ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

| もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

あっという間の楽しい一日! さよなら日本! 韓国に帰ります! 複雑な気持ち<ゆふいん~関釜フェリー>

別府の泥の温泉「明礬温泉(ミョウバンおんせん)」の余韻が取れないまま(?!)、これから向かうのは湯布院の街。

ずっと昔、オレンジカードで見たJR九州の「ゆふいんの森」号を見てからそのきれいで欧州調のデザインのとりこになり、そして湯布院という街があることを知りました。

せっかく来たので湯布院(由布院)を見てみたいとお願いしてコースに組み込んでもらっています。

大胆な計画の日帰り日本旅行もいよいよ大詰めです。

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<これが湯布院(由布院)を私に知らしめたJR九州「特急ゆふいんの森号」>

130526JRゆふいんの森号

博多駅から久留米駅、日田駅を通って由布院駅、大分駅、別府駅などに停車するJR九州の特急「ゆふいんの森号」です。こんな素敵な列車に乗って都会から山間の町の窓からの眺めを見ながらとことこと走るなんて最高ですよね。そしていつかはこの列車に湯布院の街を見てみたいと思っていました。(写真はJR九州の紹介写真からお借りしています。)*ゆふいんの森号についてはこちら(リンク)

<別府明礬温泉から山道を車を走らせます!>

130526移動!

とは言うものの時間に余裕があるわけでもなく、車でそそくさと山間の道を抜け、明礬温泉から湯布院の街に向かいます。かなり湯布院に近づいているのですが、湯布院は狭い盆地の中にあり、昔は落ち武者たちの隠れ里だったという説を唱える人もいるとか。またその地形などから陸上自衛隊の湯布院駐屯基地もあるそうです。

<ついに念願の湯布院に到着!>

130526由布院

車で30分程走ったでしょうか。湯布院の街についに到着。この日は休日ということもあり多くの人たちでにぎわっていました。何かで東の軽井沢、西の湯布院というくらいの人気のリゾートだとか書いてあるのを見た記憶があります。街の雰囲気は思った以上のなかなかいい感じです。後ろの山は由布岳です。

130526由布院3

あちこちで韓国語も多く聞かれました。韓国人たちにとってもここは知られているのですね。

<由布院駅に立ち寄ってみます!>

130526由布院1

ここが由布院駅(ゆふいん駅)。何か気が付きません?!そうなんです。この記事に湯布院と由布院が混在していますよね?!実は「ゆふいん」は湯布院と由布院の2種類の表記があるのです。町名とインターチェンジは「湯布院」ですが、駅名と温泉名は「由布院」だそうです。なんでそんなややこしいこととなっているのか調べたらどうも 1955年に由布院町と湯平村が合併した際に新しい行政区域が湯布院町として誕生した関係のようです。ちなみに最近、湯布院町は合併で近隣の町とともに「由布市」となったそうです。これまたややこしくなりそう・・・。

130526由布院2

由布院駅の構内は観光スポットということもあってか切符を持たなくても自由に出入りできるようです。また窓口では切符の他に足湯のチケットも売っているようなので、聞いてみたらホームの中に足湯があるというのです。

130526足湯

なので入って見てみたらなんと本当に足湯がありました。面白い!

<残念なこと!>

130526由布院4

ここまで来たらやっぱり見たいのは特急「ゆふいんの森号」ですよね。しかし、ゆふいんの森号が来るのは15:53分。あと約30分待たねばなりませんが、エグマンさんの話ではもう出発しないと道が混むとフェリーの乗船時間に間に合わなく可能性があるとの事。さすが、そればまずいですよね。

それに、ゆふいんの森号は日本に帰ってからの旅のお楽しみにとって置くのも悪くないです。今回は黄色い列車が見れただけでもうれしいです。

130526由布院5

後ろ髪を引かれる思いで由布院駅から移動します。次回もこの黄色い花が咲き誇る季節にここを訪れてのどかなホームに入ってくるゆふいんの森号の写真を撮りたいと思います。

<帰路につきます>

130526帰路

さ、これから再び下関港に向かいます。高速道路は大した渋滞もなく助かりました。おかげでかなり時間を取り戻せました。この併走するバスは韓国の団体さんが乗っていました!目的地は同じかな?!

130526関門海峡

夕陽の関門海峡。今日は充実した本当に長い一日でした。

<エグマンさんたちとはここでお別れ!>

130526下関港1

下関港国際ターミナルに到着です。帰りに時間の余裕があったので、夕陽の関門海峡の写真を撮ったりしていたので結局、ぎりぎりの到着で、乗船するのは最後の方になってしまいました。

130526下関港

ここで、昨夜から今日一日お世話になったエグマンさん夫婦ともお別れ。エグマンさん夫婦は今回の機会を利用して休暇をとり、お二人の実家のある下関に数日滞在なのです。

お茶目な二人です。また今度ソウルのアパートでね~!

