ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

| もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

韓国式?あなたはどちら?!ミョルチ(小魚)の食べ方!

韓国の会社の社員たちと一緒にこの日は夕食をいただきました。

2次会のホプチプ(ビール屋さん)で出てきたおつまみのミョルチ(カタクチイワシ)を食べていると・・・。


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ミョルチ(カタクチイワシ)の干物>

120911ミョルチ1

なんと、隣の韓女が、カタクチイワシの「頭」をとっては元の皿に返していました。え?頭食べないの?と思いながら観察していると・・・。


120911ミョルチ2

さらに背中から二つに割って、中の黒い部分を捨てていました。


120911ミョルチ3

聞けば、苦い部分を食べたくないのでこうやって食べる韓国人が多いと聞きました。私もやってみましたが、それなりにおいしいのですが、なんとなく違和感がありました。今までこんな風に食べていた韓国人を見た記憶がないような気もしますが、結構いると言われればいるのでしょう・・・。

私は丸ごと頭から食べていたけど、日本でもこうやって食べる人がいるのかな?!皆さんはどうやって食べますか?!


<おまけ * 初マツタケ>

120902マツタケ

8月末に江南の正統日式のお店でいただきました!まずは気分からということで香りもお味もいいですね!


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

      ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国の農畜水産品 | 07:30 | コメント:24 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

駅で見かけたとてもきれいな女性のボディラインの・・・。「大韓民国1000年の神秘」

駅で見かけて魅了されました。

男性の体のたくましいものは知ってはいましたが、女性の体の柔らかな曲線美のものもあったとは・・・。

土に埋もれていた中からこんなきれいなものが見つかれば発見者はうれしくって仕方がないでしょうね!きれいなものやたくましいものを見つけたら報告するようにと指示されているのでしょうか。

今日はそんな大韓民国1000年の神秘のもの(?)をご紹介します。



ランキングぽちっとお願いしま~す!



<地下鉄駅で見かけました!>


120210駅に立つ

右に立つ女性ではなくって・・・。



<すごくきれいなボディライン!>


120210きれいなボディライン

その横の広告です。

へ~~~、こんな高麗人参もあるんですね~~。すごくふくよかできれいな女性のボディラインの高麗人参です。



<今まで見てきたのはこんなのばかり!>




たくましい男性型。




シニア夫婦。



<高麗人参とは?!>


120210ニンジン広告

高麗人参とは?この広告によりますと

1000年を受け継ぐ大韓民国神秘の霊薬「高麗人参」
うちの家族の健康を守ります。
ストレスいっぱいのうちのお父さんの健康も、家事に疲れたおうちの母さんの健康も、一日中忙しいうちの子供の健康も世界最高の大韓民国「高麗人参」が守ります。

「人参宗主国 大韓民国 人参!優秀なサポニン!卓越した薬理成分!」
by 大韓民国農林水産食品部、(社)韓国人参生産者協議会

とのことで~す。


それにしてもたくさん作っているといろんな形のものが生まれて来るんですね。まさに大韓民国1000年の霊薬ですね!



<こんなドリンクも売っています~!>


120210ドリンク

韓国といえばまさに人参大国!街中の人参のお店にはこんなドリンクも売っています~!会社の人たちが事務所でくれたものばかりなんですが、真ん中のものは本物の人参入りです。韓国の人は食べながら飲んでました!

お疲れの方は一度試してみてはいかがでしょうか?



ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ランキング応援のお願い>


今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっと.jpg

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国の農畜水産品 | 07:04 | コメント:22 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

これが人気の「サムギョプサル」の元(もと)!


韓国に来れば牛肉もいいけど、サムギョプサルやオギョプサルの焼肉が食べたい~~~、って方が多いですよね!

豚肉などの肉の部位で、アバラ骨の周囲の肉を指す。赤身と脂身が交互に3層になっているので三枚肉(サムギョプサル)とも呼ばれる。肉質は柔らかく、脂肪分が多く、脂肪以外の赤身肉だけをとればやや堅い。コクと旨味がある。(Wikipediaより、一部抜粋修正)

オギョプサルはそれに皮とカルビの部分が加わって5層になったものと聞いています!

サムギョプサルのお肉はこうやって流通して、人気店の鉄板(?)や網の上に登場です!


