ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

| もっと見る |

>> EDIT

「白磁の人」 韓国人と日本人は心から相容れられるのか?!

「あなたは何もわかっていない!」 「あなた一人だけが朝鮮を理解して、あなた一人だけが朝鮮人の味方だとでも思っているのですか?」 「皆、あなたに笑顔を向けました。あなたが日本人だからです。日本人にはとりあえず笑顔を向けるんです。何をされるかわからないからです。」 

日本での上映から1ヶ月。韓国でも「道-白磁の人-」(韓国題:「백자의 사람-조선의 흙이 되다-/「白磁の人」-朝鮮の土になる- )が上映開始になりました。

この映画は今から100年ほど前の、日本統治下の朝鮮半島で朝鮮の木や山を愛し、白磁を愛し、そして朝鮮の人々を愛した、実在の人物「浅川巧(あさかわたくみ)」の史実をもとにした主人公浅倉巧と韓国人李青林(イ・チョンリム)との心からの友情の物語です。

現在、新しい関係を築きつつある日韓両国では、国際結婚、会社、学校などや、お互いの文化交流などがどんどん増えています。その一方で、まだいろんな問題が残っていて、人間関係においてもどことなくぎこちなさがまだ残っているような部分を多く感じます。お互いに賞賛、ぶつかり合いを繰り返しながら、ゆっくりとですが、この映画の主人公たちのようにお互いに心から相容れられるような関係の人たちがたくさん増えるのかも知れません。そういえば100年前と今、10年前と今、5年前と今、日韓の関係は相当違いますね!


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<韓国人に守られる日本人のお墓があった!>


120715墓誌

ソウル北東部の街、中浪区忘憂洞(중랑구 망우동/チュンナング マンウドン)に韓国人に守られている日本人の唯一の墓があって、それが今回の映画の主人公のモデル浅川巧のお墓だそうです。(写真は墓誌)


<「白磁の人」日本向け予告>



日本向けに製作された予告編。


<ロッテシネマ建大入口>

120715アルテ

今回は韓国観光公社の方々や在韓日本人の方々と地下鉄2号線「建大入口」駅前にあるロッテシネマ建大入口の中にある芸術映画専用館「Arte」に出向きました。「Arte」は収容が41人の小規模上映館です。


<映画「白磁の人」>

120715映画

この映画は原作が江宮隆之の「白磁の人」(河出文庫)で監督が高橋伴明 (たかはしばんめい)ですが、登場人物や音楽、撮影などの韓国人スタッフと一緒になって作り上げられた日韓共同制作作品です。

1914年、浅川巧は故郷の山梨から、兄と母が住む日本統治下の京城(ソウル)にやって来た。巧はそこで見た「白磁」に、強く心を惹かれる。巧の仕事先は林業試験所で、伐採で山肌が見えるようになった朝鮮の山々を緑に戻す事が使命だった。共に働く朝鮮人の職員チョンリムから朝鮮語を習い始め、朝鮮人に溶け込もうとする巧。2人の友情は深まっていくが、政府が独立運動を弾圧する事件が起きる・・・。


120715映画2

浅川は「自然法に帰せ、それより道はない」という信念に基づき、多くの山林を緑化復元して自然との共生を目指す。何よりも地に根差した活動をし、現地の人々を理解しようとし、私欲を捨て、貧しい子供達に少ない私財を費やす。激動の時代に自らの信念を貫き通そうとする浅川の姿に、多くの人が感銘を受けた。1931年に40歳という若さで生涯を閉じた浅川巧の人生を綴る。 2012.6.9 日本公開 2012.7.12 韓国公開 *あらすじはgoo映画から転載・修正。

<監督> 高橋伴明 <脚本> 林民夫 <原作> 江宮隆之
<キャスト> 吉沢悠、ペ・スビン、酒井若菜、黒川智花、近野成美、手塚理美、チョン・ダヌ、チョン・スジ他

まだ、日本でも公開中のところもありますので機会がありましたらどうぞ!


<日韓カップルの結婚式!>

120715日韓カップル

昨晩はソウルで行われた日韓カップルの祝福に結婚式に出かけてきました。こんな人たちもお互いに相容れた人々なのだと思います。苦労は尽きないと思いますが、末永くお幸せに!