<さよならニッポン!複雑な気持ちも!>

130526さよなら日本

さよなら~、下関港。下関タワーが最後のお見送り。18時30分を回り、空がだんだんと暗くなっていきます。

130526さよなら日本2

離れゆく船から見る、今日は何度も見た関門海峡に関門大橋・・・。以前だとそのまま韓国に帰るって感じが強かったのですが、駐在生活もちょうど約1ヶ月。これからは、韓国に帰る(戻る)って感じではなくなるんですよね。

ちょっと寂しい気がしています。

130526さよなら日本3

これからは韓国滞在というよりは、本当の韓国旅行になるのですね!1年に何回来ることになるかな~?!もともと出不精だからどうなることやら。でも、今までとはまた違った目で韓国やソウルのいろんなところを新しい目で見ることが出来るようになるかもね。

<船の中では?やっぱり!でも理解します!>

130526フェリー2

一方、フェリーの中では・・・。あ~~、いきなり辛ラーメン食べてる~~!!
帰りの船内は日本旅行を楽しんだ韓国人たちでいっぱい!それにしてもずいぶん辛いもの我慢したのでしょうね!韓国の方の晩御飯はいきなり辛ラーメンにおにぎり。きっとさぞかし美味しく感じたことでしょう。理解しますよ。^^

<そういう私のこの日の晩御飯!>

130526夕食

いったんエグマンさんの奥さんが駅で降りていなくなったと思ったら、実は私の為に美味しいお弁当を買ってきてくれました。たごさくは中国地方で人気のお弁当屋さんで、下関駅前の大丸百貨店までわざわざ行って買ってくれたばかりでなく、駅からターミナルまで続くブリッジを奥さんが走って持って来てくれたのです。

暖かい気持ちに食べるときに思わず目頭に熱いものが・・・。

130526夕食2

今日は盛りだくさんで、ちゃんとした昼食が取れなかったことや、船内は、韓国人たちも多いし、一人寂しく食堂で食事を取るのを心配してくれたのでしょう。エグマンさん、エグマンさんの奥さん、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼を申し上げます。

<いきなり韓国の放送が入る下関港付近!>

130526船内

行きは気が付かなかったのですが、船内備え付けのTV放送システムはすごい!チャンネルを回せばリアルタイムにひとつのTVで韓国のTV放送も日本のTV放送も見ることが出来ます。それも下関港ですでに韓国の放送も見れています。この区間を運行するフェリーならではですね。

<日帰り日本の旅、総括!>

130526MAP.jpg

今回の下関~明礬温泉・ゆふいん日帰り周遊コースです!
1.下関港で関釜フェリーはまゆうから下船 7:50 → レンタカーで出発 9:30~ → 関門海峡 9:45
2.「道の駅しんよしとみ遺跡前」で散策 11:20~
3.「明礬温泉」12:30~ → 「地獄蒸しプリンの岡本屋売店」14:00~ 
4.由布院の街 15:00~
5.再び関門海峡 17:30~ → 下関国際ターミナル 18:00

「今回の旅、本当にお疲れさまでした!」って、みなさん思っているでしょ?!ってなわけなく実はまだしつこく旅は続きます。次回はあの方も登場の予感?!どんな展開になっていくのか?!お楽しみに!

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(九州・下関) | 10:00 | コメント:18 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「明礬温泉」は泥んこ&混浴! 恐怖の地獄の後遺症?!

車を借りてエグマンさんの運転でこれから向かうのは・・・。

私:「どこの温泉に行きますか?」
エ:「泥の温泉に行きましょう!」

今回の旅は驚きの日帰り日本温泉旅行だったのです!朝早く日本について日本を満喫してその日の夜のフェリーで韓国に帰るという実に豪華な旅なのです?!

私:「いいですね!(勝手に指宿の砂風呂想像)」
エ:「でも泥の臭いが3日は取れんけん。(笑)」*エグマンさんは下関出身です。
私:「はは、大げさな。^^」

車は下関から関門橋を渡り、九州別府温泉方面に向かいます、って、韓国人旅行と同じパターン?しかし、我々の向かうのは泥の温泉!

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<最初の立ち寄り地は関門海峡と関門大橋>

130525関門海峡

せっかくだから橋のところにいったん車をつけますから写真撮影をどうぞ、ということでエグマンさんたちが気を使ってくださいました。

Wikipediaによりますと、約6000年前に本州と九州が分断され関門海峡が形成されたそうです。その後、いく度か歴史の舞台に登場し、1185年3月25日に壇ノ浦の戦いで安徳天皇が入水、平家一門が滅し、1612年5月13日には、宮本武蔵と佐々木小次郎による巌流島での決闘が行われたり、1863年7月16日長州藩が馬関海峡を通過するアメリカ商船に砲撃を開始、翌年5月の下関戦争の原因となったり、韓国関連では、1895年4月17日「日清戦争」の講和条約(下関条約)が海峡に面した割烹旅館「春帆楼」で調印され、朝鮮半島は中国の属国支配から解放されました。ちなみにこれを記念してできたのがソウルの「独立門」なのです。現在はわざと日本からの独立のシンボルのようにあえて勘違いさせている韓国っていったい・・・。

