ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

前田真三写真ギャラリー拓真館 圧倒される美瑛の風景

皆さんは風景写真家の前田真三(まえだしんぞう)氏をご存知でしょうか。

名前を聞いたことがある方も多いと思いますし、そうでない方もおそらく何かの機会に前田真三の北海道 美瑛(びえい)で撮った代表作品「麦秋鮮烈」を始めとした風景作品(リンク)を目にしたことがあるのではないかと思います。

Wikipediaよりますと、代表作品「麦秋鮮烈」は前田真三が東京から美瑛へ通い始めてから6年目になるという1977年7月20日、あいにくすでに日が西に傾き、東の空には重く黒い夕立雲が垂れこめるものの、とにかく撮影に出ることにしたそうです。そして美瑛町新星緑ヶ丘に来た時に、恐らく一生出会えないような落日の光を受け強烈な色彩を放つ赤麦畑の光景に遭遇するという、偶然がいくつか重なって、世にも珍しい景色がフィルムに収まったそうです。 おそらく、興奮いっぱいでレリーズを押す手が震えっ放しだったと思います。

このような話も残る前田真三の北海道上川郡美瑛町での撮影活動の足跡を訪ねることができる、前田真三写真ギャラリー拓真館が美瑛にあるということで、立ち寄らせていただくことにしたのです。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<飛んで、ここは東京の山の中/八王子・恩方>

140802恩方

実にのどかな山里・・・。ここは東京西部の山間の里、恩方(おんがた)地区。その昔、この辺りは東京府南多摩郡恩方村と言われた場所です。こんな素朴な恩方地区が風景写真家「前田真三(まえだしんぞう)」さんの出身地なのです。

140802前田真三先生

前田真三は1967年(44才頃)に商社を辞め、写真家としての活動のため「株式会社丹渓」を設立、素晴らしい作品を数多く残し風景写真の第一人者として活躍しました。98年に心不全により死去。享年76。

140802前田真三ギャラリー3

そんなご縁もあって、八王子の恩方エリアにある「夕やけ小やけふれあいの里」の「夕焼小焼館」には常設の前田真三写真ギャラリーがあり、そこで前田真三の撮ったふるさとの写真や日本各地の写真が展示なされています。

140802前田真三ギャラリー2

私がここを訪ねたときは「前田真三写真展 『ふるさと』」というタイトルで特別展示が行われていました。前田真三写真ギャラリーでは常になんらかのテーマでの特別展示を行っていますので、機会がありましたらどうぞ。

140802前田真三ギャラリー

特別展示は主に前田真三が商社のサラリーマン時代に撮った地元の人々の生活の様子の写真が主でしたが、やはりこのときからすでに引き込まれそうな写真が多く撮影されていて感心しました。(この企画は7/27を以っていったん終了しています。)

140802前田真三1960土煙を上げて

傾斜した砂利道を乗り合いバスが土煙を上げて驀進してくるモノクロームの写真」です。これは1960年のアマチュア時代に地元で撮った『土煙を上げて 』という作品ですが、実に見事で当時の空気を始め多くのことが伝わってきます・・・。私がここで拝見させていただいた前田真三のアマチュア時代の作品の中でもっとも気に入った写真のひとつです。

<再び戻って、ここは北海道 美瑛(びえい)>

140802前田真三拓真館4

ここから再び、北海道の旅に戻ります。

砂時計さんとともに訪れたのは、北海道上川郡美瑛町(びえいちょう)の「前田真三写真ギャラリー拓真館(たくしんかん)」。 冒頭に東京の前田真三の話をしたのは、この美瑛にとって前田真三は一躍美瑛の名を全国に知らしめた人のひとりでもあるからなのです。

Wikipediaによりますと、前田真三が写真活動を始めた当初は美瑛を知ることもなかったそうです。プロとなってから4年後の1971年、車による日本縦断撮影旅行を思い立ち、4月1日、九州最南端の佐多岬を出発、3ヶ月間北上を続け、7月にはつに北海道の宗谷岬に達しましたが、その行程でも美瑛を通過することはなかったそうです。

<前田真三写真ギャラリー拓真館/美瑛(びえい)>

140802前田真三拓真館3

しかし、帰途、紹介で訪れた旭川の写真好きの人から見せてもらった写真の中の一枚に、美瑛の美馬牛峠付近で撮られた「傾斜した畑を農耕馬が土煙を上げて驀進してくるモノクロームの写真」があり、その写真に写っていた丘が気になり美瑛に立ち寄るきっかけとなったそうです。

140802前田真三拓真館2

そして美馬牛峠を訪れた前田真三が初めて目にした美瑛の丘の風景は、丘を一面のジャガイモの花、遠くに十勝岳、丘の上に並んだ落葉松の風景は自身が抱いてきた日本の風景とはまったく異なる新しい風景だったのです。