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ランキング応援のお願い>

連日、熱心に更新しています。ぜひ応援してください!^^
今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっと.jpg

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国映画&ドラマ鑑賞 | 09:30 | コメント:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

時代劇版「101回目のプロポーズ/博多座」と韓国版「101回目のプロポーズ」

この日1月24日は韓国はソルラル休みの最終日なのですが訳あって福岡に出張でした。

そんな中、福岡の地下鉄の広告で見て気になったのが、博多座で3月から上演の時代劇版『 101回目のプロポーズ 』です。

そういえば、日本でも大人気だったけど、韓国でも映画やドラマが製作されていたっけ。さらに中韓合作のチェ・ジウ版も作られたんですよね!

時代劇「101回目のプロポーズ」気になります。韓国からついでがあれば見に行きたいな~~。韓国版もいまさらながらこれまた、気になります!



ランキングぽちっとお願いしま~す!



<ソルラル休み返上で福岡へ!>


20120124.jpg

やたら祝日が多い日本と違って、週休2日制の導入によって祝日が減らされた韓国暮らしには、今回のソルラルの4連休は楽しみの一つでしたが、日本が平日ということもあって打ち合わせのために朝早くから福岡へ移動。福岡は半日の滞在です。


20120124福岡空港

福岡空港は街の中にありますのでアクセスが最高で好きな空港です。今回はアシアナで訪れたのですが、街の真上で急旋回するものですから、目に前のビルにぶつかりそう~~~!ヒヤヒヤ手に汗握りました!ジェットコースターのようで迫力満点でした!


20120124GATE.jpg

ただ、国際線は国内線の反対側にビルがあって地下鉄に乗るために国内線に移動するのですがいったん空港の外に出てまた入るというルートでのバスで移動になります。なので国内線構内に入るときは保安上の問題からこうやって道路のゲートを開け閉めしてバスが移動するのです。それにしても結構移動に時間がかかります。^^;



時代劇版「101回目のプロポーズ」




福岡の地下鉄を使って移動中に発見したポスター!武田 鉄矢と浅野 温子が昔のままの主演で、面白そうです。

2012年3月2日(金)~28日(水)博多座(福岡市博多区)
出演:武田 鉄矢 / 浅野 温子 /相島 一之 /篠田 光亮/北川 弘美 / 山崎 銀之丞 / 江波 杏子
A席/13,000円 特B席/10,000円 B席/7,000円 C席/4,000円

C席ってすごく安いけど(比較して)後ろの端なのかな?!



韓国版「101回目のプロポーズ」


20120125101回目のプロポーズ韓国版

韓国でも101回目のプロポーズは人気!映画版、ドラマ版、チェ・ジウ版などリメイク版があったそうです!話には聞いていましたが、こちらも見てみたいです!



<時代劇版「101回目のプロポーズ」、気になる方はこちら!>


時代劇版「101回目のプロポーズ」チケット情報 博多座(リンク)

博多座のすぐ脇にはこんなお店も!
韓国人も思わず「のび太食い」!韓国人と福岡出張!<博多吉一(はかたよしいち)>(リンク)



ランキングぽちっとお願いしま~す!



<ランキング応援のお願い>


今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!


ぽちっと.jpg

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国映画&ドラマ鑑賞 | 06:31 | コメント:16 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

映画「ダンシングクイーン」舞台挨拶で『握手』してもらいました!大ファンレポート<オム・ジョンファ主演>

この日1月21日は、日本からお越しのyokotanさんが映画の舞台挨拶を見に行かれるということで、ちゃっかり便乗させていただきました。

どうも韓国の舞台挨拶というのは映画が公開されたあとに行われる行事で、映画館のサイトから事前に情報提供などあるようです。

この日見る映画はオム・ジョンファファン・ジョンミン出演の韓国最新映画「ダンシング・クイーン(댄싱퀸)」です。

さっそく、往十里(ワンシムニ/왕십리)にある大型ショッピングセンターBITPLEX(ビトゥプレクス/비트플렉스)のCGVに夜18:10から上映の映画&舞台挨拶を見るために出かけてきました!



ランキングぽちっとお願いしま~す!



