ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 2013-07- | もっと見る | 2013-09- >>

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

ヘウンデ タポジュヌンチプ 韓国人グルメブロガーと行く出汁にこだわる釜山海雲台のチョゲチムの人気店!<韓国人夫婦と行く旅>

これから韓国人妻グルメブロガーがチェックしてきたという「ヘムルチム」のお店に出かけます。場所は海雲台(ヘウンデ)だそうです。

夜行列車から日帰り対馬の旅という密度の濃い旅を続ける我々は少し楽して行こう~!と言う事で釜山中央洞の東横イン釜山駅2からタクシーに乗ったのはいいのですが、夕方とあって、釜山市内から海雲台に向かう道路は大大だ~い混雑!

タクシーを途中で降り地下鉄での移動に切り替えました。これなら最初から地下鉄が絶対によかった・・・。そういえば、海雲台への道路はいつも混んでったけ。

地下鉄「海雲台(ヘウンデ)」駅を降りて少し歩きます。ちょっと迷いましたが、無事、韓国人妻グルメブロガーがチェックしてきたヘウンデ タポジュヌンチプに到着~!

クリックをお願いします~。

<ヘウンデ タポジュヌンチプ (海雲台タポジュヌンチプ )>

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ

ここがヘウンデタポジュヌンチプか~。韓国人妻グルメブロガーがいろいろ調べて探し出してきた店とあっては期待感も最高潮~!(辛くありませんように~。)

<ヘウンデ タポジュヌンチプは大人気!>

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ1

お店の階段を上がれば待ちの人がいっぱい!もっと早くこればよかったかな。タクシーに乗ったのが失敗でした。店内のレジのところで予約を入れて待ちます。

ヘウンデタポジュヌンチプに着いたのは19時30分。

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ2

30分ほどして席につけました。まあ一番混んでいる時間に来たので仕方ないか。^^;

<コンベー!>

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ乾杯

お疲れさま~、コンベー(乾杯)!韓国人グルメブロガーの韓妻は明日の朝一番にソウルに戻らねばならなくなったので、この旅の韓国人グルメブロガーさん紹介のお店はこれが最後。これから楽しみますよ~。

<注文~!>

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ3

ヘムルチム(海鮮鍋)と聞いていたけど、それってチョゲチム(貝鍋)のことだったのですね!まあ似たようなものか。ということで、注文は、チュゲチムの中サイズ45000ウォン(約4090円)!*1円=11ウォンにて。価格は2013年8月現在。

<ヘウンデタポジュヌンチプの人気メニュー「チョゲチム」>

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます2

しばらくしてヘウンデタポジュヌンチプの人気名物メニュー「チョゲチム」がどか~んと出て来ました!

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます4

いろんな海産物が入っていて美味しそう!

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます5

出汁の香りがそそります。ここのお店はとにかく出汁にこだわっていて、昆布や野菜の具材から作ったスープが自慢なのです。

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます11

ぐつぐつきたぞ~!青唐辛子のツ~ンとくるニオイもありません。美味しくいただけそうです。

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます6

うわ~、巻貝も入っている!

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます13

ではいただきま~す。^^

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます10

韓国ではとても珍しい本物わさび醤油につけて・・・。

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます14

オリジナルスープと野菜とともに食べる貝の味も楽しめます。

130824ヘウンデ タポジュヌンチプスープ

昆布やカニのこだわりの出汁の効いたスープが美味しい~。

<グクスが絶品!>

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます17

たらふく食べた後は〆のグクス!

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます15

貝を始めとした海鮮の味がしみだした若干塩味の効いたもちもちとした食感のグクスがこれまた美味しかったです。

<韓国人妻グルメブロガーも頑張ってました!>

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます8

気になる韓国グルメブロガーの韓妻さんも頑張っていました。35mmのフルサイズのEOS5Dで真剣勝負!韓がサポートしていますが、韓にも私にもブログは秘密なのです。(恥ずかしいかららしいです。)

130824ヘウンデ タポジュヌンチプ食べます9

韓がカニを挟んで私のレンズの前に。カムサハムニダ~。^^

<お食事の後は夜の海雲台散歩が楽しい!>

130824海雲台1

くぅ~、食った!食った!この後は海雲台の海岸を散歩することに。お店からビーチまで徒歩しばらく。

130824海雲台2

あれっ!何この砂浜の砂の山は?!こんなの今まで見た記憶がない!!

涼しい夜の釜山海雲台の散歩とチュゲチム(貝鍋)の人気店「ヘウンデ タポジュヌンチプ(海雲台タポジュヌンチプ)」の組み合わせがとても楽しいひと時でした。皆さんもいかがですか。

<MAP>

130824ヘウンデ タポジュヌンチプMAP

「ヘウンデ タポジュヌンチプ/해운대다퍼주는집」
부산광역시 해운대구 우1동 654-4 TEL 051-744-9494
釜山市海雲台区海雲台区佑1洞654-4(プサンシ ヘウンデグ ウ イルドン)
・釜山駅、地下鉄「海雲台」駅7番出口などから徒歩。

クリックをお願いします~。

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 観光地(釜山・慶尚南道) | 09:00 | コメント:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

東横イン釜山駅2 お見せします!韓が選んだ釜山の宿<韓国人夫婦と行く旅行>

対馬への楽しい旅もあっという間に終わり釜山港国際旅客ターミナルに到着しました。韓が予約していたのは韓国式のホテルではなく、日本式ビジネスホテルチェーンの東横イン釜山駅2東横INN釜山駅2)!

