ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 2014-06- | もっと見る | 2014-08- >>

| もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

JRイン札幌 ロフテー社の快眠枕が選べるこぎれいな札幌駅すぐのホテル!

ホテルに着いたのは22時30分前。かなり遅めのチェックインとなりました。

今夜の宿は、ビジネスホテルの「JRイン札幌」です。

今回ここを選んだのは駅からとても近くてこぎれいとのことです。いろんな札幌のスポットにも近くて快適なら言うことなしですよね。また女性には特別なアメニティもいただけるようです。

JRイン札幌は値段もお手ごろに楽しみたいという方にピッタリなホテルだと思います。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<JRイン札幌は札幌駅から徒歩すぐの好立地!>

140731JRイン外観

JRイン札幌は駅前のヨドバシカメラからもすぐ!(ヨドバシが目印だったりします。^^) また京王プラザホテルなどの有名ホテル群よりもさらに駅に近くて便利。新千歳空港からの移動にもとても便利だと思います。

140731JRイン外観2

それでは中に入ります。

140731JRインフロント1

チェックインします。ちなみにチェックイン後の夜間24時~6時の間の出入りはお部屋キーで。

<1Fの施設も充実>

140731JRインラウンジ

雑誌、新聞の閲覧サービスもあります。

140731JRインビジネスルーム

ビジネスルーム。

140731JRイン朝食の場所

広いビジネスラウンジもあって便利!ここでは朝、簡単なプチ朝食が無料でいただけるそうです。たぶん、パンとコーヒーかな?!でも朝食べない人にはちょうどいいですね。

<ロフテー社の枕が選べる!>

140731JRインマクラルーム?!

そして右の棚に並ぶのは・・・。

140731JRインマクラルーム2

そう、枕~!快眠枕で有名なロフテー社の枕がずらっと並びます。もっと快適に眠りたいときは中の材質や固さ、厚さなどお好みの物を探してみてね!私が行ったときも女の子たちが枕を選んでいました。

<客室フロア>

140731JRイン客室フロア2

今回の宿泊は2階!

140731JRイン客室フロアガイド

部屋の配置はこんな感じです。

<シングルベッドルーム>

140731JRイン客室1

部屋の灯りはウォームな光のホテルが多い中、クールな蛍光色。

140731JRイン客室2

部屋は本当にこぎれいな感じ。

140731JRイン客室まくら

自慢のまくら!^^

140731JRイン客室4

2階なのに景色もまずまず。

140731JRイン客室備品

携帯電話の充電コードが備品で置かれていました。

140731JRイン客室備品案内

その他の備品もわかりやすく書かれています。これってとてもありがたいですね!

140731JRイン客室3

バスルーム。

<目の前にはサンクスもあって便利!>

140731JRイン向かいはサンクス

駅前だから何でもアリで便利ですが、やっぱり目の前にコンビニがあれば言うことナシ!

140731JRインサンクス購入品

札幌限定品を探し出して買っておきました。「ガラナ」に「きらら十勝カマンベールチーズあられ」。でもこのチーズあられって、北海道以外でも売っていたのですね・・・。

<驚きのチェックアウトタイム・・・。>

140731JRイン出発

一応、JRイン札幌のチェックアウトタイムは10時なのですが、私のチェックアウトしたのは午前3:00・・・。(正確には午前というか深夜2時55分・・・。TT) 楽しみなプチ朝食サービスも取ることもなくホテルを去ります・・・。

どうして?どうしてなの~? 続きます・・・。

<MAP>

140731JRイン札幌MAP

「JRイン札幌」
北海道札幌市中央区北五条西6-1  TEL 011-233-3008
・ チェックイン16:00 チェックアウト10:00
・ JR札幌駅西改札口などから徒歩。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(北海道) | 20:30 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

サッポロビール園 丸いジンギスカン肉の秘密?!やっぱり美味しい札幌名物

札幌でビールと言えば、サッポロビール園!そして、オトコはだまってサッポロビール。喉越しがたまらない!

ビールが進む味と言えば、やっぱり、丸いお肉の焼き肉「ジンギスカン」!札幌に来たならば必ず食べねばいけない焼肉料理です。(私的には^^;)

札幌での宿泊は今夜1泊だけなので、この日食べなきゃ食べるときがナイ!ナイ!?