140802前田真三拓真館1

早速この風景を撮影しようと三脚を立てカメラを構えたところ、ゴルフ場建設のための測量者と勘違いされ、ある人に怒鳴られてしまいます。この人は上富良野町の教育委員も務めていた人で前田真三が風景写真を撮っていることがわかり、お茶でもと家に招いたそうです。以来、この人からの支援もあって、前田真三は美瑛、上富良野の丘陵地帯の撮影に足繁く通うこととなり、これがきっかけで美瑛と前田真三の関係は強くなっていったのです。ちなみにこの拓真館は美瑛町拓進にあった今は使わない放置状態になっていた旧千代田小学校跡地に前田真三のアイディアを聞き入れた町役場の支援によりできたものだそうです。なるほど・・・。

140802前田真三拓真館5

前田真三写真ギャラリー拓真館ではここ美瑛で撮影された前田真三のシンプルなのに多くを語る写真がいっぱい展示されています。息子さんの前田晃(まえだあきら)氏の写真も展示されていて見所満載です。

<拓真館の近くで見つけたスポット>

140802前田真三拓真館付近5

「丘に吹く風」 前田真三写真ギャラリー 拓真館の駐車場から少し移動したところで車を止め、砂時計さんとともにこんなきれいなスポットを見つけました。さすが前田真三が通い続けたと言う美瑛の風景です。

140802前田真三拓真館付近2

「夏雲が広がる草原」 釧路の広がる湿原とはまた違った趣のある広がりのある景色。

140802前田真三拓真館付近

「夏雲と草原の木」 気絶してしまいそうな景色です。

140802前田真三拓真館付近4

「夏の坂道」 いいタイミングで自転車の人が・・・。画になります。こんなところひとつを取っても美瑛の景色がいかに素晴らしいか・・・。美瑛の景色が多くの写真愛好家から愛されているかがわかると言うものです。美瑛を多くの人々に紹介してくれた前田真三やその偶然に感謝したいと思います。

<MAP>

140802前田真三写真ギャラリーMAP

「夕やけ小やけふれあいの里」
東京都八王子市上恩方町2030 TEL 042-652-3072
・営業時間 (4月~10月) 9:00~16:30、(11月~3月) 9:00~16:00 無休
・入場料 200円/大人
・JR・京王高尾駅から西東京バス陣馬高原下行きで約30分「夕焼小焼」下車
・車は圏央道八王子西ICなどから。

140802前田真三拓真館MAP

「前田真三写真ギャラリー拓真館」
北海道上川郡美瑛町拓進  TEL 0166-92-3355
・営業時間 (5月~10月) 9:00~17:00、(11月~4月) 10:00~16:00 無休
・入場無料
・JR美馬牛駅出口から徒歩約55分
・富良野国道237号線からJR富良野線踏み切り渡って進行。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 日本の旅(北海道) | 11:00 | コメント:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは~

八王子には大昔住んでいて、美瑛町には2年前に行っているのにどちらにも行っていません…

「土煙を…」の写真はさすが60年、私が子供の時の70年頃の能登はまさにこんな感じでした~

| ヨンミョン | 2014/08/03 16:52 | URL |

麦秋鮮烈は大好きな一枚です

1989年にここを初めて訪れました。
その時に一緒に富良野&美瑛を訪れて、
それから通い詰めています・・・・・。
いっそう、住んだら??と言われました(>_<)
それから数年後訪れた時に「麦秋鮮烈」を購入し
我が家の居間に飾っています・・・・。

隣に飾りたい写真があります・・・・・。

| 砂時計 | 2014/08/03 19:10 | URL |

ヨンミョンさん

両方とも普通では行くことも少ないのかも知れませんね!拓真館は海外のお客様も多く見受けられました。能登の風景もずいぶん、見ていませんので、今年の夏は見に行こうかとも思いますが、大渋滞が気になります。^^;

| seoulimiki | 2014/08/04 06:13 | URL | >> EDIT

砂時計さん

麦秋鮮烈は見事な作品です。どうしたらあのような風景に出会うことができるのでしょうか。やはり印象的な写真は朝夕に多いようですね。とは言うものの今回は昼間の写真も狙えばいいものが撮れると改めて実感です。前田真三も通って6年ですものね!^^

| seoulimiki | 2014/08/04 06:18 | URL | >> EDIT

おはようございます。私は、ここを初めて訪れて25年が経ち、もう、30回以上、眺め続けている風景です。今年は、25年連続美瑛が途絶えがっかりしていることろに、このブログ…。
ああ、また、北の大地に行きたくなってきてしまいました…。本当に素晴らしいところです…。

| チギチギ | 2014/08/04 07:01 | URL |

素晴らしい!

絵心も写真心も無い私ですが素晴らしいとしか・・・・

| 閑老人 | 2014/08/04 09:27 | URL | >> EDIT

チギチギさん

美瑛に30回以上もなんてすごいです!私もそのくらい行ったり来たりしたい場所です。私もまた機会を見つけてやって来たいと思います!チギチギさんも来年はまたいつものように行かなくっちゃですね。^^

| seoulimiki | 2014/08/04 21:15 | URL | >> EDIT

閑老人さん

どうもありがとうございます!ここでこんな素晴らしい景色を見ることができとてもよかったです。美瑛はとても絵になる景色が多くて素晴らしいと感じました。^^

| seoulimiki | 2014/08/04 21:18 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/2415-44b38d2b

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>