私に配慮したのかと思いきやそうでもなく、釜山駅からも近くて港に近い中央駅からも近く南浦洞ナムポドン)も徒歩圏であることや韓国クチコミでこぎれいで朝食が付いて価格も安いというクチコミなんかも参考にしていたようです。韓国の若夫婦の世代ではこのようなお宿がいいという人たちも増えてきているのかも。

ソウルでも東横インは大人気のようですが、釜山の東横インはどうなのでしょうか?!

お部屋の感じはどんな感じ?!ちょっと楽しみです。

クリックをお願いします~。

<東横イン釜山駅2(東横イン釜山中央洞店)>

130824東横イン釜山2の2

調べましたら、東横インは韓国では2008年4月28日、釜山市の中央洞に1号店を開店。同年12月2日には釜山駅前に2店舗目を開店、2009年にはソウル市東大門に、2010年には釜山の西面駅前、大田市の地下鉄政府庁舎駅前、2011年には釜山市海雲台にも開業したそうです。ということは、現在の東横イン釜山駅2が実は韓国1号店ということかな。

130824東横イン釜山2の1

これからチェックインします。韓国のサイトの紹介文がありました。

東横イン釜山中央洞は、韓国1号店に23階建ての建物、延べ床面積12,168,64㎡のお部屋491(シングルルーム381個、ツイン、ダブルなど110個)を備えており76台を収容できる駐車場を完備しています。

よりきれいで、自分の家のようにリラックス、価値のある価格をモットーに掲げた東横イン釜山中央洞は、シングルルームは4坪規模で140cmの大型ベッド、インターネット用無料LAN線が設置されており、バスルームには、最新のビデが備わっています。

セーフティボックス、電気ポット、ヘアドライヤーなどが備え付けられています。さらに、高齢者や障害者のためのハートフルツインルームも備えています。ハートフルツインルームは東横インが実用新案特許を取得し、独自にデザインしたお部屋で好評を得ています。

へ〜。それにしても韓国のサイトで言われ続けている「東横イン中央洞店」という名前は昔の名前なのかな。

<ホテル館内>

130824東横イン釜山2の3

チェックインします。混んでました。チェックイン時間はお約束の16:00からです。(チェックアウトは10:00)

130824東横イン釜山2の33

今回の部屋は7階です。

130824東横イン釜山2の7

部屋はシングル。日本でも韓国でも生まれて初めての初東横インなのでちょっと感動。(東急インはよく利用していました?!)

130824東横イン釜山2の8

窓からの眺め。釜山の海が見えます。

130824東横イン釜山2の4

デスク周り。

130824東横イン釜山2の5

100Vの日本式コンセントが嬉しいです。プラグアダプターなしでデジカメの電池の充電をしてます。

130824東横イン釜山2の10

バスルーム。ウォッシュレット付き。ただ、日本式のホテルチェーンとは言え、韓国では法律上、歯ブラシ・ひげそりの無償サービスができないので自分で持ってこなければいけません。

<館内サービス!>

130824東横イン釜山2の31

自販機にお酒の販売。

130824東横イン釜山2の32

売っている韓国焼酎はもちろん釜山のC1チョウウンデイはないのかな?!

130824東横イン釜山2の11

エレベーター前に韓国ではあまり見ないズボンプレッサーもある!

<東横イン釜山駅2の朝食サービス>

130824東横イン釜山2の12

朝食を取る時は部屋に置いてある朝食カードを持って行きます。2人部屋は赤いカードで、シングルは水色(グレー?)のカード。

130824東横イン釜山2の13

韓の報告ではたいして食べるものもないので、コーヒーとパンを軽く取りましたとのこと。

130824東横イン釜山2の14

そう聞いて来て見れば、朝なんてこれで十分な内容。特級ホテルに泊まっている感覚だったのかな?!

130824東横イン釜山2の15

釜山のロケーションのいい場所で、この価格でこれだけついて低価格ホテルならこれでOKです。それに朝から、外で美味しいものを食べたいから、これならパスしても悔やまれません!?

130824東横イン釜山2の16

それにしても韓国の皆さんも大勢利用する日系ビジネスホテルチェーン東横イン。ソウルにももっとたくさん、進出して欲しいものです。

ということで、今日は釜山の東横イン釜山駅2のご紹介でした。

<MAP>

130824東横イン釜山2MAP!

「東横イン釜山駅2(東横イン釜山中央洞店)/토요코인 부산중앙동점)」
부산광역시 중구 대창동1가 22-4 TEL 051-442-1045
釜山市大昌洞1街22-4(プサンシ テチャンドン)
・釜山駅、地下鉄中央駅から徒歩。
・予約など - 東横イン釜山駅2(リンク)

クリックをお願いします~。

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 観光地(釜山・慶尚南道) | 07:30 | コメント:12 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

崎陽軒「おべんとう夏」期間限定の食べる楽しさ満載!宝石箱のようなお弁当!