小樽から札幌に車を走らせますが、サッポロビール園のラストオーダーは21時30分(閉園は22時00分)!なので、21時30分までに入らなきゃいけないってことです。

はたして間に合うのでしょうか・・・。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<車を駐車場に止めサッポロビール園のホールに向かいます>

140730サッポロビール園

21時20分になんとかビール園に到着~!いかにも北海道っぽい建物に釘付けです。しかし、私が建物に気を取られているうちに、砂時計さんは駐車場からダッシュで21時30前に入園の手続きに行ってしまいました(座席確保ってことです。)・・・。

ご存知の方も多いと思いますが、とにかくサッポロビール園は広い!屋外ガーデングリルに、たくさんの屋内ホールがあるのです。そんなサッポロビール園の暗闇の中に砂時計さんは消え去って行きました・・・。携帯電話は車の中に置いて来ているし、ガーデンやホールを尋ねても砂時計さんの姿が見えません・・・。

どうしよう・・・。仕方がないから写真でももう少し撮っておこう~~~。

<無事、発見していただきました・・・。>

140730サッポロビール園フロア

韓国ドラマではこのように生き別れて、偶然に数年後に会うときはすっかり素敵な男子や女子になってお互いに顔を見てもわからないというパターンもありますよね・・・?!

15分ほどして、その辺をうろつく私を砂時計さんに無事発見していただきました・・・。なんと砂時計さんが席をキープしていたのは、団体貸切りと書かれた紙が入口に張ってあったジンギスカンホールの地階のポプラ館(たぶん)。会が済んで開放されたのかも知れませんね。それにしてももう少しで一生会うことができなかったところでした・・・。^^;

140730サッポロビール園フロア2

まあとにかく再開できてよかったです。それにしても閉店前でどんどん、お客さんが帰って行きます・・・。

<これは何たること!ジンギスカンが丸くないっ!>

140730サッポロビール園ジンギスカン

ここは地元の砂時計さんがおススメを注文してくださいました。しかし・・・。

私:「あ~~~っ!これは何?!お肉が丸くないっ!」
砂:「これは生のジンギスカンのお肉です。丸いものより美味しいですよ。」

140730サッポロビール園メニュー

メニューを見れば、生ラムジンギスカンに、丸いのはトラディショナルジンギスカンとあります。砂時計さんの話からすれば丸いのは冷凍肉で美味しくないってことなのに、値段が同じ・・・。美味い肉の野菜焼きセットが160gで、まずい冷凍スライス肉の野菜焼きセットが150gで税込み値段が1760円と同じ・・・。

これはお肉の世界の価格下克上・・・。ってこと?!なんか納得できないな~~~。

<なぜ、おなじみのジンギスカン肉は丸いのか?ということで調べてみました>

140730丸いジンギスカン

するとYahoo!知恵袋にありました。

Q:「ジンギスカンのラム肉はなぜ丸い形をしているのでしょうか? 」
A:「細切れの肉を筒の中に入れて冷凍し、それで出来た肉の棒を薄くスライスするのです。そうすると丸く寄せ集められた薄切り肉が出来るのです。ですから肉屋さんの冷蔵庫には、大きな筒状のラム肉が入っているのです。」

とありました。どうも昔は無駄が出ないように工夫していたようです。ということは今は余計な手間をかけるだけ費用がかかっているということでしょうか?!今どきは丸いのはいかにもマトン肉感バリバリのツウの味ということなのでしょうか?!

<ノンアルコールビールで乾杯~!>

140730サッポロビール園ノンアルコールビール

今日は車で来ているし、この後もホテルまで送っていただきますので、仲良くサッポロプレミアムノンアルコールビールでかんぱ~い!

う~ん、充実したお疲れの一日の後のノンアルコールビールが、やっぱり、美味しい~~~!ってこともなくフツーにノンアルコールビールのお味・・・。ビール園でこれはいかんともしがたいですがまあこれも貴重な経験です!

