに案内されます。

150429ムーランルージュパンフレット

パンフレット売りの子がやってきました。せっかっくなので購入。なんと、しっかり日本語版を手渡されました。(日本人とちゃんと識別された!)

<ムーランルージュの顔?!>

150429ムーランルージュ案内

ムーランルージュには顔となる人がいて、その名も「ムッシュー・アンリ(アンリ・プシムール)」。ムーランルージュのサイトのよりますとムーランルージュのレストラン部門の総支配人。かっぷくの良い身体つき、ロマンスグレイの髪、よく通る声、70歳くらいのシブイおじさま。今は後継者に任せて、実際にお客様に対応することは少なくなったとのことですが紹介動画にもしっかり出演のこの方がムッシュー・アンリかな。 *劇場内のショーは撮影禁止です。写真はパリ観光局(Paris Tourisme)の紹介動画のキャプチャーです。

150429ムーランルージュ客席

これが客席。840席あるそうです。キャバレーの雰囲気いっぱいの赤い光のキャンドルが客席を照らします。*Paris Tourisme動画キャプチャー

<いよいよオープニング!>

150429ムーランルージュショー

いよいよオープニングの「ムーランルージュ、昨日・今日、ムーランルージュ、永遠」でショーが始まります!胸がドキドキします。軽快な音楽に乗って出演者が大行進~。このオープニングの踊りと音楽が今も頭に残っています。^^*Paris Tourisme動画キャプチャーより

150429ムーランルージュショー2

ひょっとこの方が、トップスターのJolene Slaterさんですね! *Paris Tourisme動画キャプチャーより

<海賊>

150429ムーランルージュショー3

続いてのショーは「海賊」というテーマのショー。インドネシアの停泊中の船で海賊に何かが起きます。蛇の髪を持つゴーゴンが登場したり、水中で本物のニシキヘビに巻きつかれる女性が現れたりと迫力いっぱい。サンドカンは夢にまで見た女性への愛に宝物を渡すことができるのでしょうか?それとも愛の犠牲になるのでしょうか・・・。 *Paris Tourisme動画キャプチャー

<ドリスサーカス>

150429ムーランルージュショー4

サーカスが街にやって来た!様々なアトラクションや楽しい踊りが楽しめます。*Paris Tourisme動画キャプチャー

150429ムーランルージュショー5

これはサーカスに登場のシャムの双生児と思われます・・・。^^; *Paris Tourisme動画キャプチャー

<ムーランルージュのフレンチ・カンカン>

150429ムーランルージュショー6

これが1889年ムーランルージュで今まで世にない踊りが披露されました。それがムーランルージュのフレンチ・カンカン。この元祖フレンチカンカンを見ることができ最高な気分。今や世界中ですっかり有名ですよね。フランスを飛び出して各地のショーに採用されています。^^ *Paris Tourisme動画キャプチャー

<1900年からのムーランルージュ>

150429ムーランルージュショー8

ムーランルージュは公演開始以来、いろんな時代を通してパリの自由な女性たちを表現し続けてきました。Wikipediaによれば、第一次世界大戦や第二次世界大戦下でも営業を続け、第二次世界大戦中にパリがドイツ軍の占領下に置かれた際も、多くのドイツ軍将兵でにぎわったとか。ここで活躍した著名なミュージシャンとしてはエルビス・プレスリー、フランク・シナトラなど多数いるそうです。*Paris Tourisme動画キャプチャー

<実際の雰囲気を楽しみたい人はこちらをどうぞ!>



こちらはムーランルージュが提供するパリ観光局の紹介動画です。ダイジェストでしっかり楽しめます。見ているとあっという間のわずか5分!

ムーランルージュは現在もパリを代表する観光スポットの1つとして人気があり、1日に2回のショーがあり、19時(ディナー付)、21時(ドリンク付き、19時の回のディナーが終わったころに入場し、19時からいる人と一緒にショーを楽しむ。ドリンク付)、23時(ドリンク付)が開演時間です。私は今回21時からのドリンク付きでシャンパンをいただきながら鑑賞しました。食事の必要のない方は23時からの方がいい席を取りやすいかも知れません。