横浜と言えば、崎陽軒きようけん)のシュウマイ。創業から105年!代表商品はご存知「シウマイ弁当」!シウマイがメインで横浜の駅弁としても有名です。このお弁当のファンも多いはず!

今や崎陽軒のお店は神奈川をメインに東京、埼玉、千葉の主要駅の中、百貨店、ショッピングビルなどいろんなところにお店があって手軽に崎陽軒の味を楽しむことが出来ます。

そんな人気の崎陽軒2013年の夏限定のお弁当「おべんとう夏」。まるで宝石箱のようなお弁当は食べる楽しさいっぱい!お値段は650円。2013年8月31日まで(予定)の限定発売です。

駅の売店や崎陽軒の売り場で見つけたら一度味わってみたい一食です。

クリックをお願いします~。ym2

<崎陽軒の夏のお弁当「おべんとう夏」(期間限定)>

130823崎陽軒

見た目も爽やかな崎陽軒の夏のお弁当、そのなも「おべんとう夏」。包み紙の朝顔と風鈴のイラストに水色のバックがとても涼しげです。

130823崎陽軒2

崎陽軒の紹介によれば、「おべんとう夏(夏季限定)」は、夏に旬を迎える「鯵(アジ)」や「いか」「みょうが」といった食材を、南蛮和えや酢の物など、さっぱりとした味わいに仕上げました。また、コリコリとしてほんのり塩味の効いた“茎わかめのごま和え”や、ふわっとした“とうもろこし入りさつま揚げ”など、食感や味付けにメリハリをつけ、食べる楽しさを演出しました。暑い夏でも食が進むこと間違いなしのお弁当です。とのことです!

おかずも種類が多くって、これで値段も650円とお手軽価格!

<すごく手が込んだおかずがいっぱい!>

130823崎陽軒3

これが、ほんのり塩味の効いた、茎わかめのごま和えのふりかけですね!

130823崎陽軒5

崎陽軒といえばやっぱりシウマイ(シュウマイ)!ちゃんと2個入ってます。

130823崎陽軒8

少しおしょうゆをつけていただきます。やっぱり崎陽軒のシウマイはおいしい!

130823崎陽軒4

鯵の南蛮和え、帆立のトマト煮、いかの酒塩煮、タケノコ煮に、玉子焼き。

130823崎陽軒10

帆立のトマト煮。夏らしさをかみ締めます!

130823崎陽軒7

タケノコ煮をちびちびいただくのも楽しい。列車だったらビールがあれば最高~!

130823崎陽軒9

とうもろこし入りさつま揚げ、きゅうりとみょうがの漬物、蓮根の煮物に人参の煮物!こんにゃくとカニカマと海藻の酢の物は芸が細かいです~。

130823崎陽軒11

デザートは夏みかん風味わらび餅!夏みかんの少々苦味がたまらない小さな宝石!

気が付けば発売時期もあとわずか。崎陽軒を見つけたり機会があれば皆さんも是非召し上がってくださいね! ・崎陽軒のお店はこちら(リンク)

クリックをお願いします~。ym2

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 東京グルメ(日本食) | 00:00 | コメント:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「スーパー タケスエ」韓妻の対馬で最高にハッピーな場所?!サヨナラ対馬、釜山に帰ります!<韓国人夫婦と行く旅>

私のまさかの大チョンボで、行き先を一ヶ所失ってしまった3人。

しかし、韓妻さんの全く気にすることもない態度に救われました・・・ってこともなく、早く日本食材を買いマート(スーパー)に行こうって?!

ううっ、確かに今更気がついても遅いですね・・・。女性は観光地も大事だけど、美味しい食べ物とショッピングが旅の大きな楽しみだっていうことを忘れてました。

了解~!

クリックをお願いします~。

<ウエルカム韓国からのお客さま~!>

130822タケスエ1

韓国展望所から少し車を走らせれば、なんだ!この旗は?!

<スーパーバリュータケスエ大浦店>

130822タケスエ2

ということで入ったのはスーパーバリュータケスエ大浦店。車をお店の入り口に着けるなり、韓妻たちはお店に吸い込まれるように姿が見えなくなりました。

130822タケスエ4

それでも十分にショッピングする時間は取れました。何買っているのかな?!ちょっとのぞかせていただきました。ミルクキャラメルは日本の製品はモノがいいですからね!うまい棒は韓国の方の人気の駄菓子!かつお節は韓妻のお気に入り!

130822タケスエ5

時間はそこそこでしたが、かなり楽しい時間だったようです。みれば大きな袋3袋分も買い物をしてしまいました~!