<舞台挨拶があっても普通の料金!>


デンシンクィン20120121

yokotanさんとカカオで前日にやりとり。yokotanさんが大ファンオム・ジョンファさんの主演の「ダンシング・クイーン(댄싱퀸)」の映画と舞台挨拶に行くとのことだったのでご一緒させていただくことにしました。

私「料金はどのくらいですか?」
yo「普通の映画の料金9000ウォンです。(約620円/1円=14.5ウォンのとき)」
私「高くないじゃないですか?!でも普通はそうですよね・・・。」

実は昨年、チャングンソクの映画の舞台挨拶のチケットを入手できる機会があったのですが、日本人対象のイベントの会社さんからは1万円(日本人向け)と聞いていたのでびっくり!なるほど、席を買い占めてプレミアム料金で再販売していたのですね・・・。

値段を聞いて安心。続けて席はどこですか?とメッセージを送って教えてもらうなりすぐさまインターネットで予約。CGVをはじめとしたCJグループメンバーの会員登録をしてあったのでスムーズでした。さらになんと運よくyokotanさんの隣の席をGETできました!



<ソルラル休みとあって映画館は人でいっぱい!>


CGV20120121.jpg

往十里(ワンシムニ/왕십리)駅にある大型ショッピングセンターBITPLEX(ビトゥプレクス/비트플렉스)5階のCGVです。

映画館に来れば韓国の人は映画好きだといつも感じます。皆さん、映画をとてもよく見られています。この料金体系にもよるんでしょうね。日本は本当に高すぎですね・・・。



<最前列に陣取ります!>


チケット20120122

PC予約の後、プリントしたチケット。A-15席は最前列です。聞けば舞台挨拶があるときに陣取る場所のポイントは映画館によっていくつかあるようです。一般的に映画に舞台挨拶があると知って来る人は半分くらいじゃないかと聞きました。また、挨拶は上映後にあるとのことで皆帰りませんか?と聞けば、終わったらすぐに場内にお知らせされますので大丈夫ですよ、とのこと。

さらに舞台挨拶は公開初日に行われることは少なくて、映画の反響を見ながら数日後に行われることが多いと教わりました。いろいろ教えてもらって勉強になります。

実は、オム・ジョンファさんの大ファンのyokotanさんはこの時期を計算して韓国にお越しになっているとのことです。




<映画も終わりいよいよ・・・>


エンディング20120121

あっという間の2時間!感動のラストシーンのあとに、これから舞台挨拶があるとの発表。誰も席を立とうとしていませんでしたから多くの方々はご存知だったのですね。



<準備したお花を渡します!>


お花を渡す20120121

出演の方々が入場。さっそくyokotanさんが事前に準備したお花をオム・ジョンファさんに渡します。(すごい!)自分だったら、ドキドキしそう!


舞台20120121

今回は大きな映画館だったので舞台の上に皆さん立たれました。



<舞台挨拶>


舞台挨拶220120121

左から、ファン・ジョンミン(황정민)さん、ラミラン(라미란)さん、オム・ジョンファ(엄정화)さんです。


挨拶20120121

yokotanさんが渡した花を手に挨拶のオム・ジョンファさんです。



<韓国の俳優さんはこんなところがすばらしい!>


記念写真20120121

舞台挨拶後、駆け寄ったyokotanさんと。「アリガアト!」と日本語でご挨拶をいただきましたが、お二人は知り合いのようでした。(うらやましい!)せっかくなので、私も握手してもらいました。こんな私にまで親切にしていただいて感激~~~。小さくて柔らかい手でした。^^


しかし、気軽に俳優さんたちを間近で見ることができるなんて舞台挨拶を見るのが癖になりそうです。2012年の目標!キム・ハヌルと握手することに決めました。映画がでたら舞台挨拶に(正規料金で)絶対に行きたいです!


ということで、今日は韓国の映画館での舞台挨拶の様子をお伝えしました。皆さんも韓国にお越しの際はチャンスがあれば舞台挨拶付き映画鑑賞をなされてきてはいかがでしょうか。各映画館のサイトで告知されるようです。*サイトの場所がわかり次第、この記事にリンクを張っておきます。



<「ダンシング・クイーン(댄싱퀸)」作品紹介。ネタバレなし!>

-ハラハラ二重生活!見つかれば終わりだ!-
2012年1月18日公開「ダンシング・クイーン(댄싱퀸)」作品紹介!


シーンカット20120121

ソウル市長候補の妻がダンシングクイーン?!

