ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

お宅訪問!日本物産展状態!家で超豪華オフ会!【家族も一緒に二村編】

お待たせのお宅訪問シリーズです。

今回もソウルの日本人村と言われる地下鉄4号線「二村」駅前に広がる通称「東部二村洞(トンブイチョンドン)」からです。龍山区のこの街にお住まいで、ダイナミックな文章が読み手の心をつかんで離さない人気ブロガーseoulpekoさんのお宅でオフ会があるということで招かれて行ってきました。

この日はモカパンさんに、りゅぬさんに我々のブログをよく読んでいただいているという、まっちゃんさんにこずえ先生に私、seoulpekoさん家族でのオフ会となりました。楽しみにしていた元さんとリョンさん家族は都合で欠席となってちょっと残念。

私も手土産をもってpeko家に参上。豪華で楽しいひと時を過ごさせていただきました。え?どんなところが豪華かって?!それは読んでのお楽しみ!

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<龍山区通称「東部二村洞(トンブイチョンドン)」>

121125二村洞

東部二村洞(トンブイチョンドン)は地下鉄4号線「二村(イチョン)」駅前に広がる日本人家族が多く住む龍山区の閑静な住宅地です。建物の築年数に関係なく家賃が高いソウルの高級住宅地のひとつです。

<いよいよオフ会開始!>

121125かんぱい

pekoさんに奥さま、モカパンさん、りゅぬさん、まっちゃんさん、こずえ先生に私seoulmikiの7人でかんぱ~い!お決まりの写真からスタートですね!

121125オフ会スタート

今日はいろんなお酒が飲める予定です。

121125ドレッシング

サラダボールにいきなり和風ドレッシングをかけ始めるモカパンさんに、「普通、そこにドレッシングかけるかよ~。モカパン、お前ってホントに韓国人っぽくなったな。」とpekoさん。「ええ~っ?これって普通じゃない?!」と返すモカパンさん。「え、日本でもかけるんじゃない?」とりゅぬさん。こんな楽しいやり取りからいきなり盛り上がります。

<豪華牛すじ入りおでん>

121125おでん

日本の冬の味覚のおでんです。「韓牛の牛すじ」が近所の小さなマートに売っているそうです。それを奥さまがおでん用に調理し煮込んでくれました。東日本出身の人たちには「牛すじ?」って感じでしたが、大阪のりゅぬさんは大阪のものよりとろける感じが美味しいとコメント。皆でとろけるような牛すじをいただきました。これを作っていただいたpekoさんの奥さまは大阪のご出身です。ちなみに今回の参加者の出身は大阪出身2名、関東甲信4名、北陸1名の構成です。

<pekoさんってすごい!pekoさん特製のあん肝!>

121125あんきも~!

pekoさん特製のあん肝です。ノリャンジン市場で買ってきた「あん肝」を醤油で臭みを取るなどして調理してくれました。かけるのは味にうるさい大阪人の食卓の定番品と言われる「旭ポン酢」。徳島県特産のスダチ・ユコウ・ユズの純天然果実液を主原料にして造ったというポン酢であん肝のお味が引き立ちます!こだわりの一品。

<群馬の名品日本一の永井食堂のもつ煮にやげん堀の七味!>

121125モツ

これまたこだわりの味!全国的にも有名な群馬のモツ煮専門店「永井食堂」のもつ煮も登場!長距離運転手たちの御用達の味としてその名が有名です。これにかけるのは、寛永二年創業387年年の伝統の老舗「やげん堀」の七味唐辛子。うまいもつ煮に老舗の七味の香りが一緒になってうなってしまいます。スープも最高。

ここはいったいどこ?!って叫びたくなってしまいます。しかし、ここは紛れもなく韓国ソウル!それもオフ会。

<お酒もおいしい!>

121125酒

今回のお酒はアサヒスーパードライからスタート!次は創業は万延元年(1860)広島三島の酔心山根本店の銘酒。大正時代に全国酒類品評会で3回連続優等賞を獲得するという偉業をなしとげ、「広島にうまい酒がある」と全国的にその名をとどろかせた銘酒「酔心純米大吟醸」です。すっきりした味わいであの横山大観も愛したと言う一品です。

121125越の寒梅別選

元祖、幻の銘酒と言われ、地酒ブームの立役者となったひとつ新潟の「越乃寒梅 別撰(特別本醸造)」も登場。何度も言いますが、これは単なる韓国オフ会・・・。

121125ハイボール

これこれ!待ってました!庶民の味方「サントリー角瓶」のハイボール。「日本産のすだち」で飲むハイボールは最近病みつき!