<MAP>

130821MAP2.jpg

「スーパーバリュータケスエ大浦店」長崎県対馬市上対馬町大浦60−1 TEL 0920-86-2000
「バリュースタジアムタケスエ比田勝店」長崎県対馬市上対馬町比田勝821 TEL 0920-86-2017
・比田勝店は比田勝港から徒歩約10分。大浦店は韓国展望所への通り道。

対馬の北の方にタケスエが何店かあります。韓国在住の方は対馬に立ち寄りの際にはスーパータケスエ知っておくと便利です!今回、我々の入ったお店は大浦店。この他、フェリー乗り場から近いところにはタケスエ比田勝店もあります!

<ありがとう対馬!今回の旅のおさらい>

130818訪問MAP

今回行こうとしていた場所に行った場所一覧です。烏帽子岳展望台に対馬野生生物保護センターには行くことができませんでした。特に対馬ヤマネコが見たいので次に機会があれば対馬野生生物保護センターには絶対に立ち寄ってみたいです。

<再び、比田勝港国際ターミナル>

130822比田勝

ガソリンを満タンにして車を返し、時間に余裕を持って朝来た比田勝港国際ターミナルへ帰って来ました。感覚的には道の間違いがなければやはりもう一ヶ所寄れた感じですが、早飯に先に遠出は正解だったような気がします。

それにしても相変わらずのほのぼの国際ターミナルです。

130822比田勝3

隣の国内線のフェリーターミナルの建物で切符の発券をしてもらいます。

<今まで食べた中でもっとも美味しいアイスクリーム?!>

130822比田勝5

待合室の販売機のアイス!暑いので皆で食べることにしました。韓から感動の一言!このアイスものすごく美味しいです。今まで食べた中で最高です!

まあ、韓国のお店で売っているアイスはイマイチなものが多いですからね!

<釜山行のジェット船KOBEE(コビー)がやって来ました!>

130822比田勝6

出国手続きを終え海の彼方を眺めていれば、漁船に混じって徐々に近づいてくる船が見えます。釜山行のジェット船KOBEE(コビー)がやって来ました。

130822比田勝8

流石に低速走行時は機体が浮いていませんね。

130822比田勝7

さ、乗り込もう~。あれっ?!客室乗務員の女の人が同じだ。そうか、来た時の船の折り返しなのですね。今回は2階席で眺めのいい席です。帰りの景色も楽しみ・・・・。

<大爆睡!ここはどこ?まさか博多港ってことはないよね!?>

130822釜山1

船が動きだし、気がつけば大爆睡していたようです。目が覚めればここはどこ?

130822釜山3

釜山のはずだけど、日本のナンバーの車が目の前に見えます!
まさか、博多?!また乗り間違い~?!もう、勘弁してよ~!

<釜山港に帰った!>

130822釜山2

すぐに夢から覚め正気に戻ればやはり釜山港。日本ナンバーの車はこれから関釜フェリーと共同運行の釜関フェリーのソンヒ号に乗る車ですね!ジェット船は無事に釜山港に到着しました。

<これから釜山で向かうのは?!>

130822釜山4

実は韓夫婦、なんと釜山も初めてということで今回の旅に釜山旅行も組み込んであるのです。ただ、残念なのは韓妻は会社の緊急な要件で、釜山に一泊して、早朝のKTXで帰らなければならなくなってしまったのです。今晩は美味しいものを食べて楽しみましょ!

釜山から対馬への旅はいかがでしたか? 釜山からだととても簡単に訪問することができます。釜山の旅に組み込むのも楽しいかもしれませんね!皆さんも機会があれば是非どうぞ!

クリックをお願いします~。

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(沖縄・離島) | 08:30 | コメント:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

韓国展望所 朝鮮通信使と対馬 通信使の見たニッポン!<韓国人夫婦と行く旅>

和多都美神社を後にして今度は北の観光地に向かいます。

しかし、ここで私の痛恨の大失態!

ここはどこ?

ここは逆方向で袋道!

クリックをお願いします~。

<対馬のクロネコや~い!>

130820対馬

「そういえばヤマネコいないけど、クロネコいるね~。」と運転しながら一人ぶつくさつぶやく私。道路走行目の前にクロネコヤマトのクール宅急便!お、これから比田勝に行くんだね!とお尻についてどんどん行けば、クロネコは集落の中に入って行って、別れた私の運転する車は行き先表示のない小さな漁港の前。

ま、まず・・・。迷ったかな・・・。あ、漁村の家の前に人がいる!

私:「すみません。道に迷ったようなんですが、比田勝方面にはどう行けばいいですか?」
親切なおじさん:「どこから来たの?」
私:「和多都美神社の方からです。」
親切なおじさん:「ここは横に入った道路で比田勝には行けないし、比田勝は逆方向だよ。」
私:「が~~~ん!」
親切なおじさん:「(庭先に干してあったこぎれいな網を手に持ちながら)この道をず~~っと戻って左に曲がって国道をまっすぐ走ればいいよ。」
私:「ありがとうございます・・・。」

時間がないのにとんだ大失態~!ロスにして30分!一ヶ所断念確定です。断念はツシマヤマネコ(対馬野生生物保護センター)か、はたまた韓国展望所か?!