<フィナーレ>

150429ムーランルージュショー7

いよいよ、感動のフィナーレ。すごく楽しめました。 *Paris Tourisme動画キャプチャー

150429ムーランルージュショー9

ところどころでトップレスのダンサーさんたちが登場しますが、芸術の域ですね。 *案内パンフレットから

<ムーランルージュのスター!>

150429ムーランルージュキャスト2

現在のムーランルージュのスターの皆さんの一部です。楽しいショーをありがとうございました。*案内パンフレットから

<とても楽しかったです!>

150429ムーランルージュ出口

楽しかったひと時もこれで終わり。中国からのお客さんがかなりの多さでチャイナパワーを感じました。昔のバブルの頃の日本もこんな印象だったのかな。それはさておき、パリでショーを見るならどれも十分に楽しめそうです。私はクレイジーホースから入ったけど、最初はこちらからステップアップしていくのもよさそうです。それにしてもこんなところで時差ぼけがでてしまって、一瞬、二瞬、落ちてしまったなんてもったいなかった・・・。

150429ムーランルージュセンス

これがムーランルージュの世界・・・。120年前からパリの人たちに愛され続けているフレンチカンカンに感動いたしました。次回はリド(LIDO)を見たい!

150429ムーランルージュネオン

ムーランルージュは日本からも公式日本語サイトや旅行社などで予約ができます。まだの人はちょっとお高いですが、関心のある人はせっかっくなので行ってみましょうよ。^ ^

<MAP>

150429ムーランルージュMAP

「ムーランルージュ/Moulin Rouge」
82 Boulevard de Clichy, 75018 Paris, France  +33 01 53 09 82 82
・パリメトロ2号線 ブランシュ駅下車すぐ。
・公演時間は公式ホームページでご確認願います。 http://www.moulin-rouge-japon.com/

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 世界の旅(フランス) | 09:30 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Chez Francis(シェ・フランシス) 眺めが一等席なパリの海鮮レストラン!しかし・・・

Chez Francisシェ・フランシス)は、セーヌ川をはさんでエッフェル塔を眺めることができます。塔の真下とは違う全景が見事な位置にあり、晴れた日には気持ちの良いテラス席で、ゴージャスで本格派の雰囲気をまとった店内、どちらも楽しいお食事を演出してくれるお店です。 そんな案内文で紹介されていればかなり気になります!

都会の夜景の景色を眺めながらの夕食は心が和みます。これはさっそく行かねばなりません。

パリも広いですね。こんなスペシャルなお店があるなんて楽しみです。

そして、いよいよChez Francis(シェ・フランシス)に到着です。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<Chez Francis(シェ・フランシス)>

150427Chez Francis店頭2

やって来たのはChez Francis(シェ・フランシス)。お店の前の灯りはパリらしい電球色。お店のテラス席は椅子の向きはなぜか一方向・・・。それもそのはず、目の前には・・・。

150427夜景

エッフェル塔がデーンと。こんな景色を眺めながらのひと時が過ごせるのです!これは素晴らしいです。

<Chez Francis(シェ・フランシス)店内>

150427Chez Francis店内2

こういう時は窓側のテーブルがいいかも知れません。

150427Chez Francis店内1

店内はかなりの雰囲気。

150427Water.jpg

中からもエッフェル塔の夜景を楽しみながらのひと時が楽しめます。

150427パン

ミニフランスパン。ちっちゃくてかわいい。

150427チーズサラダ

サラダ。

150427サーモンサラダ

サーモン。

150427ツナサラダ

これはツナサラダ。

150427ツナ

こっちは同じツナでもマグロを細かく切って固めたもの。

150427アンコウの肝か

これって、フォアグラ?それとも海鮮料理の店だから、あん肝?!^^;

150427海鮮2

そして・・・、本日のメインディッシュは海鮮盛り!

150427海鮮3

カニがデン。

150427海鮮4

氷の山に頭を突っ込ませたエビにカキ。

150427海鮮5

小エビにアサリも美味しそう〜。

<しかし、残念なことが・・・>

150427Chez Francis店頭

え〜!GoogleMAP情報によると、Chez Francis(シェ・フランシス)が閉業となっている〜?!フランス人たちの書き込みが2015年3月以降途絶えています。どういうことかわかりませんが、私がお店を訪ねた後にそのような状況になっているようです。いい景色のお店なのに・・・。残念。でも、ここにまた新しいお店ができれば、再び楽しめるようになるはずですので、その時を待ちたいと思います。

<毎正時にキラキラ星のように輝くエッフェル塔!>

150427Chez Francisエッフェル塔1

食事の後は、毎正時ピッタリにキラキラフラッシュしながら輝き出す、エッフェル塔が見ものですこれを間近で見ようと場所を移動しました。

150427Chez Francisエッフェル塔2

すごく、ファンタスティックな気分になれます!