121125イエィ

おいしい料理にお酒!思わずpekoさんとまっちゃんさんから「イェ~イ」のポーズ!

<これは日本味紀行か?!次から次へと美味しい味わい>

121125おとうふ

山形のだし」を載せた冷やっこ。これが美味しい!野菜を細かく刻んで昆布と和えた山形の家庭の味のお漬物とのこと。温かいご飯の上にのせても食べたくなってしまいます。日本でも普通に味わえないお味の連続に皆の会話も盛り上がります。

121125おつけもの

これはなんと舎利伝の東料理長が自分で作ったと言う白菜を漬けた浅漬け!やげん掘りの七味に日本のお醤油で美味しさひとしお。

121125あさり

蒸しアサリ!

121125うまいもん

pekoさんがノリャンジン水産市場で吟味して買ってきたという日本のものと味がそん色ない明太子に、日本の誇る美味しい「雪印6Pチーズ」(今週お越しのayaさんのお土産かな?)、韓国のコピー品とは味が違う洗練された美味しさのお酒のおつまみ「グリコ チーザ」。とどめは、新鮮な秋鮭の卵を丁寧にもみほぐし、丸大豆醤油・純米酒などに漬け込んだという「新潟加島屋のいくら醤油漬け

121125ちらし

新潟加島屋のいくらを載せた特製ちらしご飯が美味しい。食べた食べた~~。

121125ヤキマシュマロ

デザートに焼きマシュマロ~。

<今回も本当に楽しいオフ会&お宅訪問でした!>

121125おもちゃの缶詰

この前、金のエンゼルを引き当てソウルまで送られてきたと言う「おもちゃのカンヅメ」を鼻にくっつけるpekoさん。今日はお宅にお招きいただきありがとうございました。

121125お疲れさまでした

おれこれ話が盛り上がったpekoさんのお宅でのブログオフ会。日本物産展のような味の数々に気がつけばあっという間の6時間30分!皆さんも13時~19時30分までお疲れ様でした~~。次のお宅訪問はどこでしょうか?お楽しみに~。

ランキングぽちっとお願いしま~す!

<ランキング応援のお願い>

熱心に更新の「ソウル情報局」に今日も「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとお願いします!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 韓国のお宅訪問シリーズ | 09:30 | コメント:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

行きたかった

いいですね。行きたかったなあ
まっちゃんがうらやましいです(^^;
それにしても本当に韓国なんですかね
よほど楽しかったのでしょう
6時間半も・・・(^^)

| 豊年満作 | 2012/11/25 10:26 | URL | >> EDIT

日本縦断味紀行

全国の味が勢ぞろいですね。
楽しかったようでうらやましい!
いつか私もオフ会参加出来たらと・・・
それにしても日本の名産がたくさんですね。
日本に住んでいるよりソウルでのほうが
日本の味を楽しめるようですね。

| aya | 2012/11/25 11:12 | URL |

豊年満作さん

ここは日本か?って感じを通り越して、日本以上の贅沢でとても嬉しかったです。pekoさんやpekoさんのご家族には本当に迷惑をかけてしまいました。でもオフ会って、いろんな皆さんに会えて本当に楽しいです。^^

| seoulmiki | 2012/11/25 13:10 | URL | >> EDIT

ayaさん

韓国なのに本当に嬉しいメニューでした。pekoさんのご家族も皆さんいい人たちばかりでまるで自分の家のようにくつろいでしまいました。^^
次回の訪問の時にオフ会が重なるといいですね。^^

| seoulmiki | 2012/11/25 13:15 | URL | >> EDIT

更新

遅かったはず^^~~♪

| 露草 | 2012/11/25 14:10 | URL |

反則です~

こんにちは~

いくら日本の味に飢えているからといってもこれは反則、贅沢すぎです~

これだけ美味しいものを一気にいただいてしまうと日本に帰ってきても舌が肥えてしまって…

| ヨンミョン | 2012/11/25 14:47 | URL |

露草さん

たくさん美味しいものを食べてたくさん飲んだら朝起きるのが遅くなってしまいました。^^;

| seoulmiki | 2012/11/25 16:08 | URL | >> EDIT

ヨンミョンさん

本当に反則ですよね。私も日本でここまで美味しいものをひとまとめに食べた事がありません。本当に美味しかったです。最近は日本に帰った時に食べたいものが減りました。^^

| seoulmiki | 2012/11/25 16:12 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/1748-ebf00e32

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>