<韓国展望所へ行きます!>

130820対馬2

私一人なら間違いなく対馬野生生物保護センターに国の天然記念物の対馬ヤマネコに会いに行きますが、韓夫婦は韓国展望台が気になるはずなのでそちらに向かうことにしました。それに烏帽子岳展望台をパスしていますので韓たちの為にもやはりここは行かねばならないでしょう。

大きな道路にひとたび入ればあとは問題なしです。北へ北へ車を走らせます。どれだけ走ったでしょうか、韓国展望所の看板が見えてきました。

<対馬の韓国展望所>

130820韓国展望所

展望所への山道への入口には立派な門があります。ここは山の入口!

130820韓国展望所2

山の頂上(車で近くまで行けます。)には韓国を感じさせるような展望所がありました。

130820韓国展望所3

結構、きれいな景色!韓国人に人気のスポットと聞いています。

130820韓国展望所4

ここから韓国へはわずか49.5km!しかし、この日は少々かすんでいて、残念ながら釜山は見えませんでした。残念~!

130820MAP.jpg

この場所は比田勝からも近く山登り(低い山です)が出来ることから、山登り好きな韓国の方はフェリーの帰りの時間まで対馬の街の景色を見ながらここにウォーキング&山登りしに来る韓国人もいるとのことです。

ここにいた日本人(地元の方)から、韓たちにどこから来たのかなど質問されていました。ソウルからです、などはじめ、にこやかな会話がしばらく続いていました。こんな様子を見ればうれしくなってしまいます。

<このあたりは天然記念物「ひとつばたご」の自生地!>

130820ヒトツバタゴ2

ここに来てパネルを見てわかったのですが、実はこの辺りは天然記念物のヒトツバタゴの自生地というロケーションだそうです。ヒトツバタゴ?我々にはあまり親しみのない名前ですよね。

これまたWikipediaによりますと、ヒトツバタゴはモクセイ科の落葉高木で、高さ15~20メートル。中国、台湾、朝鮮半島および日本では対馬、岐阜県東濃地方の木曽川周辺、愛知県に隔離分布する珍しい分布形態をとる(但しこれらの地域以外でも植栽の樹木の実の種が野鳥に運ばれて着床して自生している自生の樹木を山林の中で観察することができる。)そうです。

130820ヒトツバタゴ1

日本において本種は希少種のひとつであり、絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)に指定されている。天然での分布域も狭く、長野県、愛知県の木曽川流域、岐阜県東濃地方および長崎県対馬市に自生している。それぞれの県のレッドデータブックに掲載されるとともに、長野県および愛知県では絶滅危惧I類、岐阜県および長崎県では絶滅危惧II類に指定されている。長崎県対馬市上対馬町鰐浦地区には、約3000本の本種が自生しており、「鰐浦ヒトツバタゴ自生地」として国の天然記念物に指定されている。 *ヒトツバタゴの写真はWikipediaからのものです。

対馬からいきなり中部地方で自生とはちょっと変わってますね!

<江戸時代の朝鮮通信使>

130820韓国展望所6

展望所には韓国と対馬の距離などを表した地図や朝鮮通信使のパネルなどもあります。

130820韓国展望所8

朝鮮通信使か〜。昔は今の韓流スターの日本訪問に似たような人気もあったとか何かで読んだ気もします?!朝鮮通信使は江戸時代になって再開され、江戸時代には12回の朝鮮通信使があったそうですが、最初の日本への寄港地は対馬だったそうです。対馬藩が案内をしていたのだと思いますが、対馬藩内ではあちこち移動をしていたようです。

<朝鮮通信使の見た驚きのニッポン!>

130820韓国展望所7

徳川将軍家への訪問が目的でしたので、遠くは日光まで足を延ばしていたようです。Wikipediaに朝鮮通信使について面白い記述がありましたので、一部転記紹介させていただきます。

第11次朝鮮通信使では来日した金仁謙は『日東壮遊歌』に当時の日本社会の様子と自身の率直な心情を書き残した。

・大坂 -  多くの船が一斉に行き来する様は驚くばかりの壮観である。その昔、楼船で下る王濬が益州を称えた詩があるが、ここに比べてみれば間違いなく見劣りするであろう。
流れの両側には人家が軒を連ね、漆喰塗りの広い塀には鯨の背のような大きい家を金や紅でたくみに飾り立てているが、三神山の金闕銀台(きんけつぎんだい:仙人の住処のこと)とは、まことのこの地のことであろう[19]。
本願寺に向かう道の両側には人家が塀や軒をつらね、その賑わいのほどは我が国の鍾絽(チョンノ:ソウルの繁華街)の万倍も上である。

・京 - 沃野千里をなしているが、惜しんであまりあることは、この豊かな金城湯池が倭人の所有するところとなり、帝だ皇だと称し、子々孫々に伝えられていることである。この犬にも等しい輩を、みな悉く掃討し、四百里六十州を朝鮮の国土とし、朝鮮王の徳を持って、礼節の国にしたいものだ。倭王は奇異なことに何ひとつ知ることなく、兵農刑政のすべてを関白にゆだね、自らは関与せず、宮殿の草花などを愛でながら、月の半分は斎戒し、あとの半分は酒色に耽るとか。