不思議なめぐりあわせを経て、ソウルで普通(?)に暮らす弁護士の夫ジョンミンとダンスが大好きな妻ジョンファ。

“歌手になってみませんか?”

ふとしたことから、往年の新村(シンチョン)マドンナのジョンファの前に長い間見続けてきた夢にチャレンジする一世一代の機会が訪ねてくる。


オム・ジョンファ

しかし、そのときめきもしばらく「ソウル市長候補で出馬するようになった!」と夫からの爆弾宣言。

ソウル市長候補の婦人と派手なダンシングクイーンのリーダーの間で、夫も知らない危険千万、ダイナミックな二重生活が始まる?! (*作品紹介を翻訳加筆、写真はプレス用に配布されたものを使用しています。)


どことなくアメリカ映画っぽい楽しさに感動がありました。また、どこかで見たようなシーンも登場です。さらにオム・ジョンファがとても親しくしているというイ・ヒョリも特別出演で登場。彼女のコメントに注目です。残念ながら、日本語字幕での上映はありませんが、そのうち、字幕付きの放送やDVDのレンタルがあるかもしれません。機会があればどうぞ!



ランキングぽちっとお願いしま~す!



<ランキング応援のお願い>


今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!


ぽちっと.jpg

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国映画&ドラマ鑑賞 | 23:32 | コメント:20 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

とても楽しめた「ペースメーカー」!!最新韓国映画を日本語字幕付きで (ロッテシネマ)

映画を見終わった後って、なかなか自分の心をうまく表現できないものですよね。自分なりにいろんな思いがあったり、感想があったりと・・・。

ただ、言葉の理解が中途半端だと楽しみも半減。なにか不明な点が引っかかって、そんな思いさえできないかもしれません。同じ映画を見るなら奥深く見たいものです。その為には言葉を十分理解してみたいところですが、そんな機会を定期的に与えてくれているのが韓国の映画館「ロッテシネマ」。

今回は勉強不足でいきなり見に行くことになったのが2012年1月18日より一般公開開始の最新韓国映画の「페이스 메이커(ペース・メーカー)」。主演は、演技派俳優のキム・ミョンミンに、少女時代にどうかという提案を受けていたという韓国映画初出演の女優コ・アラです。

短い時間に、面白さを圧縮した内容。その展開や、きれいな映像にもひきつけられます。ユニークさの中にも暗い過去を持った主人公の人間関係、今、自分に何ができるか、何をやりたいのかを考え目標に立ち向かおうとする主人公たち。足が画面に大映しされると観客から悲鳴があがったり、ハラハラしたり、笑ったり、時にはドキドキしたりで、そのひと時ひと時を楽しませてくれました。韓国映画なかなか頑張っています!

それにしても毎度のことながら、選び抜かれた最新の話題作が公開とほぼ同時に、日本語で見ることができる 「ロッテシネマ」の日本語字幕上映は本当にすばらしい企画です。ソウルにお住まいの皆さん、ソウルにお越しの皆さんもフリー時間があるなら、ロッテシネマの日本語上映をチェックして最新の韓国映画をストレスなしに楽しんでみてはいかがでしょうか。



ランキングぽちっとお願いしま~す!



<ロッテシネマAVENUEL(アヴェニュエル)にて上映!>


ロッテシネマ20120119

2012年1月18日(水)~韓国の各映画館で公開開始です。私は1月19日(木)にロッテシネマAVENUEL(アヴェニュエル)明洞での日本語字幕の試写会に出かけてきました。

今回の試写会のチケットは韓国観光公社他のキャンペーンを通して日本人を中心に配布されました。私は今回も韓国観光公社の「在韓日本人ネットワーク」(FaceBookのリンク)を通しての鑑賞です。



<韓国期待の大型作品「페이스 메이커」(ペースメーカー)>


以下、映画案内より抜粋転載加筆。

ペースメーカー20120119

韓国№.1の演技派俳優キム・ミョンミンが 熱い演技への情熱で、"マラソン"に挑戦!