<MAP>

150427Chez Francis MAP

「Chez Francis」
7 Place de l'Alma 75008 Paris +33 1 47 20 86 83

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 世界の旅(フランス) | 07:00 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ラ・カバネグルマンド 在仏日本人もランチを食べに来るパリのクレープレストラン!

さあてとこの日のランチは~?!パリにお住まいの日本の方が時々ランチに来るという、お手軽クレープレストラン「ラ・カバネグルマンドLa Cabane Gourmande)」です。パリで頑張る人たちの世界に浸ろうとやってきました。

エトワール凱旋門からいくらか歩けば到着します。奥に少し入ったせいか、La Cabane Gourmandeの周りは落ち着いていていい感じの街並み。この辺りにはたくさんのフランス人たちも住んでいそうな感じです。

そんなこともあってか、お店に風船なんかも飾ってあるので子どもたちのパーティなんかにも使われるのかな?!

お昼過ぎ、遅れた時間に行ったのですが、お店にはたくさんのフランス人たち。こうなりゃとフランスの方に混じって頑張って食べてきました?!

ランキングぽちっとお願いします~^^

<パリ17区の街並み>

150426パリの裏通り

いい感じの街の中に入って来ました。

150426フルーツ屋

フルーツ屋さん(フルーツショップ)がいかにもパリって感じですね!いい感じ、いい感じ。

150426花屋

道の角のフラワーショップのお隣にあるのは・・・・。

<ラ・カバネグルマンド (La Cabane Gourmande)>

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDE店頭

お隣がクレープレストランの「ラ・カバネグルマンド」。暖かいときなら花屋さんの隣りのテーブル席も悪くないですね。

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDE店内1

店内をのぞいて見れば・・・。うわっ!外国人だらけ?!って、どっちが外国人~?!^^;

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDE店内2

クレープレストランというので、お客さんの印象をある程度イメージしたのですが、完璧に日本の定食屋さん状態~?!この辺りのオフィスにお勤めの方が多いのかな。

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDEメニュー

メニューはランチタイムだとこれがおススメなんだって・・・。

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDE 水

そこは、もうロシアンルーレット状態・・・。

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDEランチ1

これってジュースだっけ・・・。なんかめちゃくちゃ適当にやっています。TT

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDEランチ2

メインディッシュは野菜サラダ付きのクレープ。

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDEランチ3

パン生地はソルティーな味わい。中にはハムや・・・、

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDEランチ4

玉子が入っていたりします。こういう味ならランチでも問題なしです。

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDEコーヒー

仕上げのコーヒーは放って置いてもエスプレッソが欧州流!?

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDE店内3

レジ前のキャンディは子どもたちにも人気そうです。^^

150426パリの裏通りの空

パリの裏路地からも青い空。在仏日本人の方の日々に少し触れたような気持ちになりました。いい経験をさせていただきました。

<MAP>

150426SALADES LA CABANEGOURAMANDE MAP

「ラ・カバネグルマンド / La Cabane Gourmande 」
1 rue lebon - 75017 Paris 17  TEL +33 1 40 55 97 79
・メトロ2号線「Terunes(テルヌス)」駅から700mほど。
・営業時間 月、火、木、金: 11:30~15:00  水、土、日:11:30~19:00 *営業時間は変更のことあり。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 世界の旅(フランス) | 06:00 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

3大凱旋門が一直線!エトワール凱旋門 でパリの360°パノラマ、新凱旋門でショッピング、カルーゼル凱旋門で美術品が楽しめる!

フランス・パリといえば凱旋門!パリ市内・郊外にいくつかの凱旋門がありますが、よく聞く有名な凱旋門はこれから紹介する3つの凱旋門です。

ひとつはお馴染みエトワール凱旋門。シャンゼリゼ通りのが楽しめる他、凱旋門に上ることもできますのでその眺めも楽しめます。もうひとつはこぶりのカルーゼル凱旋門。こちらはルーブル美術館と隣接しています。いずれもナポレオンの勝利を記念して1806年から建造されたものです。

そして現代になって作られた新凱旋門と呼ばれるグランダルシュ。人権宣言200周年となる1989年7月に落成したビルディングです。このすぐ脇には大きなショッピングエリアやホテルもあります。

それぞれパリメトロ(パリ地下鉄)1号線で訪れることができるので、パリの三大凱旋門巡りと付随するパリの楽しみが一緒に楽しめます。カルーゼル凱旋門エトワール凱旋門新凱旋門と凱旋門を目印に楽しむコースも案外いいと思います。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<カルーゼル凱旋門/ルーブル美術館隣接>