現在は日本の工業地帯と中国や韓国などとの往来に不可欠な航路のひとつとなっている一方で、海峡の狭さ、潮流の速さ・向き(潮の干満により1日4回潮流の向きが変わる)、通航量の多さ、航路の複雑さから、海峡を通過する船舶は水先案内人の同乗が義務づけられている。この写真の橋の向う側に潮の流れが変わっているのがわかることと思います。

関門橋は、本州の下関市壇之浦と九州の北九州市門司区門司を結ぶ、1973年に開通した橋長1068mの陸路の大動脈です。

<車は福岡県から大分県に抜けようとしています。>

130525道の駅

車は国道10号線を南下。途中、県境の道の駅でひと休み。

130525道の駅1

ここは、福岡と大分の県境にある「道の駅しんよしとみ遺跡前」。国指定の「大ノ瀬官衙遺跡」にくっついているという、変わった道の駅です。

130525遺跡

遺跡は「大ノ瀬官衙遺跡」と呼ばれていて、案内によれば、10月の中旬頃になると満開のコスモスのじゅうたんを見ることができ、多くの観光客でにぎわうそうです。

130525道の駅2

エグマン:「大分は関サバ、関アジが有名だけど、とにかく鶏の料理が多いのも特徴で大分のフライドチキンは結構いけるけんね。やっぱ美味い、もぐもぐ。」ちなみにここは福岡です・・・。^^;

「道の駅しんよしとみ遺跡前」 福岡県築上郡上毛町大ノ瀬304-1 TEL 0979-84-7077 

<さらに車はどんどん南下して別府につきました!>

130525大分

車は別府市内に入らず別府の山間部の秘境に。こんなところに泥んこ温泉があるの?

<明礬(ミョウバン)温泉/ 「別府温泉保養ランド」>

130525これが明礬温泉

車は「別府温泉保養ランド」に到着。

130525明礬温泉!!

駐車場から湯けむりや露天風呂の橋が見えます。この辺りの温泉は明礬温泉(ミョウバンおんせん)と言われています。

「明礬温泉」
案内によりますと、世界第2位の温泉湧出量を誇る「別府八湯」の中で最も標高の高い場所に位置し、眺望抜群の温泉地として人気が高く、東洋一大きなアーチ型の橋・明礬橋や、別府の街並み、別府湾にかけての景勝を一望できる眺めの良さは圧巻だ。また、温泉地に約50棟建つ茅葺屋根の小屋は「湯の花小屋」と呼ばれ、別府土産で有名な「湯の花」がこの中で作られている。江戸時代から変わらぬ「湯の花」の独自の製法は、2006年に国の重要無形民俗文化財に指定された。生活の中に息づく温泉を感じさせる、昔ながらの小さな共同浴場での湯浴みも風情たっぷり。近隣に住む人達と同じ湯船に浸かり、素朴な会話を楽しむのも旅のよき思い出の一つになるだろう。とのことです。

130525入浴券

大人3枚ください。日帰り温泉券購入。

130525通路

タオルも買って温泉に向かいます。混浴なのでエグマンさんの奥さんともお風呂で集合?!

130525明礬温泉

別府温泉保養ランドは、まさに泥湯の泥風呂に程よく泥が溶けたコロイド湯などが、室内、露天にあります。混浴は露天にあるのですが、首から下が見えませんので安心なのです?!

残念ながらお風呂内の写真はNGとのことなので保養ランドさんのサイトから写真をお借りしました。詳しい泥んこ風呂の様子は以下をご覧くださいね。

くわしい画像(リンク)

130525明礬温泉!

結局、奥さんとは混浴では会えずじまい。理由は、行こうとしたら、おっさんがお風呂の外をフリチ○で堂々と歩いてたので行きずらかったとのこと。でも他の女性の方とはお会いできました。いい経験でした。

130525明礬温泉コーヒー牛乳

仕上げはコーヒー牛乳。ここは石鹸が使えませんので上がる前によく体を水洗いをしました。確かに少し肌が硫黄くさいようです・・・。まだここでは余裕でしたが。が、しかし、実は悲運がこの時すでに始まっていたのです・・・。

「別府温泉保養ランド」について、保養ランド案内から。
保養ランドの紺屋地獄は古くは豊後風土記に記載され、弘法大師空海様も訪れた大変由緒ある温泉であります。世界無比の鉱泥を持ち、その効能は医療関係者にも認められています。 地球の母乳に浸かり、癒し効果抜群!女性には嬉しい美肌効果もあり、また男性には今深刻なEDにも泥湯が効果があるということが分かりました。市街地から一歩入ったひっそりとした山間の湯けむりに包まれた当保養ランドで、思い思いの湯に浸かりながら山里のいで湯旅情を心ゆくまでお味わいください。

たしかに、お肌はいい感じになりました!