・尾張名古屋 - その豪華壮麗なこと大坂城と変わりない。夜に入り灯火が暗く、よくは見えぬが、山川迂闊にして人口の多さ、田地の肥沃、家々の贅沢なつくり、沿路随一とも言える。中原にも見当たらないであろう。朝鮮の三京も大層立派であるが、この地に比べればさびしい限りである。人々の容姿の優れていることも 沿路随一である。わけても女人が 皆とびぬけて美しい。明星のような瞳、 朱砂の唇、白玉の歯、 蛾の眉、茅花(つばな)の手、蝉の額、氷を刻んだようであり 雪でしつらえたようでもある。趙飛燕や楊太真が万古より美女と誉れ高いが、この地で見れば色を失うのは必定。越女が天下一というが、それもまこととは思えぬほどである。
(復路にて)女人の眉目の麗しさ、倭国第一といえる、若い名武軍官らは、道の左右で見物している美人を、一人も見落とすまいと、あっちきょろきょろこっちきょろきょろ、 頭を振るのに忙しい、まるで幼児のいやいやを見ているようであった。

・江戸 - 楼閣屋敷の贅沢な造り、人々の賑わい、男女の華やかさ、城郭の整然たる様、橋や船にいたるまで、大坂城、西京(京都)より三倍は勝って見える。女人のあでやかなること 鳴護屋に匹敵する。
(将軍との謁見について)堂々たる千乗国の国使が礼冠礼服に身を整え、頭髪を剃った醜い輩に四拝するとは何たることか。(将軍家治について(著者は直接見ていない))細面で顎がとがり、気は確かなようだが、挙動に落ち着きが無く、頭をしきりに動かし、折り本をもてあそび、やたらにきょろきょろとして、泰然としたところがない。

朝鮮通信使の方々の目から見たニッポン!面白いですよね。ヒトツバタゴの自生はひょっとしたら昔の朝鮮通信使と関係があるのかもしれませんね?!

釜山から対馬比田勝ルートは昔の朝鮮通信使の気分満喫のルートです!皆さんも朝鮮通信使気分の旅の検討をなされて見てはいかがでしょうか。

さて、私のせいで貴重な時間と訪問先をロスしてしまった韓夫婦。たっぷり韓国展望所を満喫してもらったあとは、もう1カ所、最後に韓たちのどうしても押さえておきたい場所に向かいます。もちろん、よろこんで!

<MAP>

130820MAP2.jpg

「韓国展望所」
長崎県対馬市上対馬町鰐浦 TEL 0920-86-3111

クリックをお願いします~。

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(沖縄・離島) | 07:00 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和多都美神社 残念!韓国からの日帰りでは見ることの出来ない風景!見事な海中鳥居が心を惹く対馬の神代伝説の地!<韓国人夫婦と行く旅>

縄文時代後期に伝わってきたとされる原種に近いそばを用いた対州そばを食べた後は、残り時間の許す限り南下します。

約1時間かけて向かうのは今回の目的地の最南「和多都美神社わたづみじんじゃ)」です。

ここは縄文時代よりもっと古いと考えられる神様の時代、神代の伝説の地とのことなのです。

食事後に島を回ることが出来る時間は私の計算ではあと3時間40分程!

クリックをお願いします~。

<対馬ヤマネコや~い!>

130819移動1

「そういえばツシマヤマネコいないね~。」と運転しながら一人ぶつくさつぶやく私。道路脇に何かいたっ!と見ればアマサギにコサギ。アマサギ(左)は頭の茶色い部分が尼さんのようなのでそんな名前がつきました。

<向かうは島の中央「和多都美神社」>

130819移動2

車がいなくて意外と早く移動が出来ました。この時点であと3時間ほど。和多都美神社(わたつみじんじゃ)の近くの烏帽子岳(えぼしたけ)も時間があればと思うのですが、別の場所で代替がきくと思うのでこのエリアは和多都美神社に集中しよう~。

130819MAP.jpg

車は中央のグリーンのマークがある位置のすぐ近くまで南下しています。

130819移動3

国道382号線からの分岐の道を走り、きらきらと輝く海が見える坂を下れば!

<和多都美神社/対馬市豊玉町>

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)1

その先に和多都美神社がありました。車を止めて降ります。境内の白い砂利がきれい!

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)2

和多都美神社は、山幸彦・海幸彦の伝説発祥の地といわれています。いろいろ調べていたら長崎穴場スポットNAVIさんの記事がわかりやすく面白かったので抜粋転記しておきます。

竜宮伝説の発祥の地ともいわれているのが、長崎県対馬にある和多都美神社だ。この漢字でワタツミと呼ぶのだが、漢字の当てとしては海神と書いてもワタツミだ。実際に、ここに奉られている祭神様は彦火火出見尊と、豊玉姫命だ。竜宮伝説の発祥は、このふたりの神様のラブロマンすがもとになっているんだとか。この地に訪れた彦火火出見尊が豊玉姫命と三年あまり海宮ですごして結婚したのが、今日に伝わる浦島太郎の原型になったと地元では力説されているのが、まあ全国にこの手の話はいくらでもあって、実際に浦島ネタは遠く神奈川とか京都方面にもあるんだよね。でも、九州の人間としては対馬発祥説をおおいに支持しておきたい(笑)