150425カルーゼル凱旋門

これが先日訪れたルーブル美術館のエリアにある、カルーゼル凱旋門。ナポレオンの戦いの勝利をたたえ、1806年から2年かけて作られ、1808年に完成しました。ナポレオン時代の凱旋門はもともとローマの凱旋門を参考に作られたものだそうです。高さ19m。

こちらでルーブルの美術品をたっぷり楽しめます。パリメトロ(パリ地下鉄)1号線「Palais Royal - Musée du Louvre」駅下車。

<エトワール凱旋門/シャンゼリゼ通り付近>

150425凱旋門

パリ地下鉄1号線「George V」駅下車で見ることが出来るのがエトワール凱旋門。シャンゼリゼ通りといえば、このエトワール凱旋門と一緒の画がやはり似合います。こちらも凱旋門はカルーゼル凱旋門と同じ年に建造が始まりましたが、完成まで実に30年。完成を見ることなくナポレオンは亡くなってしまいましたが、亡くなった後に、遺骸でこちらをくぐることができたとか・・・。

150425凱旋門2

テーマが異なる超立体的な彫刻がそれぞれの柱に施されています。こちらは剣がもろ浮き出しているのが特徴的です。柱の模様を楽しんだら、地下に潜って入場券を買えば螺旋階段を上ってこの凱旋門の頂上に上ることができます。私は2回ほど上ったことがあるので、今回は上りませんでしたが、GoogleMAPで上った写真が収録されていますのでそちらを紹介させていただきます。

<エトワール凱旋門から見えるパリの街!/Google MAPから>

150425凱旋門3

パリの街並みは高いビルの建造が抑えられていますので、実に空が広く感じます。そんなこともあって凱旋門の上に上ればパリの街の360°ビューが楽しめます。

150425凱旋門4

エッフェル塔も見えますね!こちらはシャンゼリゼ通り側。凱旋門を中心に、シャンゼリゼ通りなど、12本の通りが放射状に延びています。

150425凱旋門5

右奥に中が空いた四角い建造物が見えますか?

150425凱旋門6

放射状に広がる12本の通りが星(étoile)だということから、この広場は「星の広場(エトワール広場/ la place de l'Etoile)」と呼ばれたことからこの凱旋門はエトワール凱旋門(Arc de triomphe de l'Etoile)と呼ばれているそうです。

150425凱旋門7

ただ、この景色を見る為には自力で高さ50mの凱旋門の階段を上る必要があります・・・。

150425凱旋門8

で、先ほどの中の空いた四角い建造物ですが・・・。実はこれこそが新凱旋門(グランダッシュ)です。

<新凱旋門(グランダルシュ)/ラ・デファンス(オー=ド=セーヌ県ピュトー)>

150425新凱旋門

ということで、またまたパリ地下鉄1号線の終着駅「ラ・デファンス=グランダルシュ(La Défense - Grande Arche)」を下車でやってきたのは新凱旋門。フランス語の正式名称は「 la Grande Arche de la Fraternité 」(友愛の大アーチ)ですが、「 Grande Arche (グランダルシュ)」と一般的に言われているそうです。

150425新凱旋門2

中が空いているということもあってすごく大きく感じます。Wikipediaによりますと、グランダルシュはカルーゼル凱旋門とエトワール凱旋門の2つの門が形成する直線(パリの歴史軸)の延長線に存在し、日本語では「パリの第3の凱旋門」、または「新凱旋門」とも呼ばれるそうです。実際には戦勝を記念して建てられたわけではないので厳密には凱旋門ではなく、フランス語の名称にも "triomphe" (戦勝)の文字は入っていませんが、設計者ヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセンと建築技師エリック・ライツェルは建造物が20世紀の「凱旋門」としてヒューマニズムの象徴となることを願って設計したということです。高さ110m!最初のカルーゼル凱旋門が19m、エトワール凱旋門が50m、そして新凱旋門が110mですので、およそ、2倍、2倍で大きくなっているということですね。^^

