ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 2015-08- | もっと見る | 2015-10- >>

| もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

サムディダス 便所スリッパでソウルの街を歩く少女・・・。

サムディダス・・・。それは三本線が入った韓国人たちに愛される黒いサンダルのようなスリッパ。

元はアディダスのサンダルのようなのですが、韓国人のツボにはまったのか、コピー品、通称サムディダスとして大人気!

いまやすっかり韓国人たちの生活に溶け込んで、学校の室内履きとしても公認されているところが多いとか・・・。

日本人の私からすれば、いつ見ても便所スリッパに見えて仕方がありません~。^ ^;

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ソウル市内>

150929サンダル少女

街を行けば・・・。あ!韓国スリッパ履きサムヂダスの女子高生。久しぶりに見ました。

150929サンダル少女2

学校では室内履きとして指定されていますが、履きっぱなしで通学時にもそのままという反抗期の生徒もいたりします・・・。

<こちらは本家アディダス>

150929アデイダス

韓国で今も市販される本家アディダスのもの。おおよその販売価格40,000ウォンから50,000ウォンのモデル。高いモデルは100,000ウォンを超えます。

<サムディダスは学校公認室内履き!>

150929サムディダス

こちらは韓国人たちに愛される身の周り品、三本ラインの3でサム、それでサムディダスと普通に呼ばれています。ネットショッピングでも삼디다스 (サムディダス)で簡単に検索されます。ちなみに、아디다스 삼디다스(アディダス サムディダス)と引けば、本家のサンダルが出てきたりします・・・。TT

以前は黒ばかりだったのですが、数年前からカラーバージョンの可愛いのも出たりしています。市販価格はアディダスの約1/10くらい。3,000〜4,000ウォン台が多いのではないかと思います。写真は100%韓国製というスクールスリッパ。

街の靴店などで可愛いと買って帰る日本人もいくらかいるようです。街で見つけたら気になる方はどうぞ!^^

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国の街で見かけたコトモノ | 06:30 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

悩みがあるの・・・? 思わず泣けてくる漢江大橋の手すりの女の子・・・。

韓国生活中、苦しくてずいぶん悩んでいる韓国人を何人も見てきました・・・。明らかに己の思慮深さのなさからから始まっていることも多く、国民性を感じることもしばしば・・・。

また、人を平気で裏切ったり、裏切られたり、借りたお金は返さない、だまされて結果的に取立てに追われたり、計画性のなさから自己破産したり、お金のトラブルが異常に多いと感じます。

一方で、あれだけ結婚しようと言ってくれていた人が自分と別れた瞬間に別の人とすぐに結婚してしまった人がいたりと人との関係に悩んでしまっている人もいました。学校でのいじめも多く、それも激しいとか聞きます・・・。

とにかく悩みの多さも半端ない国民性にも感じます。そんなことからも自らをあやめる人も多いと聞きます・・・。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<漢江大橋>

150928漢江5

麻浦大橋や漢江大橋は花火のスポットでもありますが、飛び降り自殺の多い場所でも有名なようです。

150928漢江6

1km以上の川幅を持つ漢江ですので、服を着たまま飛び込めば川の流れもゆるいことから対岸に泳ぎ着くのはなかなか困難なことかとも思われます。

<見ているだけで泣けてくる・・・>

150928漢江1

先日、こんな手すりのメッセージを見ました。学生さんの自殺も多いのでしょうか・・・。このかわいいイラストの女の子を見ているだけでも悲しくなってしまいます・・・。

150928漢江2

悩みがあるの?