作品ごとに多様なキャラクターの変化で最高の演技を披露しているキム・ミョンミンが今回は"ペースメーカー"で、その一生を他の選手のための30kmまでの"ペースメーカー"の役割だけで走ってきたマラソンランナー"ジュマンホ"で登場します。

韓国を代表する国民俳優であり、韓国映画界の大黒柱アン・ソンギは、"ジュマンホ"をペースメーカーに起用する冷徹な国家代表チーム監督"パクソンイル'役で冷たいカリスマの中の深い内面を同時に演じています。

また、今年の一年、スクリーンとブラウン管を行き来して人気のジョ・フイボンは、"ジュマンホ"と一緒に幼い時にマラソンをしていた竹馬の友であり、"万"の挑戦を積極的に支持してくれる'ジョンス'役で映画のあちこちで登場し作品を盛り上げます。

紅一点のコ・アラは"ジュマンホ"とスポーツ選手としての共感と友情を積む陸上界の国民の妖精"ユジウォン役で韓国映画に初めてデビュー、今まで見せなかった新たな魅力を発見することができます。

*ポスター写真の左から、コ・アラ、キム・ミョンミン、アン・ソンギ



<映画「ペースメーカー」案内文より抜粋要約加筆 -ネタバレなし!->


Photo120110119.jpg

マラソンの金メダルを後ろで支える英雄「ペースメーカー」

オリンピックをはじめとした大きな世界大会を好成績で走り、世界の人々に認められたファン・ヨンジュ、イ・ボンジュなどの人気選手を輩出してきたマラソン。

だが人々はマラソンに隠された秘密をよく知らない。開始地点から30km、メダリストを率いて先頭で走り、受賞者へのスポットライトの影にいる彼らを私たちは「ペースメーカー」と呼ぶ。

ペースメーカーとは中距離以上の競走種目や水泳、自転車競技などのスポーツで有望株の選手の最高記録を出すために彼の競技の流れをサポートする選手です。


シーン220110119

今回の映画の主人公はマラソンランナーでありながら、自分ではなく他人のために走らなければならない「ペースメーカー」の選手が主人公。自分の心を押し殺しても対応しなければいけないペースメーカーという役割や、彼がやむなく選んだその役割をめぐっての人間関係、本人や彼をめぐって揺れ動く人々の心の動きなどを中心にドラマが展開していきます。

映画「ペースメーカー」は、一足早く、2012ロンドン オリンピックをその場に置き、英国現地ロケを行った超大型プロジェクトで韓国国内スポーツ映画史上最高のクォリティーを自負している作品です。そして、2012年1月、我々は「ペースメーカー」という新しい素材を取り入れたこの作品を通して胸が躍る感動を経験することができます。


シーン320110119

関心のある方、韓国映画大好きの皆さんは機会があれば、是非ご覧になられてください。^^

*写真はプレス用に配布されたものを使用しています。



<ソウルで日本語字幕でご覧になられたい方への情報>


★ペースメーカー日本語字幕上映は以下のスケジュールです。(1/19確認、現在発表分)

ロッテシネマAVENUEL(アヴェニュエル)明洞 *ロッテ百貨店本店横

1月20日(金) 12:05~
1月21日(土) 11:00~
1月23日(月) 11:00~

字幕付きとはいえ、メイン言語は韓国語ですので、一般の韓国の方も入場されます。ぎりぎりではチケットが買えないことがあります。早めに売り場でチケットを購入されることをおススメします。

上記以降の上映案内につきましてはこちらをご覧ください。ロッテシネマ(韓国語/リンク)  ソウル地区の上映は明洞以外の他のロッテシネマでの上映のこともあります。



<過去、ロッテシネマでこんな作品を日本語で楽しみました!>


1. 「7級公務員」(カン・ジファン、キム・ハヌル主演) 2009.5.23 
  韓国映画「7級公務員」笑えた理由!?(リンク) ・・・チケット購入のときの様子も書いています。


2. 「MY WAY」(チャン・ドンゴン、オダギリジョー(日本)主演)2011.12.26 
  日本向け試写会をソウルで!映画「MY WAY」ロッテシネマ(明洞)試写会(リンク)
・・・この翌日より、日本語版がロッテシネマAVENUEL(アヴェニュエル)明洞で一般公開されました。


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ランキング応援のお願い>


今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!