<生ラムジンギスカンが旨い!>

140730サッポロビール園焼き1

冷凍に比べ、臭みの少ない(気がする)生ラムジンギスカン焼肉。

Wikipediaによりますと、起源については、俗説で「かつてモンゴル帝国を率いたジンギスカン(チンギス・カン)が遠征の陣中で兵士のために作らせた」と説明される場合もあるそうです。また、ジンギスカンという料理の命名は、源義経が北海道を経由してモンゴルに渡ってジンギスカンとなったという伝説(義経=ジンギスカン説)から想起したものであるとも言われたりしていますが、実際にはモンゴルの料理とはかけ離れているそうです!?

140730サッポロビール園焼き2

野菜も一緒に焼いていい香り~。考えればこれが普通の肉の形だよね・・・。^^;

ジンギスカン鍋の起源は中国にあると記載する文献があり、日本軍の旧満州(現中国東北部)への進出などを機に、満州で食べられていた清真料理の「烤羊肉」(カオヤンロウ、kǎoyángròu)という羊肉料理が日本でアレンジされ、現在のような形式となったものとみられるとのこと。

ふむふむ。

140730サッポロビール園焼き3

それではいただきます~!特製にタレにつけて食べればこれがノンアルコールビールが進む味~?!思わずラストオーダーが過ぎたあとでも特別に2本もおかわりしてしまいました~~。

このジンギスカンは2004年10月22日には北海道遺産の一つに、2007年12月18日には農林水産省の主催で選定された農山漁村の郷土料理百選で北海道の郷土料理の一つに選出されているとのことです。

<やっぱり札幌といえば!>

140730サッポロビール園3

やっぱり、札幌といえばのお味のジンギスカン焼肉です。わずか30分の間でしたがとても楽しめました!ちなみにサッポロビール園のジンギスカンは、2013年北海道の美味しいジンギスカンのお店ベスト10ランキングの第4位選出です。 参考:http://www.rankingshare.jp/rank/zlfczzxsjn

140730サッポロビール園2

皆さんも札幌に来たときはサッポロビールとジンギスカンを忘れずに~~。

<MAP>

140730サッポロビール園MAP

「サッポロビール園」
札幌市東区北7条東9丁目2-10  TEL 0120-150-550(サッポロビール園総合予約センター)
・ 営業時間 11:30~22:00 (ラストオーダー21:30) 年中無休(12月31日は除く)
・ JR札幌駅からバスやタクシーなどで。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(北海道) | 23:30 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

小樽運河 絵のような夜景満喫!でも、こんなんだっけ?!

夕暮れ時に小樽運河にやってきました。ここ小樽運河にやってきたのはこれで2回目です。

最初の北海道旅行のときに札幌で手配した日帰り余市・小樽ツアーで訪れたのです。私の訪れた小樽運河は運河をはさんだレンガ造りの倉庫が印象的で、とても感動した記憶があります・・・。

ここは人にもススメたいし、また来たいと思っていました。前回は昼間に来ていたので小樽に来たという事もあり、ここの夜景を見たいと立ち寄ることにしたのです。

しかし、いったいどのくらい前に小樽運河にやってきたのでしょうか・・・。私の記憶の小樽運河とは何かが違うような・・・。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<車を駐車場に止め小樽運河に向かいます>

140729小樽運河1

空が秒きざみに少しずつ暗くなって来ています。駐車場探しを兼ね運河の辺りを1周したあと近隣の駐車場に車を止めました。この道路を渡れば目の前は小樽運河です。私は相当以前に来たのですが、こんなきれいで幅の広い通行量の多い道路があったかな?という感じです。

<小樽運河といえばガス灯がいいアクセント>

140729小樽運河3

小樽市の案内によれば、小樽港は北海道開拓の玄関口として発展し、当時は、大きな船を沖に泊め、はしけ(台船)を使って荷揚げしていましたが、取り扱う荷量が多くなり、はしけが直接倉庫の近くまで入って行ける水路として「小樽運河」を作ったとのことです。小樽運河は、大正12年(1923年)に完成し、 内陸を掘り込んだ運河ではなく、海岸の沖合いを埋立てて造られたため、直線ではなく緩やかに湾曲しているのが特徴となっているようです。