150928漢江3

さあ、あなたの話を

150928漢江4

一度してみて・・・。自殺を思いとどまるようなメッセージが続きます・・・。

若い命を捨て、落ちていく瞬間、どんな思いが頭の中をめぐり続けているのでしょうか・・・。せっかく与えてもらった命・・・。つらいことがあれば人に話を聞いてもらうなどして、思いとどまって欲しいものです・・・・。

150923花火大会

いよいよ今週土曜日末にせまった、2015年10月3日(土)のソウル漢江の花火大会はここで命を絶った人々の鎮魂の花火大会にもなることでしょう・・・。 *花火の写真は韓国観光公社さんのものです。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国の街で見かけたコトモノ | 06:00 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ピアノ階段 楽しくなってしまう明洞・市庁エリアの隠れスポットはこちらです!?<乙支路入口>

ソウル地下鉄2号線「乙支路入口(ウルチロイック)」駅から市庁方面に向かえば思わず行ったり来たりしたくなるスポットがありました。

それが「ピアノ階段피아노 계단 )!

そんなに人通りが多くない通りですが、ここにこういったものの設置を考えるなんて大したものだと思います。

早速私も行ったり来たり~~。^ ^

ランキングぽちっとお願いします~^^

<私は「ピアノ階段」?!>

150927ピアノ階段2

階地下鉄2号線「乙支路入口」から市庁方面へ歩いていたら・・・。段の上から人が降りてきました!

150927ピアノ階段3

すると、階段が白く光って音がします!

150927ピアノ階段1

上る人にも反応。おおすごい、すご~い!

<私もやってみた!>



って、私もやってみました。ピアノできる人だと数人で協力すれば間違いなく曲が弾けそう~~!?(YouTube/43秒)

150927ピアノ階段出たらソウル市庁舎

ピアノ通りはなくなりましたが、ピアノ階段がこんなところで体験できます。

<ピアノ階段はこちら!>

150927ピアノ階段MAP

こちら付近で体験できます。ソウルの隠れたスポット。気になる方はどうぞ!?^^;

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 観光地(ソウル) | 05:00 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

韓国手土産 金の斧ならぬ金の箱、欲しいのはどっち? え〜、そっちがいいの〜?!

「金の斧(きんのおの) 以下、Wikipediaより。

「金の斧」は、斧をなくしたきこりを主人公とするイソップ寓話のひとつ。教訓は「神は正直な者を助け、不正直な者には罰を与える。」です。

あるきこりが川辺で木を切っていたが、手を滑らせて斧を川に落としてしまう。困り果て嘆いていると、金の斧を拾ってきた神が落としたのはこの金の斧かと尋ねた。きこりが違うと答えると、次に銀の斧を差し出したが、きこりはそれも違うと答えた。最後に失くした鉄の斧を拾ってくると、きこりはそれだと答えた。 神はきこりの正直に感心して、三本すべてをきこりに与えた。

それを知った別のきこりは、わざと斧を川に落とした。神が金の斧を拾って同じように尋ねると、そのきこりはそれが自分の斧だと答えた。神は呆れて何も渡さずに去り、恥知らずなきこりは自分の斧を失った。

で、今日は韓国で先日あった「金の箱」というお話。^ ^

ランキングぽちっとお願いします~^^

<GODIVAの金の箱>

150924ゴディバ

私が韓国に住んでいた時はネット販売か免税店のみでしか、購入出来なかったゴディバチョコレート。今やアックジョン洞、明洞、三清洞などでお店が急拡大で随分と便利になりました。

旅のついでに久しぶりにソウルの事務所に立ち寄りました。手土産その1は、韓国調達ですが、ゴディバチョコの金の箱。どうぞ、これ食べてと韓国人事務員さん2人にそれぞれプレゼント。

「ありがとうございます。」との返事も日本女子とは明らかに異なるイマイチわかってない感じ・・・。TT

<正官庄の金の箱>

150924ホンサン

韓国の方からのいただきものですが、特に必要なものでもないし、こちらも女子事務員に配る事にした瞬間・・・。

「えっ!こんなものいただけるのですか?!本当にいただいていいのですか、ありがとうございます(ハイテンション)!」今は特に口にしないからいいよ、と返したものの、この目の輝きの差は何だと言いたいです。TT