<美しい神社に韓夫婦も満足!>

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)4

神代も現代もラブロマンスが似合いの場所かも知れませんね!なんて。実はこの韓たちの後ろが見所のひとつなのが和多都美神社。

<まるで安芸の宮島厳島神社のような海中鳥居が見所!>

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)5

韓たちの背中にあるのは神社へと続く海中鳥居。

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)6

昼間の引き潮の為、地上に土台が露出していますが、夕方~朝方までの満潮時にはおそらく幻想的な姿を現すに違いありません・・・。

<できれば和多都美神社は日帰りでなく1泊で見たい景勝>

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)7

たぶん、韓国釜山からの日帰り船の旅ではこの引き潮の景色しか見ることが出来ないのではないかと思います。1泊して夕方か明け方にここに来て幻想的な姿を見るのもよさそうです。

長崎穴場スポットNAVIさんの紹介文の続きです。

対馬はリアス式海岸の形状をしているため、非常に湾が入り組んでいる。和多都美神社はそんな湾に面した場所にあるので、ある意味で非常に神秘的だ。会場に浮かぶ鳥居や、祭神の女神像があったりと、かなり見事な景勝地である。鳥居の向こうに鳥居が見えるという構図は、瀬戸内海の厳島神社なんかと共通するものだけど、対馬はもともと山深い島であり入り組んだリアス式海岸でもあり、ものすごく自然と一体化した神社という意味では、厳島神社とは種をことにしているんじゃないだろうか。

そして、海手側から社殿のほうをみると、いかにもここがかつて竜宮城と呼ばれたように連想してしまう。対馬はもともと真珠の産地でもあり、それだけ海からのめぐみというのが大きいともいえる。たまには都会的喧騒を忘れて、こういった自然の中にある神社で、ほっと息抜きをするのも楽しい思い出になるんじゃないだろうか。

<「命婦の舞」旧8月1日にはこんなイベントも!2013年は9月5日(木)>

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)YOUTUBE

和多都美神社では毎年旧暦の8月1日には女性が舞う最古の神楽といわれる「命婦の舞」が奉納され、手漕ぎの和船による「舟ぐろう競争」、演芸、奉納相撲、餅まきなどが行われるそうです。2013年は9月5日(木)だそうです。

命婦の舞はこちらで見ることができます!(WAMtuningTsushimaさんのYou Tube/リンク

<和多都美神社でのひと時>

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)9

神社と言えば、手水(ちょうず)。

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)8

日本の神社に行けばどこでもある手水は韓夫婦にはどのように写っているのでしょうか。

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)10

相撲場。秋の神事にはここでは白熱した相撲大会も開かれます。今は静かなこの場所も大きな歓声が飛び交うのでしょうね。

<磯良恵比寿>

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)11

和多都美神社の境内脇にありました。神社の案内によれば、鱗状の亀裂が見られるこの岩は霊場として祭られています。これを磯良の墓とした伝説がありますが、これは社殿が営まれる以前の古い祭祈において霊座か、それとも御神体石だったのではないかと思われるとのことです。

<再び島の北へ戻ります!>

130819和多都美神社(わたつみじんじゃ)12

これから神社をあとに再び元来た道を走って北の方に走ります。時間はあと2時間30分ほど。時間の有効活用をして行くつもりです。しかし、ここで私の痛恨の大失態失敗!ううっ、困ります!

<MAP>

130819MAP和多都美神社

「和多都美神社(わたづみじんじゃ/わたつみじんじゃ)」
 
長崎県対馬市豊玉町仁位55 TEL 0920-58-1488 ‎

クリックをお願いします~。

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(沖縄・離島) | 07:00 | コメント:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「あがたの里」対馬の対州そば 縄文時代からの幻の蕎麦を味わう!日本蕎麦の故郷対馬<韓国人夫婦と行く旅>

ジェット船KOBEE(コビー)を降りて次に釜山行きの帰りのKOBEEに乗るまでの約6時間(実質5時間)の間に対馬を出来るだけ満喫したいところです。

まずは昼食をと言う事で、日本の麺食も大好きだという韓夫婦とともに向かうは、対馬の名物といわれる、対州そばたいしゅうそば)のお店。比田勝付近ではお隣の街の「あがたの里」で食べることが出来るとのことです。

対州そばは対馬観光協会の紹介によりますと、「日本のそばは、縄文時代後期に中国大陸から朝鮮半島を経由して伝わったとされていますが、荒地に強く水に弱いそばは、岩がちで平地の少ない対馬に適しており、「木庭作」(こばさく)と呼ばれる山の斜面を利用した粗放的な焼畑で栽培されていました。全国的にそばの品種改良が進んだ現在では、原種に近い対馬のそば(対州そば)は貴重であり、小粒で風味が強い独特の味わいは、愛好者の高い評価を受けています。」とのことです。

さらに調べればグルメマンガ「そばもん」(山本おさむ著/小学館)でも、感動的な内容ととももに対馬のそばが取り上げられているとのこと。かなり楽しみです。

クリックをお願いします~。

<比田勝港から日帰り対馬の旅のプラン作成のお供!>

130818るるぶ

対馬観光協会WEBサイト(リンク) 」では魅力的な観光スポット満載の情報が提供されています。満載の情報の絞込みにお役立ちはこれ!JTBパブリッシングの「るるぶ九州の島々」。羽田空港の書店(国際線ターミナル)などで販売してました!