<風呂上がりは名物、地獄蒸しプリン!/明礬温泉岡本屋売店>

130525岡本屋

お風呂から移動して向かったのは近くにある地獄蒸しプリンで有名な別府温泉「岡本屋売店」。

130525岡本屋2

噂が噂を呼び、すごい人気!

130525地獄蒸し

温泉の蒸気でプリンや卵を蒸しているようです。

130525地獄蒸しプリン

もちろん注文するのは地獄蒸しプリン!

130525じゃらん紹介

あれなにこれ?!じゃらんオリジナル湯上りスイーツ?!

130525地獄プリン

地獄蒸しプリンに

130525じゃらん

地獄蒸しプリンの乗った、じゃらんの別府の地獄フローズンこと「ボリューミープリン地獄パフェ」。おいしかったですよ。

130525地獄たまご

黄味まで塩味が染み込んだ地獄玉子は定番かな。

130525MAP.jpg

「別府温泉保養ランド」(右)
大分県別府市明礬5 TEL 0977-66-2221

「明礬温泉岡本屋売店」(左)
大分県別府市明礬4 TEL 0977-66-3228

別府駅より 車で約25分 、別府観光港より 車で約30分 、別府Ⅰ.Cより 車で約15分 、大分空港より車で約50分 とのことです。

<明礬温泉は強力!今も残る後遺症?!>

130525地獄の苦しみ

お肌に優れものの明礬温泉もその臭いは本当に強力です。エグマンさんのコメント通り、体にも数日残りましたが、それ以上に風呂上がりに来ていた服やジーンズについた硫黄臭さが取れないどころか、同じに洗濯した衣類にも硫黄の臭いが染み付いてしまって、消臭剤を使ったり、1度や2度洗ったりしたくらいでは臭いがなかなか消えません。とてもいい温泉だし、面白い体験ができるので、是非体験していただきたいのですが、皆さんが行かれる時は、風呂上がりにには捨てる覚悟の服や下着の着用をオススメしま~す。^^;

次に向かうのは、あの人気スポット!是非この目で見たいものがあるのですが・・・。続きます。

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(九州・下関) | 11:00 | コメント:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

船旅の醍醐味! はずしたくない贅沢なひと時!「関釜フェリーはまゆう」

夜遅くまで、関釜フェリーはまゆう」の多目的ルームでエグマンさん夫婦とビールとおつまみで韓国生活を語り合いました。

少しお酒に酔ったせいか、それとも昼間の釜山での充実したひと時の疲れでしょうか、気が付かないうちに部屋に戻ってぐっすりと眠っていました。

しかし、事前にセットしておいた時間にiPhoneのアラームで目が覚めました。

時間は朝5時!船旅と言えば、そう!これもとても楽しみにしていたのです。

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<関釜フェリー「はまゆう」にて>

130524下関1

早朝に目が覚めれば、はまゆうは朝霧の中、エンジンを止めてゆらゆらとゆっくり海の上に浮かんでいました・・・。準備をして5時15分すぎにデッキにでます。満月に近い月が明るく浮かんでいました。

130524下関2

朝の新鮮な空気が気持ちいいです。

130524下関4

秒刻みで外が明るくなって来ています・・・。

<独り占めの贅沢な時間>

130524下関5

デッキには私一人だけ。変わりゆく空の色を楽しめる贅沢な時間を独り占め状態です。

130524下関6

もうお分かりですよね!何の時間を事前に調べておいて船に乗っていたか・・・。

130524下関7

んふふふふ!

130524下関8

うれしいこの瞬間。

130524下関75

5時45分!これを見たかったのです。

130524下関8

朝の約30分間の贅沢なお楽しみタイムがあっという間に過ぎていきました。晴れてよかったです。本当に船で来てよかった。

130524下関9

朝はめまぐるしく海の色が変わります。

<関釜フェリーはまゆうの朝食!>

130524エグマン夫婦

7時30分にエグマンさん夫婦との朝食の約束です。おはようございます。朝の海を見ながら気持ちのいい朝食タイム。この旅の船はあまり揺れずお二人もぐっすりと眠れたことでしょうね。

130524エグマン夫婦の食事

こちら和食(日本食)です。落ち着くうれしい組み合わせ!

関釜フェリー「はまゆう」では和食(700円)、韓国食(600円)、洋食(700円)他の朝食を提供しています。少食の人にはパンコーヒーセットの300円もうれしいです。

130524私の食事

こちらは洋食。日本式(?)コーヒーがうれしいですね。

<下船です!>

130524下関95

下関港沖の停泊から、移動を開始。下関港に移動し、いよいよ下船タイム。フロントに鍵を返して、デッキを渡ります。ついに日本に到着です。

130524下関10

入国審査を受け、到着ロビーに。下関港国際ターミナルは落ち着いたいかにも日本らしい雰囲気。下関国際ターミナルは下関駅までダイレクトで歩いて行ける歩道橋ペデストリアンデッキが設けられているそうです。これはJRを利用する方にも便利!