150924ホンサン2

中の袋に液体の高麗人参エキスが入っている韓国人参公社の正官庄ブランドの人気の一品。あまりの正直な反応の差に、それならお土産は正官庄の金の箱だけにして、GODIVAの金の箱を返してくれと思わず言いたい気分です〜。当然、今後、GODIVAの手土産はありません・・・。韓国では正直な人はもらいが少ないようで。^ ^;

教訓:韓国では高麗人参はスペシャルな贈り物となりえる。現地調達のときに悩んだら高麗人参です。それも間違いなく、正官庄ブランドが最も喜ばれます。ご参考まで。^ ^ *注:喜ばれ方には個人差があります。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国へのお土産 | 05:00 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

おかえりなさいませ、ご主人様~~!爆買い予感なソウルの風景・・・。

MERS騒ぎのときに閑散としていた韓国のあの場所も、騒ぎが去って今やまたまたあの人たちが戻ってきました。

「おかえりなさいませ、ご主人様~。お待ちしておりました~~。」

ということでやっぱりこちらにはこの方々が大挙して押しかけていました。

中国人の爆買いな予感、再びのソウルです・・・・。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<東和免税店前 / ソウル・光化門>

150926東和免税店

大型観光バスが左右に横付けの光化門の東和免税店前!MERSも去ってやっぱり帰って来た来たご主人様。またまた爆買、お願いします~~~。

韓国に飽きたらまた日本にもお越しくださいませ〜。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国の旬の話題 | 06:30 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

あるある!ソウル地下鉄に乗るとやっぱり韓国に来たんだなと強く思う、覆面女子など“5つの瞬間”

円安が原因でより身近になった外国人の日本への旅行。ただ、スイカなどの交通カードの普及で改善されたものの東京、大阪など日本の大都市の鉄道をはじめとする交通機関はわかりにくいとよく取り上げられたりしています。また料金が高いのは変わらないまま。(ロンドン地下鉄のようにすさまじいものもありますが・・・。^ ^;)

その反面、ソウル首都圏には実際は5社を超える鉄道会社が乗り入れているものの料金も相互通算運賃だったり、乗換えが簡単だったりとそこはかなり評価が高くなっています。またバスも日本に比べ慣れれば相当使いやすいと思います。

そんなこともあって、ソウルに来れば地下鉄やバスの手軽さにいつも助かっていますし、これを利用しないことはまずありません。

今回ももちろんたくさん公共交通機関に乗車しましたが、ソウル地下鉄に乗れば、おなじみのあの光景にやっぱり韓国に来たんだ~、と実感してしまいます!

ランキングぽちっとお願いします~^^

<1.スクリーンドア>

150923地下鉄

ソウル地下鉄(~KORAIL乗り入れ線など)の駅と言えば、やっぱりコレ、かなり多くの駅で採用されるホームのスクリーンドア!

以前、ソウルメトロの職員の方からお伺いした話では、ソウルメトロでは1年間に数件とそれほど人身事故が多いわけではなかったそうです(漢江飛込みが多いからとも言われます)が、東京・新大久保の痛ましい事故や、韓国ではお酒を飲みすぎる人が多いことなどから (こういった人もタクシー利用が多いのでそれほどの問題でもないようです)、ホームに人が転落しないようにと決まってから短期間にあっという間に各駅にスクリーンドアが設置されました。それもまずは作ってから、費用は追ってスクリーンドアへの広告で回収するという方式らしいですが、これはなかなかいいですね。

<2.車内モノ売り>

150923地下鉄1

一応、禁止しているようですが、特に取り締まりもなされず、容認状態なのが車内モノ売り。

150923地下鉄2

写真は腰のゴムベルト。こちらははるばる車両の端から内容も確認せずに売ってくれというサクラまで登場して久しぶりに笑わせていただきました!