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<こんなふうに流通していたのですね!>


サムギョプサル.jpg

何Kgくらいあるんでしょうか。あばら辺りのお肉が真空パックに入って塊でありました。

少し、脂が多いときがあったり、赤みが多いときもあったりしますが、これをカットしていくとするならばそれも納得!


三枚肉.jpg

豚さんに感謝しなければいけませんよね。


ラベル.jpg

こちらのお肉は国産のお肉でした!韓国では人気の済州島のものや輸入品までいろんなサムギョプサル(オギョプサル)が流通しています!


ランキングぽちっとお願いしま~す!


ぽちっと!ランキング応援のお願い>


今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっと.jpg

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!^^

| 韓国の農畜水産品 | 10:38 | コメント:20 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「モムチャン」に「夫婦」! テハンミングク高麗ニンジンの究極のカタチ!?

店先のポスターを見るたびに、いつも感心します。

絶対に意味ありげな形のものを探してきてるし、よくもこんな風な形のものも出てくるものだと思います。

こんな形のものを見れば、効きそう!と思う反面、怖さもあります。

今朝は季節の変わり目で、喉をやられてしまいました。喉にシュッとやるヨード液(^^;)が切れてしまったので、今日は色がよく似ている高麗人参(もらった)の抽出液を飲んで体調を整えるつもりです。


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<韓国人参公社店頭>


ポスター.jpg

近所の韓国人参公社の店頭です!4月25日までキャンペーン実施中のようです。


微妙.jpg

ポスター拡大。よーく見ると、左と右の人参に差がついていますね。^^;


<韓国高麗紅参公社>

韓国人参公社.jpg

こちらは以前いただいた韓国高麗紅参公社の手提げ袋からの写真。胸のつきがいまいちですが、足(ふとももの部分です、って。^^;)はモムチャンのいいカラダしてますね!


<6年級抽出液>

紅参.jpg

韓国人参公社の紅参6年級「ホンサムウォン」。今朝飲んだら喉がラクになりました!
(ちょっと、びっくり!今だけかな?!)


<家の中の冷蔵庫の普通のニンジン>

あれ~!.jpg

韓国では赤大根です!

買ってきてそのままで気になって冷蔵庫を見れば、葉は生えるわ、根は出るわで…。(大汗)
一体、どのくらい入れっぱなしおきっぱなしだったのか。^^;

こちらは6年持つどころか、ちょっとの間にハラポジになってしまったようです。


韓国にいると、ことあるごとに人参製品をもらいます。思わず、その形にまでこだわってしまうくらい人参は韓国の方々にとても愛されているようです。


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

      ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国の農畜水産品 | 23:44 | コメント:26 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

韓国の田植えは踊って!植えて!「コシヒカリ」 !

韓国のお米は日本人の口に合うといわれていますが、実際に日本の改良品種や、韓国内での改良品種での作付けが行われているようです。

その一方で、韓国でもごたぶんにもれず、日本産コシヒカリが人気があるようです。人気が絶大なのか、以前の報道では韓国で販売されていた高級商品を調査した結果、85%が韓国米が混合、15%がまったく入っていないということもあったようです。

そんななか、韓国でもいよいよ田植えが始まりました。作付け種は、なんと「コシヒカリ」品種だそうです。韓国でも作付けされているんですね!

ライセンス料を当然払っているんじゃないかと思うのですが、韓国産のおいしいコシヒカリが今年も秋には食べられそうです。^^

それにしても日本のもののクオリティのよさは工業分野だけでなく農業分野、サービス分野などあらゆる分野においてもすばらしいことを改めて実感しました。



ランキングぽちっとお願いしま~す!