★楽しい関釜フェリーの旅やプランについて。関釜フェリー(リンク)
★こんな乗船プランも。Yahooトラベル!(リンク)

<日本国内は車で回ります!>

130524はまゆう

下関港に停泊中のはまゆうに別れを告げて、これからエグマンさんたちとレンタカーを借りに行きます。

130524三菱

韓国じゃ恐ろしくて運転したくないけど、日本はやっぱりこれが便利と言う事でタクシーに乗って向かったのは、エグマンさんの知り合いが勤める三菱のディーラー。

レンタカー

最近はディーラーさんでもレンタカーサービスをやっているところもあるんですね。今回の日本の旅は車内ひろびろ低燃費のデリカD:2です。

この後、向かうのはソウルに帰ってきてもその影響を及ぼし続けたという恐怖の場所です!?いったいどこ?!次回に続きます。お楽しみに。

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(九州・下関) | 07:00 | コメント:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

海上のリゾートホテル!関釜フェリー「はまゆう」<釜山→下関>

いよいよ、これから海上のリゾートホテル(*)と言われる、関釜フェリーはまゆう」で釜山港から日本の下関(山口県)に向かいます。日本での行き先はまたまた今は内緒ですが、とにかく第一の目的をこれから果たせます。 *注:関釜フェリーパンフレットによる。

フェリーと言えば、その昔、中学生の頃に修学旅行で大阪から九州に向うサンフラワーに乗った記憶があるのですが、詳細はおぼろげであまり覚えていません。

そんなこともあって、乗船する関釜フェリーはまゆう」での旅がとても新鮮で楽しみになのです。

それではこれから念願の旅に向けてついにはまゆうに乗船開始です!

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<海のリゾートホテル!関釜フェリー「はまゆう」船内>

130522はまゆう1

ブリッジを渡り船内に入ります。船内スタッフのかっこいいお兄さんやきれいなお姉さんが入り口でお出迎え!日本語を話す韓国人スタッフが頑張っています。

130522はまゆう2

今回はデラックスルームなのでフロントでチェックイン!本当にホテルのようです。

130522はまゆう3

船内客室中央には螺旋階段もあります。

130522はまゆう4

エレベーターもあってびっくり!これから3階の客室に向かいます。

<今回はデラックスルームで!>

130522はまゆう16

両脇が部屋です。これからデラックスルーム洋室に入ります!

130522はまゆう10

いろんな人と知り会えるので相部屋の2等室が結構人気とも聞いていますが、今回はここでゆっくりと日本に向うことにしました。部屋には自由に使えるコンセントも数箇所あって充電もラクラクです。この他、家族移動やグループ移動に便利な和室、ちょっと豪華なスイートルームもあるそうです。

130522はまゆう11

部屋の窓から海や外の景色が見えるのです。今晩はこの部屋でゆっくり過ごせるのです。移動時間と宿泊が一緒だと時間のセーブができて悪くないですね!釜山港も下関港も都心からすぐが嬉しい。

130522はまゆう12

冷蔵庫の水にビールはサービスだそうです!脱臭炭はキムチ対策だそうです。納得!

<大浴場もある船内探検!>

130522はまゆう15

エグマンさんからまずお風呂に行きましょうとのことです。トラックの運転手さんやフェリーの達人はまずは乗ったらすぐに大浴場に直行だそうです。

130522はまゆう14

お湯がきれいで混まない最初がいいということですね。部屋にもお風呂がありますが、やっぱり大浴場は気分も最高!聞けばお水は飲料水の専門会社が補給しているとか。なるほど!リンスインシャンプー、ボディソープ備え付け。頻繁に利用するトラック運転手さんはマイお風呂セットを持ち込んでいました。さすがですね。もちろん、女湯もあります!

130522はまゆう8

免税店や一般売店もあってこれは便利!

130522はまゆう6

ラーメンにお菓子もあって一晩中宴会が楽しめそう?!

130522はまゆう7

飲料水やアイスクリームの販売機もあります。

130522はまゆう5

これは多目的ルーム。グループやカップルなど、ここで楽しい一緒に時間を過ごすのも悪くないですね。

<夕食にしましょうか?!船上レストラン>

130522はまゆう9

広くゆったりとしたレストラン。

130522はまゆう17

いろんな料理がお手軽価格で味わえます!韓国料理におつまみメニューもあります。こんな利用者目線がうれしいですね。

130522はまゆう18

限定メニューも!レストランは入口で食券を買ってから入ります。関釜フェリー「はまゆう」は日本食がメインです。一方、相互運転の韓国側の釜関フェリーの「星希(ソンヒ)」は韓国食がメインと聞きました。