150425新凱旋門エリア2

イチオシ!周りには特徴的な芸術品も置いてあったりします。

150425新凱旋門エリア

古きよき街並みが残るパリ市内と比べこちらは郊外、近代的な建物がたくさん。このギャップもたまりませんね。

150425新凱旋門エリア6

辺りは丸や三角や四角がいっぱい・・・。

150425新凱旋門エリア3

4TEMPSは新凱旋門とつながるショッピングセンター。

150425新凱旋門エリア8

こちらに来れば、有名ショップ、ファーストフード店なども入ったりといろんな種類のお店でショッピングを楽しめます。

150425新凱旋門エリア7

楽しくなるようなお店もいっぱい。

150425新凱旋門エリア4

ユニクロも入っていました。

150425新凱旋門エリア5

大型マートのAuchan(オーシャン)。こちらで食品から雑貨のショッピングを楽しみました。

パリ&郊外の三大凱旋門を巡るって、移動も簡単だし、結構楽しめますよ。

<MAP>

150426凱旋門MAP

・中央目印がエトワール凱旋門。(メトロ1号線「George V」駅下車)
赤い▼がカルーゼル凱旋門。(メトロ1号線「Palais Royal - Musée du Louvre」駅下車)
青い▼が新凱旋門(メトロ1号線「La Défense - Grande Arche」駅下車)

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 世界の旅(フランス) | 08:00 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ホテル エリゼ レジェンシア (Hotel Elysees Regencia) パリの素敵なプチホテルで過ごすひととき

パリといえばプチホテル!大きなホテルもいいけど、こじんまりとしたプチホテルもなかなか素敵で気に入っています。そして街の中心部にぷらっと散歩がてらに出向くことができるロケーションのところにそんなホテルがいくつもあります。

以前、泊まっていたお気に入りのプチホテルもいいけど、今回、新たに泊まるのがホテル エリゼ レジェンシアHotel Elysees Regencia ) 。凱旋門やシャンゼリゼ通りからすぐの場所です。

プチホテルと言っても4つ星ホテル。6階建で41室のそれぞれがこだわりの部屋にスイート2室という構成。でも外壁は連続して続くヨーロッパらしいそこに何があるのかわからないような伝統の街並みにちゃんと溶け込んでいます。

今回パリの滞在先として選んだ、ホテル エリゼ レジェンシアHotel Elysees Regencia ) もなかなかよかったです。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<パリ・マルソー通り>

150424HOEL ELYSEES REGENCIA4

パリ・エトワール凱旋門から四方八方に伸びる道路のひとつマルソー通り沿いに、ホテル エリゼ レジェンシア ( Hotel Elysees Regencia ) があります。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA2

パリといえばプチホテルがいいんですよね~。^^

この建物がすべてホテルというわけでなく、建物の一区画がホテルです。たぶん、縞模様の日よけの部分がホテルかな。

<ホテル エリゼ レジェンシア / Hotel Elysees Regencia >

150424HOEL ELYSEES REGENCIA3

それではチェックインします。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA フロント

フロントも家族的な雰囲気。奥には椅子やソファーなどが置いてあります。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA ロビー

黒と赤を基調にしたデザインもなかなかいいですね。

<客室フロアー>

150424HOEL ELYSEES REGENCIA 階段

螺旋階段。(エレベーターもあります)

150424HOEL ELYSEES REGENCIA ドア

私の部屋は3階です。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA 配置

あの道路脇の建物からは想像も付かない部屋の配置図。右の壁側が大通りのマルソー通り>。今回の部屋は左の壁側
のジャン・ジロドー通りに面している3つの部屋のうち、一番上の部屋です。

<ダブルベッドルーム>

150424HOEL ELYSEES REGENCIA ダブルベッドルーム

どんな部屋かな~?!^ ^

150424HOEL ELYSEES REGENCIA ダブルベッドルーム1

部屋には薄型テレビに無料WiFi完備。パリのホテルも随分変わってしまった・・・。(いい意味で^^;)

150424HOEL ELYSEES REGENCIA ダブルベッドルーム2

落ち着きのある部屋。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA ダブルベッドルーム3

部屋の奥には・・・。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA バスルーム1

バスタブもありました。(ない部屋もあります)

150424HOEL ELYSEES REGENCIA バスルーム2

アメニティーはロクシタン。そういえば、以前宿泊した台北・西門町のホテルもロクシタンでしたね!