また別の電車ではスマホのUSB充填バッテリーの販売もありましたが古典的なものから最新のネタのものまでお手軽価格で購入できるTVショッピングにも似た状態です。

<3.車内物乞い>

150923地下鉄7

ソウルを離れてもう2年も経ったのですが、お馴染み(?)の顔のあの方が今も連日寄付(物乞い)を求めて車内を循環していました。韓国では身障者の方の日給相当額が劣悪でおよそ7000ウォン(700円程度)と先日もニュースで見ましたが、これからすれば半分手数料を抜かれてもかなりの高収入になっているものと思われます。

日本でも「坊主と乞食は3日やったらやめられない」という話もありますよね。

<4.車内自転車持ち込み>

150923地下鉄3

こちらのようにソウルの車内自転車の持ち込みはなかなかいいですね。私も漢江サイクリングなどにかなりお世話になりました。しかし、このサイクリング車はかなりのこだわりよう~~。

<5.覆面女子・・・>

150923地下鉄6

頭の上から口元までフルで隠している人が特に3号線ではよく見ますが、こちらは1号線で。こういう状態でも手鏡で終始自分の顔をチェック・・・。違う自分に生まれ変われるまでもう少しですね・・・。

<番外.超安っぽい駅名看板・・・>

150923地下鉄4

最近目に付く安っぽい板看板の駅名表示看板・・・。目的は十分に果たせていますが・・・。^ ^;

<そして、駅を出ればデモ行進も定番!>

150924ソウル駅デモ

そして、ソウルに来ればかなりの頻度でよく見かけるのがデモ行進・・・。

150923鐘路

このデモのために大量の警察官(徴兵制の人たちが多い)も動員されていて、ここは社会バランスが取れていたりする?!

こういったところの数々が、「やっぱり韓国に来たんだな。」と韓国らしさを強く感じる瞬間です。^ ^

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 観光地(ソウル) | 05:00 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

心配りをしてあげたい!予告10月3日(土)の「漢江花火大会」は日本人感覚と違う大イベント

秋風の吹く肌寒くなりつつある頃に開催されるのが、漢江と63ビルを背景に打ち上げられる、大花火大会。

私もソウルに住んでわかったのですが、この花火大会は韓国の地方からも人が見に来るというビッグイベント!

なぜなら、夏の間、近隣のあちこちでしょっちゅう花火大会が開催され続けている日本と違って、ソウルでの本格的な花火大会は1年を通してこれひとつ!(簡単なものは何かしらあるかもしれませんが・・・。)

2015年は来週末の10月3日(土)が、漢江花火大会のその日。この日に韓国・ソウル在住の韓国人や日本人たちに会う予定の人は、一言、一緒に花火を見に行こうよ!と誘ってあげるという心配りが必要かもしれません。^ ^;

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ソウル市庁前>

150923市庁

花火大会を主催するソウル市庁前の韓火(ハンファ/ハナ)のビル。韓火は、株式会社韓火といい、旧社名の韓国火薬株式会社からその名称が伝承されています。プロ野球球団韓火イーグルスもグループのひとつ。

1509予告

2015年は10月3日(土)の夕方から花火を楽しむことができるようです。

<一番のスポットは漢江大橋か麻浦大橋>

150923漢江大橋

この花火はソウル地区で唯一の大花火大会ということもあって、例年、お昼を過ぎたころから龍山駅からも近い漢江大橋(ハンガンデッキョ)や麻浦駅から徒歩の麻浦大橋(マポデッキョ)のあたりでは場所取りの人たちでいっぱいです。

いつもは何もない漢江大橋のこんな場所も歩くのが大変になります。

150923漢江大橋2

この風景をバックに花火が打ち上げられるのです。

150923花火大会

このタイミングでソウルに行かれる方はいい場所を選んで、ソウル市民の大きな楽しみの花火大会を見物してみてはいかがでしょうか。(当日は晴れるといいですね!)  *花火の写真は韓国観光公社さんのものです。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!

| 韓国のシーズンイベント | 06:00 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| もっと見る | 前の記事 >>