<小樽運河>

140729小樽運河2

う~ん、私の記憶の小樽運河とはやっぱり何かが違う・・・。以前はレンガ造りの建物がもっと存在感があったような気がするのですが・・・。辺りがこぎれいになりすぎたせいかな。質素な感じが薄れたかな?!違和感を持って少し歩きます・・・。

140729小樽運河6

またまた案内からです。しかし、時代が変わり戦後になると、港の埠頭(ふとう)岸壁の整備により、その使命は終わりを告げることとなりました。昭和61年、運河は、十数年に及んだ埋立てを巡る論争の末に一部を埋立て、幅の半分が道路となり、散策路や街園が整備された現在の姿に生まれ変わりました。運河の全長は1140mで、幅は道道臨港線に沿った部分は20m、北部(通称:北運河)は当初のまま40mとなっています。

散策路には63基のガス灯が設置され、運河沿いの石造倉庫群は当時の姿のまま残されておりレストランなどに再利用されています。夕暮れ時には、ガス灯がともるとともに石造倉庫群がライトアップされ、昼間とは違った雰囲気を演出しています。

<すっかり辺りが暗くなりました>

140729小樽運河10

運河の途中の橋の上まで歩いてきました。振り返る小樽運河の景色は違和感があるものの、夜景がとてもきれいです。きっと夜景がきれいで、期待していた古ぼけた感が少なかったのかも知れませんんね・・・。

140729小樽運河8

大正から昭和の初期はさぞかし賑わっていたことでしょうね。

140729小樽運河9

それでも、今も昔も人気のスポットだし、絵に描いたような小樽運河の景色に吸い込まれるような気分の私がそこにいました・・・。

<また来なくっちゃね!>

140729小樽運河7

これで大丈夫、気持ちの整理もつきました!?また新しい小樽運河の景色が私の記憶にインプットされました。次回は雪の小樽運河に来てみたくて仕方がありません。

<MAP>

140729小樽運河MAP

「小樽運河」
北海道小樽市色内1丁目  TEL 0134-32-4111(道案内)
・小樽駅から徒歩約11分程度です。近隣に駐車場がいくつかあります。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(北海道) | 23:30 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和楽小樽店 大正時代の小樽石蔵で道産ネタ満載寿司

小樽といえば古いレンガの倉庫を思い出す人も多いのではないでしょうか。

特に小樽は札幌からも近く、小樽運河散策が観光のスポットとあってして訪れる人も多い人気のエリアのひとつです。

そんな小樽の小樽運河から歩いてすぐのところにある道産をメインとした選りすぐりのネタがいっぱいの回転寿司のお店「和楽小樽店わらくおたるてん)」に小腹を満たしにやってきました。

今回の北海道旅行で初めての現地での食事となります。かなり期待しています!

ランキングぽちっとお願いします~^^

<和楽小樽店 (わらくおたるてん)>

140727和楽店頭

和楽 (わらく)の本店は札幌ですが、この小樽店はレンガ造りの街ということもあって、お店の案内ではこんな紹介も!

和楽小樽店は、小樽観光の中心部である小樽運河から徒歩数分の場所にあります。昼夜を問わず多くの観光客の方々や地元小樽の方々にもご好評をいただいております。大正8年頃に建造された歴史的にも古い石蔵を改装した店内は、高い天井と大きく明るい窓で、気持ちよくお食事をしていただけます。小樽前浜産の新鮮なネタを毎日仕入れ、皆様のご来店をお待ちしております。小樽訪問の際にはぜひお立ち寄りください。

夜の小樽レンガと合わせたお店のライトアップもきれいです。

140728和楽のれん

このお店は地元砂時計さんのおススメのお寿司屋さんのひとつです。ではお店に入ります。

<和楽小樽店 店内>

140728和楽店内2

石蔵を改装した店内はモダンでとてもきれいです!