150424HOEL ELYSEES REGENCIA バスルーム3

これはバスルームに置いてあったわけではないですが、なんとロクシタンの靴磨きもありました。これにはびっくり。もちろん、お持ち帰り。^^;

150424HOEL ELYSEES REGENCIA 窓の景色

窓の外はジャン・ジロドー通り。道向かいにも素敵そうな4つ星プチホテル~。

<朝食はビュッフェスタイル>

150424HOEL ELYSEES REGENCIA 地下へ

朝食は地下にて提供されます。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA 朝食1

アーチ型の天井が印象的なレストランです。洞窟みたい!そういえば洞窟壁画といえばフランスのラスコー洞窟の牛の壁画。思わず、その画を思い出しました。^ ^;

150424HOEL ELYSEES REGENCIA 朝食3

パリのプチホテルは簡単なビュッフェスタイル。なぜか中華即席めん袋も置いてありました。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA 朝食2

ハムやチーズの種類が多いまさにヨーロッパ大陸のお食事。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA 朝食4

それではいただきます。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA 朝食5

食後のデザート。食べすぎ?!これでエネルギー補充OK~~~。

<スイートルームをのぞかせてもらいました!>

150424HOEL ELYSEES REGENCIA スペシャルルーム1

今回、2つあるというスイートルームのひとつをのぞかせていただきました。

150424HOEL ELYSEES REGENCIA スペシャルルーム2

部屋のど真ん中にバスルームのびっくり構造~~。さすがフランスのスイートルーム・・・。^^;

<アクセスもよかった>

150424HOEL ELYSEES REGENCIA1

凱旋門やシャンゼリゼ通り、地下鉄1号線駅へのアクセスもいいのでお出かけもラクラク。それでは2日目を楽しんできま~す。^^

150424HOEL ELYSEES REGENCIA

パリの街の宿泊はプチホテルがおススメです。個性的なホテルがたくさんありますので皆さんも素敵なホテルを探してみてくださいね!

*パリのホテルを探すなら こちら(agodaリンク) をどうぞ!

<MAP>

150424HOEL ELYSEES REGENCIA MAP

「ホテル エリゼ レジェンシア/ Hotel Elysees Regencia Raris 」
41 ave Marceau, 75016 Paris, France  TEL +33 1 56 62 18 18
・メトロ1号線「George V」駅などから。
・チェックOUT ~12:00
・カード Visa, Mastercard, Amex, JCB, Diners

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 世界の旅(フランス) | 08:00 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

モンマルトルの丘 パリのパノラマ夜景とルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」の舞踏場

食事の後に、高台からパリの夜景を見ようとやってきたのはモンマルトルの丘

19世紀中ごろにパリの街が整備され、味気なくなったと感じる芸術家たちが、家賃が安くて、農村風景の残る風景画のスケッチが可能なモンマルトルの丘に集まってきた時期があったとのことです。そしてその中にはゴッホやピカソ、ルノワールなどもいたそうです。

モンマルトル (Montmartre) はパリで一番高い丘で、今はサクレ・クール寺院、テルトル広場、キャバレー「ムーラン・ルージュ」、モンマルトル墓地などがあるパリの人気も観光地のひとつとなっています。

夜になって昼間の賑わいがウソのように静まり返ったモンマルトルの丘から見えるパリのパノラマ夜景もなかなかよかったです。また、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」の舞踏場もモンマルトルの丘での風景を忍ばせる所でもありました。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<モンマルトルの丘>

150423モンマルトルの丘

昼間、パリのポンビドゥーセンターからみえるモンマルトルの丘。パリで一番の高台だそうです。(*写真はWikipediaより)

150423モンマルトルの丘夜

夜になってモンマルトルの丘にやってきました。昼間の賑わいがウソのようです。ライトアップされた、サクレ・クール寺院もなかなか素敵ですね。

150423モンマルトルの丘夜3

そして、寺院の前に広がるのはパリの夜景・・・。この位置からだとパリの高層ビルトゥール・モンパルナス(210m59階/左)にエッフェル塔(324m/右)も木の陰に見えますね。

150423モンマルトルの丘夜4

眼下に広がるこんなパリの夜景を見ることが出来ます。*高いビルはトゥール・モンパルナス。

<ルノワール作 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」の舞踏場>

150423モンマルトルの丘夜2

そしてこのモンマルトルの丘で地元で生活する人から教えていただいたのが近くのこの場所!この場所があの有名なルノワールの 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」の画の場所辺りだというのです。

150416オルセー美術館13

おお!そういわれれば、絵と景色がかぶって見えます~!とても幸せな気分。

当時のこの場所はカフェ 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」があってそこには画家たちもよく集まってひと時を過ごしたとか。当時のこんな風景をかぶせてみるのも楽しめるひと時でした・・・。^ ^

<MAP>

150423モンマルトルの丘MAP

「モンマルトルの丘/ Montmartre」
・メトロ2号線「Anvers」駅下車。細い道を上っていくとケーブルあり。ケーブル利用が便利。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 世界の旅(フランス) | 06:00 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| もっと見る | 前の記事 >>