2011.4.14 SBS-TV報道から

「活気にあふれる野辺…順天(スンチョン)・ 長興(チャンフン)今年最初の田植え」


出だし.jpg

今年に入っての初めての田植えが(全羅南道の)順天と長興で始まりました。
寒い気候のため、例年より十日ほど遅くなりましたが、野辺は活気でいっぱいになりました。 KBC シン・ゴンホ記者です。

機械植え.jpg

<記者>
順川市ヘリュウミョンの野辺に今年に入って初めての田植えをするコンバインの音が騒々しいです。ヘリュウミョン ソノリのホ・マンジェさんの水田3千平方メートルでご飯の味が良い早生種「コシヒカリ」品種を植えています。

脇で踊っているし!.jpg

これらの稲は来る8月28日から収獲に入って9月12日の秋夕を控えて全国に販売される予定です。

長興郡でも新米栽培団地 20ヘクタールの中 0.3ヘクタールに早生種のもち米を植えました。順天と長興郡は新米出荷を繰り上げるために今月末まで早生種の田植を終えるという計画です。

インタビュー.jpg

「他の人達よりちょっと先に植えるので気持ちが本当に良いです。
そして今年も農業がよくできて豊作になったらと思います。」
<ホ・マンジェ/全南 順川市ヘリュウミョン>

一大イベント!.jpg

順天と長興の今年の田植は寒い気候で例年に比べて10日前後遅れています。
しかし稲を早期に栽培することで台風と病虫害被害を減らして全国の新米市場を先行獲得するという計画です。

手でも植えます!.jpg

全羅南道は全体稲栽培面積の 10%を早期栽培して秋夕以前に早生種の米を 8万余トンを生産し、消費者にお届けするという計画です。

KBC シンゴンホでした。


韓国の農家は景気付けに、踊りまで踊らせて気合を入れて田植を始めました!日本の農家の方もこんな状況で風評被害がつらいところですが、負けずにおいしいお米を作ってくださいね!


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

     ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国の農畜水産品 | 09:09 | コメント:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

天狗様もびっくり!日系移民2世 VS ハングキン <赤鼻対決!>

<状況速報>
●本日(11/23)北朝鮮が仁川の延坪島の陸上と付近の海域に海岸砲50発以上を発射したことに対して日本でも各種報道がなされていますが、16:53時点でソウルでは一般市民を対象とした特別なものは何もでていません。(ちゅーか、何事もなかったかのように普通に皆仕事を続けている状態です。^^;)
*以上、報告でした。


赤鼻対決と言っても「トナカイ」さんの話ではありません。^^;

ケン大崎氏は、1921年日系移民2世として米国LA郊外に生まれました。

23歳の時、アメリカへの忠誠を証する為日系人米国陸軍部隊“442部隊”に志願します。 日米開戦勃発前後における日系米国人の立場は厳しいものでした。アメリカ生まれなのにアメリカ人扱いされず。しかし、天性の負けん気とプライドは送られた欧州戦線でしっかりと証明され、442部隊は米国陸軍史上最も勇敢な部隊のひとつとして今なお語り継がれています。 

戦地で負傷しながらも帰国したケン氏は、父の豆腐屋を継ぎながら漬物販売、また天狗という会社を興し冷凍食品加工など新事業も展開しました。アイデアとチャレンジ精神は尽きることなく、遂に日本人が美味しく食べれるビーフステーキジャーキーを創り出します。彼のビーフステーキジャーキーへのこだわりは、しょうゆ味、そして何といっても良質のステーキ用肉を使う事でした。彼の味覚と材料への徹底したこだわりが功を奏して、テングビーフジャーキーはリトル東京を始めとする日系人社会でたちまち評判となります。すぐに日本人旅行者向けの格好のお土産となり、評判が評判を呼ぶ事となりました。そして、1983年には日本への本格的な輸出が始まるのです。

以来、ビーフジャーキーと言えば「テング」であり、「テング」と言えばビーフジャーキーとして日本国内で圧倒的な人気を誇っています。(日本輸入商社鈴商のサイトより)


しかし、こんな涙ぐましい努力の末に生まれたテングブランドもハングキンの手にかかればこんな風にライバルがいとも簡単にできてしまうのです…。^^;



SJ.jpg


レギュラー.jpg

テングのビーフジャーキーって本当においしいですよね。しかし、狂牛病の問題もあり、米国からの牛肉及び加工品の輸入が禁止されているので、現在はアルゼンチン産の牛肉をアルゼンチンの工場にて加工した「テングビーフジャーキー」が日本に輸入されているそうです。(それで今でも日本で見かけるのですね。)


マーク.jpg

日系移民2世の作品。「テング」様です。


ハングク.jpg

ハングキン(韓国人)の作品。

これは、偶然似てしまったと言うにはあまりにも…。ひょっとしたら双子かも。さらにお名前はと言いますと「コジュブ」と言いまして、辞書によれば「鼻の大きい人」の意味だそうです。はあ…。