140728和楽店内

北海道産のネタもいっぱい!もちろん日本の産地の新鮮なネタも取り揃えます。

<新鮮で美味しいにぎり!>

140728和楽おすし6

えんがわ炙りが流れていきます~。もちろんカウンター越しの注文もOKです。(紙に注文を書いて渡す方式)

140728和楽おすし4

天然ひらめ (北海道産)。高級感溢れるうっすらピンク色が生唾もの。ネタもいいし、寿司飯も好みのお味。*注:以下、写真は全て2人前(2皿分)です。

140728和楽おすし3

上ほたて (北海道産)。くうっ~~~、たまらない。^^

140728和楽おすし5

生アジ (佐賀産)も負けていませんよ~。

140728和楽おすし2

ほっき貝は根室産!歯ごたえ抜群!

140728和楽おすし1

W北海道産!ひらめの昆布〆で〆。^^; あ~、美味しかった!さすが北の味覚でした。

美味しい回転すしのお店が郊外にあることが多い札幌・小樽エリアですが、ここは観光スポットからもすぐ!小樽運河に来たら和楽小樽店でのお食事もなかなかいいのではないかと思います。

<MAP>

140728和楽MAP

「和楽(わらく)小樽店」
小樽市堺町3-1   TEL 0134-24-0011
・ 営業時間:11:00~22:00 (ラストオーダー:21:30)
・ 小樽運河近く。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(北海道) | 23:30 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

忍路湾(オショロわん) 小樽の水平線に沈む夕陽のスポット

到着したのは、新千歳空港。今回の旅の目的は写真を楽しむことです。(いつもと同じといわれればその通りではありますが・・・。^^;)

以前、冬の釧路に出かけた時に透き通るような夕暮れ時の吸い込まれそうな景色を見て以来、北海道で思いっきり写真撮影の旅をしたいと思っていたのです。そして今回はそんな私の願いを叶えてくれる心強い味方もいて楽しくなりそう。

天気予報では晴れのはずだったのですが、空は微妙に雲が出てきました。天気が悪ければ悪いなりに、普通では見ることのないような風景を見れるというものです。

行程はまたも「郷に入れば郷に従え」でお任せしています~!?^^;

ランキングぽちっとお願いします~^^

<新千歳空港に到着です!>

140727新千歳空港

到着したのは北海道、新千歳空港~!その昔、野鳥撮影をやっていた頃は北海道1周の野鳥撮影旅行というのを真剣に考えていた時期もありました。野鳥写真はある事情で止めることになりましたが、普通に日本や韓国の風景写真などを撮るのが今はとても楽しいのです。

140727おせわになります!

今回の心強い味方は札幌にお住まいの砂時計さん。砂時計さんもきれいな写真を撮るためにいつも燃えていらっしゃって、なかなか楽しくなりそうです。

今回はこちらの車であちこち案内していただけることになりました。地元ならではのとっておきの場所があるようです。そんなこともあって行き先はもちろんお任せです?!

<新千歳~札幌~小樽>

140727移動

今回はよろしくお願いしま~す!車は新千歳空港から札幌で少し寄り道をしてから小樽に向かいます。

私:「あれ、北海道ってどこでもまっ平らな平原が続いているわけじゃないんですね・・・。」
砂:「釧路の方に前回行かれたのですよね。あちらの方はそんな景色が多いですが、そんな場所ばかりではありません。」

140727移動2

私が札幌に旅行に来たのはもう何年も昔のこと・・・。記憶がいろいろ妙につながっていてハチャメチャになっているような・・・。

<車は小樽市の忍路(オショロ)へ!>

140727忍路神社

車は小樽の夕陽が湾の水平線に沈む様子がとてもきれいな撮影スポットであるという、忍路漁港に向かいます。それにしても、「オショロ」って・・・。これってどうもアイヌ語っぽい。忍路(オショロ)はアイヌ語の「オショロ・コッ」(尻のような窪み)に由来するとか?!