">ぽちっと.jpg

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国映画&ドラマ鑑賞 | 23:12 | コメント:10 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本向け試写会をソウルで!映画「MY WAY」ロッテシネマ(明洞)試写会


この日はロッテ百貨店本店脇の「ロッテシネマAVENUEL(アヴェニュエル)明洞」で映画「MY WAY」の試写会に行ってきました。

監督は「シュリ」、「ブラザーフッド」の姜帝圭(カン・ジェギュ)。出演は、チャン・ドンゴン、オダギリジョー(日本)、ファン・ビンビン(中国)他。日本の俳優さんも多数登場します。

今回の試写会の特徴は日本向けの映画の試写会が実施されたことです!言葉のやり取りが基本的には日本語で、韓国の俳優さんたちが慣れない日本語に挑戦です。

エグイのに慣れていない方には厳しいシーンも多く登場しますが、あっという間の2時間30分でした。最初はこれを見た韓国人は日本への憎悪が増すばかりだと思ってはいたのですが、次第に戦時中はところ変わればどこも同じだということ、韓国人も同じ状況に置かれれば戦争下の日本人と同じようになってしまう(それぞれの立場)ということも描かれています。

ファン・ビンビンの出演はあまり意味がないような気もしますし、日本人の描写の仕方が韓国の方から見た目にどうしてもなってしまうのは仕方がないところだと思います。また、皆が死んでも奇跡を繰り返しながら生き伸びる主人公達に、いったい・・・とも思ってしまいました。^^;

それでも映画と割り切れば楽しめます。迫力ある映像に、オダギリ・ジョーの性格の悪い日本人表現も見所です。日本向けタイトル『マイウェイ 12,000キロの真実』。日本での上映は2012年1月14日から全国で!お楽しみに。(韓国では公開中)


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ロッテシネマAVENUEL(アヴェニュエル)明洞>


LOTTE.jpg

ロッテシネマではソウル地区の映画館で韓国映画の日本語字幕付きの映画を時々上映しています。私も何度か見に行きました。内容がよく理解できて楽しいです。

*ロッテシネマの日本語字幕上映は常に明洞ということはありません。上映期間も限定的です。また、釜山でも日本語字幕が時々上映されたりします。事前にホームページなどでご確認ください。


列.jpg

19時の上映開始で18時からチケット配布です。先着順に席が選べるので、私も市庁の事務所からすぐなので18時05分にチケットを受け取りに行けば、すでに長い列が・・・。

今回の試写会のチケットは韓国観光公社ならびにソウル市観光公社などのキャンペーンを通して日本人を中心に配布されました。私は今回は韓国観光公社の「在韓日本人ネットワーク」(FaceBookのリンク)を通しての鑑賞です。



<姜帝圭(カン・ジェギュ)監督の舞台挨拶>


映画館.jpg

TV(?)用のビデオ収録もあり、インタビューを受けている人もいました。タイトルは日本語字幕試写会とありますが、字幕がわずかで、会話の多くが日本語です。

韓国人の為の韓国語字幕もなく、これは日本向けのフィルムと同じものでの試写会だとやがて気が付きました。^^;


舞台挨拶.jpg

右が姜帝圭(カン・ジェギュ)監督。中央司会、左通訳。

監督の舞台挨拶もあってうれしい限り。



<「MY WAY」はこんな作品>


★ネタバレなし/事前告知文のみ★


MYAY.jpg

韓国向けポスター。以下、日本の映画案内からです。

『マイウェイ 12,000キロの真実』とは?本作が作られるきっかけとなったのは、アメリカ国立公文書館に保管されていた1枚の写真。そこには、ノルマンディー上陸作戦直後にドイツ軍捕虜としてアメリカ軍に尋問される、ある東洋人の姿が写っていた。

日本、ソ連、ドイツの3ヵ国の軍服を着て戦い、アジアからノルマンディーまで横断したという彼の驚くべき話に衝撃を受けたカン・ジェギュ監督は、この実話に「2人の青年の絆の物語」という独自の脚色を加え、映画化を決意。

この壮大なるイマジネーションを映像化するために、アジアからヨーロッパまで、240日かけた大陸横断ロケが敢行され、韓国映画史上最高の25億円が投じられた。スタッフ・キャストは総勢7,000人を超え、最新のカメラ技術で今まで体験したことのない迫力の映像が完成した。

このリアルな戦闘シーンは、登場人物の感情もリアルに表現し、誰も想像出来ない、感動のラストを盛り上げる。


マイウエィ.jpg

日本向けポスター。

物語1928年日本占領下の朝鮮で日本人と朝鮮人の少年が出会った。境遇は全く違うが、走る事が好きな二人はマラソンでオリンピック出場を夢見た。

しかし、時代は国籍の違う彼らの友情を許さなかった。運命のいたずらにより、彼らは日本・ソ連・ドイツ3つの軍服を着て戦うことになる。

アジアからノルマンディーまで12,000キロにも及ぶ戦いの中、全てを失っても生きる道を選んだのは何故か?