130522はまゆう19

ビールでかんぱ~い!キリンがうまい。

130522はまゆう20

私はせっかくなので限定の「春のはまゆう定食」です。

130522はまゆう21

旅慣れているエグマンさん夫婦は「海鮮ちゃんぽん」。

<船はそろそろ釜山港を離れます・・・>

130522はまゆう01

辺りがそろそろ暗くなりました。釜山港を出航の時間のようです。

130522はまゆう02

船側の展望デッキ。これから先、どんな景色が我々を待っているのでしょうか。

★楽しい関釜フェリーの旅やプランについて。関釜フェリー(リンク)
★こんな乗船プランも。Yahooトラベル!(リンク)

<いよいよ日本に向け出航~!>

130522はまゆう00

釜山タワーを背にいよいよ船は動き出しました。それでは日本に行って来ます~!次なる目的地は?!下関到着と言えばやはり向かうのはあそこかな?!

<おまけ!>

130522はまゆう22

船が少し走ったところで、携帯電話のローミングがすぐにKTからNTTDocomoに変わりました!えっ、この位置で?ウソ~~!かなりびっくり!しかしながら、船上の携帯電話の通信は不安定ですので、沖に出てからの船上のiPadminiでのブログ更新は難しかったです。

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(九州・下関) | 06:00 | コメント:22 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

1963年からの伝統の味「元祖博多だるま」!!博多東京ソウルは雪!

仁川から出発して到着した博多の街の滞在時間はわずか5時間!現地の支社訪問に翌日の東京での会議の打ち合わせに大忙し。その間をついておいしい博多ラーメンも食べなくっちゃ!と欲張りな計画です。

本場はやっぱり、味が違う・・・。

仕方ないですよね。外国だから贅沢はいけません。上を見たらキリがありませんが、今は新しいお店が開拓されて、それなりのとんこつラーメンを食べることができつつあるソウル暮らしの日々です。

一風堂雄太郎にまた行かなくっちゃ!



ランキングぽちっとお願いしま~す!



<元祖博多だるま/JR博多駅・博多デイトス>


だるま120126

キャナルシティ「初代秀ちゃん」が人気ですよと教えてもらいました。行く気満々だったのですが、当初合流の2人で行く予定でしたが、仲間が増えて4人。博多駅の近くの支社での仕事なので近くにしましょうということで、もうひとつ教えていただいていた博多駅の麺通りに変更!「初代秀ちゃん」と同じ系列の「元祖博多だるま」に行きました!

yoshieさん、kayokoさん、突然の携帯メールにお手を煩わせてすみませんでした。ありがとうございました。


店内120126

活気あふれる店内!次から次へと訪れる人たち!おいしくいただきながらも、後の人たちを待たせないようにさっと食べてさっと立ち去る。こんなところからソウルのラーメン屋と何か違います。


やっぱり違った!120126

は~~、やっぱり本場は違う・・・。豚骨スープよかったです!脂が結構あるのにしつこくなくって十分許容範囲。おいしかったです。yoshieさん~、脂も大丈夫でしたよ~~。


明太子ごはん120126

お昼なんで、明太子ご飯セット(880円)を注文しました。本場の明太子まで食べられて大満足。こんな店が博多駅ビルにあるなんて、出張の際に時間のないときはこの麺通りで決まりです!


元祖博多だるま120126

「元祖博多だるま」
福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス2F TEL092-475-8233



<行く先は雪!雪!氷?!>


-福岡空港-

福岡空港120126

おいしいもの食べて、一仕事を終え、16:00のANAで東京に向かいます。来た時舞っていた雪が少し強くなりました。羽田まで約1時間半程度。ソウルから羽田と30分少ないくらい。ラウンジでビール飲んだのでたっぷり寝て移動します。いかんせん、前日は3時間しか寝てませんから!


-東京多摩地区-

hachioji120126.jpg

雪降ってたのですね!うちのマンションでも皆のために玄関や通路を雪かきしてくれている立派な親子がいました。本当にありがたいです。感謝します。昔の自分を思い出すようです?!


-翌朝通勤中央線大久保付近-

大久保120126

昨晩は暗くってわからなかったのですが、都心も降っていたのですね!次の新宿で山手線に乗り換えです。本社にて格闘したあとはすぐにソウルに戻るのです。


-ソウルも雪が降って道が大凍結!!-

seoul120126.jpg

滑らないようにしなくっちゃ!ところどころで歩道が凍結。帰ればまたまた氷点下-9℃ほど。やっぱりソウルが一番寒いです。


福岡、多摩、東京、ソウルの大移動!おいしいもの食べて、各地の雪を見ながらの旧正月、旧正月明けの1泊2日でした。



ランキングぽちっとお願いしま~す!



<ランキング応援のお願い>


今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!


ぽちっと.jpg

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(九州・下関) | 09:31 | コメント:22 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

韓国の大変さをこれで少しは理解してくれよ~! <韓国人と九州旅行>

長く感じた韓国人たちとの福岡出張~九州旅行!最終日は大宰府で修能試験の受験生の為のご祈祷にショッピング!