コジュブ.jpg

ここまでくればなんていいのかわかりません。それでも堂々、韓国内ビーフジャーキー第1位*だそうです。彼らが米国(美国)や日本でテングの製品を見れば、コジュブのコピーがあると思うに違いありません?!もちろん、豪州産お肉の韓国内加工です。^^ *注:メーカーサイトによる。


買いました!.jpg

私も「コジュブ」のプレミアムバージョンを買って味わってみました。当然テングのおいしさにはかないません。こだわりが違いますものね。

ちなみに韓国の製品に商標登録済み(これはいいとして)、意匠登録済みと書いてありました。と、言うことはこの国にテング様が来れば訴えられるかも知れない可能性もあるってことですね…。


<ランキング応援クイズ^^;>


NAVER.jpg

韓国人の方は検索をするときはほとんどの方は「NAVER(ネイボ)」を利用します。せっかくなので私もさっそくNAVERで「テング」を検索してみました。

その結果、一番冒頭に現れる「知識百科」の項目で2件検索されました。以下に実際に検索されたもの2つとそうでないもの1つを載せました。今日のクイズはこの中から「検索されなかったもの1つ」をズバリ探して当ててみてください。<難易度★☆です。^^;> 

「正解」は「韓国情報ランキング」にリンクするとともに応援になります。はずれは「Visit Seoul」の関連記事にリンクです。今日も正解してランキング応援をお願いしま~す!


回答1.jpg回答2.jpg回答3.jpg
お願いします!.jpg

| 韓国の農畜水産品 | 07:53 | コメント:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

韓国ダイコン と おでん

みなさんの中には、韓国で韓国風おでんを食べたことがある方も多のではないかと思います。うれしいのは日本のコンビニで人気No.1のおでんの具である「大根」が韓国のおでん屋さんではタダ!ってところが多いというところではないでしょうか?!

この前、会社の帰りに急に家で大根のおでんが食べたくなって、マートに立ち寄って、韓国の大根におでんの具のセットを買い、さっそく作ってみました。

自分で言うのもなんですが、まあまあの味でした。

しかし、少し残念なのは韓国の大根は日本のものと違ってかなり筋っぽくて、おでんとの相性に多少問題ありってところでした。おでん作りに関して言うならやっぱり日本の大根が最高!カナ、というのが正直な感想です。^^;


09 ソウル情報局 Copyright (C) 2009 seoulmiki.jpg09 ソウル情報局 Copyright (C) 2009 seoulmiki.jpg09 ソウル情報局 Copyright (C) 2009 seoulmiki.jpg

ジェジュダイコン.jpg

ソウル駅のロッテマートで買ったジェジュ大根です。ジェジュでなくても韓国で売っているダイコンはこんな感じのものが多いです。

おでんのもと.jpg

それにこのおでんの具をかいました。とりあえず、韓国おでんの具のフルセットです。厚揚げがあるといいのですが、残念です。

あまりおいしそうでない・・・。.jpg

あまりおいしそうではないですが、一応おでんが完成です。この写真のおでんスープの素には、日本で買って帰ったハウス食品の粉末のものを使いました。大根がべとついた感じで筋っぽくっていまいちです。実は後で気が付いたのですが、上のおでんの具には、粉末おでんスープの素が付いていました。はっきり言って、まずいだろうと思って試したのですが、ハウスのものよりイケていました。結構、あっさりしておいしかったです。

<オマケ>

スナックオイ.jpg

こちらは以前、龍山のE-martで買った、キュウリパックです。でも普通と違っていたのは…。

小さい!.jpg

スネックォイ(スナックキュウリ)という超小型キュウリです。日本のミニキュウリより小さい気がします。小指サイズで、まさにスナック感覚でした!皆さんも韓国にこられたときには、これとマヨネーズを買ってホテルの部屋での酒盛りのお供にどうですか?!


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ ← クリックをお願いします。いつも本当に感謝しています。^^

| 韓国の農畜水産品 | 10:29 | コメント:24 | trackbacks:0 | TOP↑

| もっと見る | 前の記事 >>