そこには衝撃の事実と感動のドラマが隠されていた。



<戦争記念館 / 龍山区三角地駅>


戦争記念館.jpg

「戦争記念館 / チョンジェンキニョムグァン」

これは関係なし。^^;

今はこうやって平和な日々を送る日韓ですが、この作品は戦争の悲惨さを訴えます。



<マスコミ向け配布画像などから>


姜帝圭(カン・ジェギュ)監督.jpg

姜帝圭(カン・ジェギュ)監督。


登場人物.jpg

登場人物。左から、チャン・ドンゴン、オダギリジョー(この髪型なんとかならないのかな?!)、ファン・ビンビン。

中国美人女優ファン・ビンビンの役柄っていったい・・・。見てのお楽しみ。^^;


シーン.jpg

マラソンシーン。ここで何が起きるのか誰でもすぐにピンときます。^^;


重要人物.jpg

彼はかなり重要な登場人物・・・。


オダギリジョー.jpg

日本の誇りや自尊心の塊の憎さいっぱいの日本軍人役を演じる、オダギリジョー。


見所.jpg

迫力のシーンがいっぱい!


シーン!.jpg

チャン・ドンゴンの日本語も楽しみのひとつ。


ちなみに、私の映画を見終わっての感想ですが、あれこれ思うことがあって実に何とも言えない不思議な気持ちになりました。また、これを見た韓国の方の戦時中の日本人や韓国人に対する感想も気になったりしました。


皆さんも機会があれば是非、ご覧になってくださいね!


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ランキング応援のお願い>


今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

応援ボタン!.jpg

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます! 

| 韓国映画&ドラマ鑑賞 | 19:21 | コメント:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

韓国映画「7級公務員」笑えた理由!?<カン・ジファン、キム・ハヌル主演作品>

今日はカン・ジファン、キム・ハヌル主演の上演中の最新映画をめぐってのお話です。

私の場合、ソウルの映画館で映画を見る機会はあまりありません。理由はやはり韓国語の能力によるところが大きいです。もちろん雰囲気と多少の知っている言葉でわからないでもないですが、やはり心の底からは楽しめないからです。

この日5月23日(土)は朝から、「水原華城」を見に行く予定でしたが、朝方の雨で中止にすることにしました。退屈なので、インターネットを見ていると、何やら映画の情報が!

この情報をもとに明洞近くのアベニューエル明洞のロッテシネマに映画を見に行くことにしました。木洞に住んでいるときと違って龍山から明洞へはバスや電車ですぐですので、こんなことひとつとっても活動範囲が広がっていることを実感します。今回見に行ったのは、カン・ジファン、キム・ハヌルが主演の話題の最新韓国映画「7級公務員」です。

この映画はめずらしく意味もよくわかるし、とても楽しくて心から笑えました。さて、その理由とは? (^^;)

ランキングぽちっとお願いします~^^

ソウルグローバルセンター.jpg

この日はどこか近所の観光地情報を見ようと「ソウルグローバルセンター」のサイトを見ていました。ソウルグローバルセンターはソウルに住む外国人の生活サポートを目的にソウル市が母体となって運営されています。

案内.jpg

ふと目に入ったのが5月21日にUPされた「韓国映画の日本語字幕上映」という項目です。調べてみたら、私がファンの「キム・ハヌル」が主演の映画がロッテシネマで日本語字幕付きで上映されているとのこと。この映画は話題作ということもあり日本でDVDが発売されたらぜひ見てみたいと思っていた作品です!

明洞ロッテシネマ.jpg

これは見なきゃ、ということで、さっそく上映の1時間前に合わせて小公洞にあるアベニューエル明洞のロッテシネマに出かけることにしました。ロッテシネマはロッテ百貨店、ロッテヤングプラザの隣にあります。

正面外入り口には案内がありました!.jpg

何と入り口にはこんな横断幕もありました。実はこの作品は「韓国映画外国語字幕上映プロジェクト」ということでロッテシネマによって企画されたもののようです。この作品の日本語上映期間は4月21日~5月31日のようです。ビレッジセンターの案内開始は5月21日だったのがとても残念!