いよいよ、忍路漁港に到着。大漁旗が道路に架かります。

<忍路漁港・忍路湾>

140727忍路漁港11

忍路湾にある忍路漁港は湾の入り江にあるとてもこじんまりとした所でした。それでも昔はニシン漁などで沸きに沸いた時期もあったようです。

<現場には鳥がいっぱいいた!>

140727忍路漁港7

空を覆いつくしそうな鳥の群れ・・・。

140727忍路漁港2

ウミウ。

140727忍路漁港8

カモメ。

<漁船が出て行きます!>

140727忍路漁港3

夕陽が沈む時間までもう少し。時間と雲が流れるのを祈るように待ちます・・・。そのとき、何人かの漁師さんたちがひとつの船に相乗りして船を動かし始めました。

140727忍路漁港4

大漁であることをお祈りいたします・・・。

<で、肝心の夕陽は?!>

140727忍路漁港9

この陸地と陸地の間にすっぽりと収まるように大きくて真ん丸い夕陽が落ちていく予定だったのですが、水平線方向には雲がどっぷりと・・・。わずかな切れ目からの夕陽の沈みも期待したのですが・・・。

140727忍路漁港6

残念・・・。しかし、夕陽のオレンジが海に落ちるのを撮ることができてよかったです!

<MAP>

140727忍路漁港MAP

「忍路湾(オショロわん)・忍路漁港(オショロぎょこう)/小樽市」
北海道小樽市忍路1
・札幌中心部から車で49km、約50分(高速道路利用)
・小樽市内から車で12km、約20分(一般道)

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 日本の旅(北海道) | 23:30 | コメント:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ANAの空の旅が楽しい!!これって有料機内食ってことですよね^^

羽田空港第2ターミナルの57番ゲートから、ANA機に乗り込んだ私。

この時期の空はどんよりする日も多く、気分もグレー?!

特に機内でのサービスも楽しみなこともなくのほほんと過ごしていたのですが、座席の前のポケットに入っていた冊子に目が輝きました!

これって有料だけど機内食ってことですよね?

ランキングぽちっとお願いします~^^

<出発の時の東京羽田は雨雲に覆われていました・・・。>

140727ANAの2

実は今回の旅は、ある目的があってとっても楽しみな旅なのです。なのにこの天気ではちと困ります・・・。

<日本国中がすっぽり雨雲に覆われている~!>

140727ANAの11

ANA機はしばらくして離陸。進行とともに機体は雲の上に抜けました。ひゃあ!これじゃ日本国中、雨雲にすっぽり覆われている感じです。平行飛行する飛行機を発見!どれだけ雨雲の広がりがすごいことか・・・。

<ANA機内サービス>

140727ANAの1

機内サービスタイムです。

140727ANAの4

こだわりのANAコーヒー。お砂糖はなんとフロストシュガー。^^

<ANA My Choice>

140727ANAの5

座席ポケットに冊子を発見~!ANA My Choice の7月号?!何これ?!中には7月限定のスナック菓子やお菓子、ビールの案内が出ていました。

140727ANAの16

機内で機内サービスの飲み物と楽しんで欲しいらしいのです。お菓子にオススメのセットドリンクが書いてあります・・・。っていうことはこれって、有料の機内食ってこと~?!

140727ANAの6

どれもこれも私には珍しいものばかり。

秋田県の自慢のお米「あきたこまち」を100%使用したというANAオリジナルパッケージ「青豆のあきたこまちクラッカー/4枚入」。お米の粒が残るサクサクのクラッカー。炊き上げたご飯を米油で軽く揚げ香りよい秋田の青豆パウダーとあわせて上品に仕上げたもの。1箱300円!オススメドリンクはコンソメスープ。

広島からはANAオリジナルパッケージ「安芸津じゃがっく/2袋入」!広島安芸津で栽培されたじゃがいもと瀬戸の海から生まれた呉・浦刈の藻塩。そして独自のフライ製法で仕上げたじゃがいも本来の美味しさが堪能できます。300円。オススメドリンクはコンソメスープ。

そして沖縄からはANAオリジナルパッケージ「芋人いもんちゅ)/3袋入」。沖縄産紅芋を固めて焼き上げたようなカリカリ食感のスナックはおやつやおつまみにピッタリ。沖縄県限定発売のおみやげを機内でも期間限定でお楽しみいただけます。300円。