夏の陣はこれで終わりですが、これから秋の陣の社員旅行が控えています…。

そのときまで充電です…、ってさせてくれるわけもないか。

先日も事務所でアホな事件勃発!日本の皆様、本当にまともに相手してたら疲れますよ~~~。^^;


ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ハイアットリージェンシー福岡はエジプトモチーフだった!>


HL中庭.jpg

今日がいよいよ最終日。3泊4日でお世話になった「ハイアットリージェンシー福岡」をチェックアウト。

実はこのハイアットリージェンシー福岡ですが、世界的に有名な建築家マイケル・グレイヴスが、スフィンクスをイメージしてデザインしたと言うことで福岡市内の観光コースの一部として紹介している冊子もあるほどです。

写真は中庭のピラミッド。外見がスフィンクスイメージだそうです。


HL中庭2!.jpg

中には結婚式場もあって、ここは神殿イメージ!


「ハイアットリージェンシー福岡」

福岡市博多区博多駅東2-14-1 TEL.092-412-1234
JR博多駅、地下鉄博多駅から徒歩。



<太宰府天満宮/太宰府市>


大宰府.jpg

ホテルを出発して向かったのは、昨日行くことができなかった「太宰府天満宮」。学問の神様としてあまりにも有名ですね!

ここでしっかりご祈祷して、常務の娘さんには修能試験試験でいい成績を残して、今年こそは希望の大学に行って欲しいものです。


牛!.jpg

「御神牛」自分の体の良くしたい場所と同じところを触ればいいとか。

あ、角を触ってる…!これで今以上に社員に厳しい檄を飛ばせますね!韓国の会社は日本人が思う以上にピラミッド社会!韓国人社員の皆さん、
覚悟しておいてくださいね。


写真撮影!.jpg

奥さんは古めかしいものにとても興味があります。古いものを壊して新しくしたがる韓国人においては貴重な存在です。


飛び梅.jpg

私がどうしても見たかったのは「飛梅」。菅原道真が大宰府に左遷されると、あとを慕って一夜にして大宰府に飛んできたというお話のものです。計算すれば今年で樹齢約1110年!

「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」

も大宰府に左遷される際に詠んだ歌として有名ですよね!


お守り!.jpg

お守りもしっかり買われていましたよ。

お嬢さんが無事希望の学校に合格しますように!


境内.jpg

境内の様子。それにしても早朝から多いのは中華圏の皆様。団体や小グループで大挙して訪れていました。こんな状態の日本でもちゃんときてくださってありがとうございます!



<市内「キャナルシティ」でショッピング!!>


キャナルシティ.jpg

韓国の方が福岡旅行すれば必ず立ち寄るとされる大規模商業施設「キャナルシティ」。噴水のパフォーマンスがあったりしてレジャーランドの様。韓国でも人気のトトロやポニョのキャラクターグッズをお土産に買っていたようです。



<福岡最大級ショッピングセンター「イオンモール福岡ルクル」>


イオン.jpg

飛行場からそう遠くない粕屋町の「イオンモール福岡ルクル」。ここでしっかり日本食のショッピング。常務は大きなダンボール2箱分の買い物です!やはり日本の食材は魅力がいっぱいな様です。



<これがお世話になったレンタカー!>


お世話になりました.jpg

こんな我々をいろいろな場所に運んでくれたことを感謝します。また、東京から会議に来てそのまま観光の応援ならび、運転をず~っとしてくれた日本人スタッフにも感謝です。

最後に常務から感謝のお土産を手渡しされていました。また次長からは辛ラーメンにキムチパックが渡されました(実は余りモノ…。^^;)。



<充実していないアシアナ機内食>


機内食.jpg

帰りはかぼちゃのサンドイッチ!期待していませんでしたがやっぱりおいしくなかったです。



<これは良かったアシアナ機材>


音楽はよかった!.jpg

一方で、ソウル⇔福岡線のアシアナ機材はいいですね~!エコノミー席でもなんとUSB端子つき!安心してスマートフォンで音楽や動画を見ることが出きます。


HIT.jpg

私は今回はスマートフォンを使わずに、お気に入りの自分のシートのイヤホンをジャックに差し込んで、K-POPのヒット曲をいい音で着陸寸前まで聞いて疲れをとりました!



<旅の終わりと新しい戦いのスタート!>


さようなら!.jpg

これで、韓国人たちとの旅もおしまい。しかし、戦いはまだ続きます。場所を変えた熱い戦いがまた始まります!

日本スタッフも同行を通して韓国人思考回路を体験するとともに、これでいつも私が言っている事を少しは理解してくれたものと思います。(いつも日本の常識を押し付けてくるけど、そんなもの通用しないんだから、少しは学習しろよ~!!(怒))

変わった行動をする韓国人にもまいりますが、それを理解しようとしない(できない)日本人にもかなり疲れます。



ランキングぽちっとお願いしま~す!