日本語字幕~!.jpg

少々並んで切符を購入したのですが、だんだん席が減っていきます(画面では上から3番目)。焦り^^;。一番いい場所にぽつんと1席空きがあり運よくゲットできました。韓国では食事同様一人で見に行く人は少ないせいもあって、こんな席があくんですね!でも私が購入した上映40分前にはすでに残席が10席程度。ぎりぎりセーフです。土日は早めの予約がいいようです。ちなみに日本人観光客の方も少々いましたが、この上映を見に来ていたのは大半が韓国人でした。上映時間の都合によるんでしょうね!

7級公務員です!.jpg

カン・ジファン、キム・ハヌルが主演の最新映画「7級公務員」。ラブコメディです。日本語字幕のおかげでストレスなく楽しめました。さらにこの映画、会話の中に日本語の会話も何ヶ所か出てきて韓国人よりよくわかる部分もありました。変な字幕もあったけど全然問題なし!次も続けて企画して欲しいです。
皆さんも機会があればこの最新作をご覧になってはいかがでしょうか?

期間:4月21日~5月31日 料金:W8000- 上映時間:約2時間
日本語字幕上映は毎日、以下の時間にて。
<明洞ロッテシネマ>16:00~、20:20~
<建大ロッテシネマ>20:00~
<釜山ロッテシネマ>20:20~

こんな映画の上映がたくさんあるといいのですがそんなわけにもいかないのが実際ですので、やはり韓国語をたくさん勉強して作品を選ばずいろんな映画を楽しみたいものですね!

ランキングぽちっとお願いします~^^

●≪7級公務員≫の簡単なストーリー
(映画会社発表のものを翻訳加工)

だますのが任務,隠すのが職業の「7級公務員」。彼女を疑いなさい!彼を疑いなさい!

旅行会社職員に偽装した経歴6年目の国家情報院要員 スジ(キム・ハヌル)。過去は明らかにしても正体だけは明らかにできない職業柄、彼氏のジェジュン(カン・ジファン)にさえ嘘をつくのが日常茶飯事。そんなある日一方的な別れをジェジュンから告げられることに。話しもなしに急にいなくなってしまったジェジュンに対する空しさと悲しみに苦しんだ彼女…。3年後、清掃婦に偽装して国際産業スパイを追っているときに偶然ジェジュンに再開!国際会計士になって現れたジェジュン。彼を見てスジの心は再び揺れる…。

長い恋人関係の間に繰り返される彼女の嘘に疲れたジェジュン。韓国を離れるという電話一本で別れを告げロシアに留学に出る。3年後国際会計士に身分を偽装した国家情報院海外パート所属要員になって戻ってきたジェジュン。失敗連発の新米だが、意欲だけは人一倍。ジェジュンは初めての任務でロシア組織を尾行している時に偶然にスジと出会う!
ホテルの清掃婦になっている彼女の姿にショックを受けるが、切ない心だけは変わらない…。

だますのが任務、隠すのが職業の彼らは『7級公務員』。 (ちなみに私がこの映画の中で水原華城をたっぷり見ることができたというのは皮肉な話。^^;) 

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国映画&ドラマ鑑賞 | 20:35 | コメント:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

宮崎アニメが人気!「ポニョ」DVDも路上発売中!

1月中まで上映していたようです。「崖の上のポニョ」。
韓国では宮崎アニメのファンが多くて、どんな映画が好きかと聞いて宮崎アニメの名前をいうとよく通じます。特に「トトロ」は好きな作品としてよくあげられます。駅などの路上販売DVDでも宮崎アニメはロングセラーのようです。「ポニョ」も上映中にすでに路上販売されていました。この前、韓国人から聞いた話では、路上DVDのポニョは映画館の画面を撮影したようなゆるい画面に字幕がついていたそうです^^;。

クリックをお願いします~。SS

韓国でも大人気です!.jpg

1月中旬ごろ。金浦空港CGVの宣伝ポスターです。

<ランキング応援のお願い>

ご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ランキング応援ぽちっとお願いします!

| 韓国映画&ドラマ鑑賞 | 09:34 | コメント:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| もっと見る |