140727ANAの7

どれもこれも素晴らしい貴重な一品!食べるなんてもったいない?!で、機内で食べないで、お土産に持って行くことにしました・・・。

<こちらをお選びくださいと・・・。>

140727ANAの8

またいいお土産ができたと喜んでいれば、客室乗務員のお姉さんが私にこれを3個選んでくださいとのことです・・・。

140727ANAの10

なになに?!なんと6月~7月末までANA×AKB48コラボ企画で、機内販売品1個購入で1個のマグネットがもらえるとのことです。10種類のマグネットがあるのですが、どれかは封を開けてのお楽しみ。

140727ANAの9

で、開けてみたら入っていたのはコレ。AKBのメンバーがANA客室乗務員さんの制服を着て登場。ファンには貴重なグッズでしょうね・・・。はっ!まさか私、乗務員さんにAKBファンだと思われてしまっている・・・?!^^;

<厚い雲がだんだんなくなってきました>

140727ANAの12

どれだけ時間がたったでしょうか。もうそろそろで着陸の時間のようですが、窓の景色を眺めていれば、雲が急に薄くなってきています。

140727ANAの13

雲がほとんどなくなってきました。窓の外にはちょっと日本離れしたような景色が広がります。

<ここはどこ?!>

140727ANAの14

ANA機は無事目的地に到着です。

140727ANAの15

大きなエアポートターミナルですね。それにしてもここはどこ?!

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 空の旅(国際線機内食) | 12:30 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

羽田空港第2ターミナル エアポートラウンジ【北ピア】でひと休み!

四国から帰ってきたと思えばまたまた新しい旅に出発です。

今回の旅は羽田空港第2ターミナル(ANAなどがメイン使用)を利用です。東京からは私1人の旅立ちですので下克上の特別ラウンジもなく、所有のゴールドカードが利用できるラウンジを探します。

どこにあるかな?搭乗口の近くにエアポートラウンジ【北ピア】がありましたので、こちらを利用することにしました。

それにしてもずいぶん高い場所にあるのですね!

ランキングぽちっとお願いします~^^

<羽田空港国内線第2ターミナル>

140726羽田1

今回の利用はANA!

140726羽田2

ここで場所&期間限定のお土産を買いました。(んんっ?誰用??)

140726羽田4

搭乗口に向かいます。ボーイング787だ~。そういえば最近はトラブルの話を聞かなくなりましたよね!

<羽田空港第2ターミナル エアポートラウンジ【北ピア】 (Airport lounge North Piar)>

140726羽田5

広い羽田空港の端の方までやってきました。乗り場が遠いのですが、ゴールドカードラウンジがその近くにあるのはうれしいところ。ただ、搭乗口が2Fなのにラウンジの場所が4Fというのはちと面倒~。

140726羽田6

体の不自由な人がたどり着くにはちと不便かな。今回は所有のDCゴールドカード以外にも楽天のプレミアムカードも使えるので楽天で入ります。

140726羽田7

受付を済ませ、中の様子を拝見~。

140726羽田16

円形状のラウンジで、ソファーでもくつろげますし、

140726羽田10

窓辺のカウンター席もあります。ただし、カウンター席は数がとても少ないので注意が必要です。

<提供のお飲み物には牛乳も!>

140726羽田11

お飲み物は無料で種類もあって選べます(牛乳あり)。

140726羽田9

アルコールはビールなどが有料です。

<ビジネス用のサポート体制が充実>

140726羽田8

ビジネスセンターがあったり、

140726羽田15

プリンター(有料)などもあってこれなら万一の際も便利そうです。

<疲れたときにもうれしい!>

140726羽田14

旅をしたときや展示会などあったときは一日中歩き回るのですごく疲れます。これがあればうれしいですね!

<今度はどこに行くの?!>

140726羽田16

今度はどこに行くのって? 蒸し暑い東京から旅立って向かうは・・・。

140726羽田3

もちろん、目指すは海の外!さていったいどこに向かうのでしょうか?これから新しい旅のシリーズが始まります。お楽しみに!

<エアポートラウンジ【北ピア】のMAP>

140726羽田13

「羽田空港第2ターミナル エアポートラウンジ【北ピア】(Airport lounge North Piar)」・営業時間 06:00~21:30
・羽田空港第2ターミナル57、58番GATE付近4F

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 空の旅(国内空港・ラウンジ) | 23:30 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| もっと見る | 前の記事 >>