130818るるぶ2

もったいない(?!)日帰り旅行には、るるぶの記事は内容も絞り込まれているので選ぶのがラク!?内容も相変わらず楽しい。皆さんも旅のお供、旅先の研究用にぜひ1冊どうぞ!

<街から少しはずれればこの景色!>

130818道

比田勝から車で移動。街を過ぎればすればすぐにこんな景色が広がります。対馬の北の玄関「比田勝(ひたかつ)」から南の玄関「厳原(いずはら)」まで慣れている人で車で2時間30分程度とのことですので厳原まで行って帰るのは断念しました。意外に島は広いのです。そこで、るるぶを参考に韓夫婦と相談して行く場所を絞り込みました。それでも全部行くのは難しいようなので、時間を見ながら行き先を再度絞り込む予定です。

<まずは、対州そば「あがたの里」に向かいます!>

130818全MAP

対馬レンタカー(比田勝)を出発したのは10時すぎ。早朝4時過ぎに食事を取っていますのでお腹もペコペコ。まずは最初にお昼ご飯を食べることにしました。車を走らせ食べに行くのはもちろん今や対馬名物となった「対州そば」です。位置関係はこんな感じ。

130818そばもん

調べればさらにそばもん ニッポン蕎麦行脚」第3巻内「新そばの季節」という章に、対馬のお蕎麦のことが取り上げられているとのことでした。さっそく第3巻を入手すれば、12月~1月にも新そばが食べられることや、縄文時代後期頃に大陸から日本へ対馬を経由して伝わってきた蕎麦が対馬では(離島であることなどから)、他の影響を受けずに原種に近い形で唯一残されているということが、涙なしでは読むことのできない感動的なストーリーに織り交ぜて展開されています。「そばもん」はお蕎麦にまつわる話や地域のお蕎麦の紹介など、蕎麦好きな日本人必見の漫画です。機会がありましたら是非ご覧になってみてください。美味しんぼのような作品で、そばに特化した内容は実に面白いですよ。

<そば道場「あがたの里」>

130818あがたの里1

対馬の北のエリアで対州そばが食べられるという、そば道場あがたの里」に到着。

130818あがたの里2

表の水車が目を引きます。しかし、この水車は飾りではなくて、

130818あがたの里4

お店の中の石臼に連結しているようです。

130818あがたの里3

あがたの里では、「そば道場」といことで、手打ち蕎麦作り教室もやっているのです。

130818あがたの里5

お店には入ったのですが、11時から営業開始と言う事で15分ほど店内で待ちます。

<おそばのメニュー>

130818あがたの里そばメニュー

他にもいろいろありますが、我々が今回食べたいのは対州そば。人気はいり焼きそば(注:焼きそばでなく)に地鶏そばらしいのですが、我々は地鶏もごぼう天ぷらも入った贅沢なスペシャルそば780円を注文しました。

<対馬の名物「対州そば」>

130818対州そば

おそばが出て来ました!

130818対州そば1

これが縄文時代に中国大陸から朝鮮半島を伝わって日本に入ってきた原種に近いと言われる地元産の蕎麦を使ったおそばとのことです。香りが高く粘りがあるのが特徴でつなぎを用いず、そば粉100%(十割そば/じゅうわりそば)で手打ちするのが対馬流とか。縄文時代からの原種に近い幻のおそば体験が出来るなんて最高~。

130818対州そば2

対馬の地鶏!地鶏とたっぷりの野菜を具材とする寄せ鍋の一種といわれるいりやきで味付けされているので美味しいのです。

130818対州そば3

つゆは、魚の出汁に鶏の出汁が効いたお味。これもいりやき風なのかな。でも全然悪くないです!実は長崎と言うことで、バリバリのトビウオ出汁かなと(勝手に)思っていたのですが、そうではなかったです。

130818対州そば4

どんぶりの柄の対馬ヤマネコがかわいい!対馬の味わいにお腹がいっぱいのボリューム!

130818あがたの里6

麺キチとして、とてもいい食の経験ができました。韓も満足のようでした。いたるところで美味しい地場の麺が味わえる楽しさ!日本に生まれてよかったです。比田勝付近でのお食事に是非どうぞ!

<MAP>

130818MAP.jpg

そば道場「あがたの里」
長崎県対馬市上県町佐須奈甲565 TEL 0920-84-2340
・比田勝港から車などで。対馬北警察署前三叉路付近。

クリックをお願いします~。

<ランキング応援のお願い>

今日も熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(沖縄・離島) | 00:00 | コメント:12 | trackbacks:0 | TOP↑

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>