<ランキング応援のお願い>

「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっと.jpg
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(九州・下関) | 23:57 | コメント:28 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

本場のあの有名ラーメン店で「これでは韓国人は食べられないんです!」 韓国人と九州旅行<一蘭 天神店>

あれだけ説明しておいたのに~~~。

それにしても本場のあの有名ラーメン店でも韓国人たちは私の期待を裏切ってくれませんでした。

博多とんこつラーメンチェーン店の本場でのお店の味をどうしても味わいたくて入った一風堂総本店に、一蘭天神店!

やっぱり本場の味は違っていました。訪れた甲斐がありました!

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<一蘭 天神店 / 福岡市中央区天神>

店先.jpg

夜の22:20分!今日の〆は「一蘭天神店」です。

本場のとんこつラーメンはにおいや脂が厳しい店もあって、無難なチェーン店がこの人たちにはいいかなという判断です。ちなみに次長とは昨晩「一風堂総本店」に行っています。(コチラは後日、別の話題で登場します!)

人気の博多ラーメン店は関東地方や地方に店舗があったりしますが、微妙な味の差があったりします。そのため、チェーン店といえど本場での味のチェックは欠かせません!

<味噌ラーメンがないんですか?!>

相談中!.jpg

店先で券売機を眺めていたら、お店の方が外に出てきてくれました。

次長「とんこつラーメンのほかに味噌ラーメンとか醤油ラーメンとかないんですか?」
(あれだけ、博多とんこつラーメン店にはそんなものないって教えておいたのに~~~。)
お店の人「うちはとんこつしかないです。」

次長「え、味噌ラーメンがないんですか・・・。」
お店の人「…。」

私「とんこつラーメン専門店だから、さっきもないって言ったでしょ!」

たぶん、昨晩もとんこつラーメンを食べたので、今日は別の味でも試したかったのでしょう。韓国人には味噌ラーメンを好む人が多くいます。

<これでは韓国人は食べられないんです!>

仕切り.jpg

さらに次長が店内をのぞいて、再度びっくり!一人ひとり食べるところが囲ってあるではないですか!(私や日本人スタッフから事前に一蘭は一人ひとり囲ってあってそこで食べることを説明済みも、たぶん適当に聞き流してたのでしょう。人の話を聞かない性格の人がウリナラには本当に多いです!)

次長「5人一緒に食べたいんですがテーブル席はないんですか。これではみんな一緒でないので韓国人は食べられないんです。」

私「おい、おい!(目が点)」

店員「仕切りを取ることはできますが・・・。」

私「取らなくっていいです!(怒)」

今ならありがたいことに並ばずに、それもまとまって横並びに入れます。
食券を私が人数分買って強引にお店に押し込み~~~。

*我々の会話にお付き合いいただきました店員さんに感謝申し上げます。^^;

<韓国語の注文書があった!>

食べる!.jpg

しぶしぶと席に座ります。このとき押し寄せる孤独感と一生懸命に戦っているのでしょうか?!^^;

韓国語でもOK!.jpg

みんなにお好みの味の注文書が配られました!韓国語のものもあるんですね~。さすが人気店は違いますね。

あ、ちょっと待って!私には日本語だけのやつくださ~い。(こんなやり取りの後ですので、気持ちの問題~。^^;)


<ラーメン登場~!>

一蘭ラーメン!.jpg

あっ、チャーシューつけるのを要らないに間違って丸つけちゃった~。ま、いいか。

おいしかった!.jpg

コシのある麺にとんこつなのにすっきりしているけどスープも本当においしいです!やっぱり口の肥えた博多っ子の舌にかなう味が維持されているのは本場ならではですね!

しかし…。

常務「この店はおかずが出ないことがわかっていたら、キムチにタンムジ(韓国式タクアン)を持ってきたのに…。」 *注:ホテルの冷蔵庫に待機しています。^^;

ひえ~、そこまでしてラーメン食べるのにキムチが必要なわけ~~~。(キムチをとんこつに入れて食べるのは韓国式~!?)

替え玉.jpg

思わず、替え玉も注文しました!食べすぎかな~~~。条件反射状態。

<店内の様子とお店の場所>

仕切り!.jpg

「一蘭 天神店」
福岡県福岡市中央区天神1-10-15  TEL 092-736-5272
市営地下鉄 天神駅 13番出口から徒歩すぐ

東京ではとんこつラーメンが駄目だった韓国人次長も博多ではとんこつラーメンがちゃんと食べられました!味の感想を聞けば、「一風堂」よりこちらが口に合うとのことです。これでとんこつファンになったかな?!

しかし、仕切りにはかなり抵抗があるようです。私は次回博多に行けば、福岡在住のyoshieさんおススメの「赤のれん」にも行って見たいです!

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<ランキング応援のお願い>

「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっと.jpg
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(九州・下関) | 23:35 | コメント:30 | trackbacks:0 | TOP↑

| もっと見る | 前の記事 >>