ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

故宮博物院 至宝は白菜とキリギリスのヒスイ細工「翠玉白菜」

旅の楽しみのひとつと言えば、その国を代表する博物館訪問。そこでしか見ることの出来ない第1級の至宝にお目にかかることができますので行かない手はありませんよね!

ただ、本格的に全部見ようとすれば時間もかかるし、集中力も続かないので私の場合は気になるものを少しずつ見るスタイルです。

今回は台湾台北の国立故宮博物院を訪れたいとずっと思っていました。もちろん、お目当ては白菜とキリギリスのヒスイ細工の「翠玉白菜」と言う宝物です。

ご存じの方も多いと思いますが、今年の初夏にこの翠玉白菜が東京に来ていたのですが、結局、見る機会を失ってしまい鑑賞出来ずじまい。どうせ見るなら本場でと言うことで気合が入ります。タクシーをつかまえ、故宮博物院に向かいます!

ランキングぽちっとお願いします~^^

<台北市内からタクシーで!>

141017故宮博物院へ

博物館の場所はどこかと聞けば街外れの山の中にあるとのこと。駅からもかなり歩くとのことですし、時間ももったいないと言うことでタクシーに乗ります。台湾はタクシー代が安いので気楽に利用できますしね!

<国立故宮博物院/台湾台北市>

141017故宮博物院1

市内から少々走って国立故宮博物院前に到着です。

141017故宮博物院2

Wikipediaによれば、大元は中国大陸で1924年に北洋軍閥の一人である馮玉祥が溥儀を紫禁城宮殿から退去させ、1925年10月10日に宮殿内で清朝が持っていた美術品などを一般公開したのが始まりだそうです。

141017故宮博物院3

1925年当時の所蔵品点検レポートによると所蔵品総数は117万件を超えており、博物院は古物館、図書館、文献館を設けて各種文物の整理をする一方で、宮殿内に展示室を開設して多様な陳列を行なっていたとのこと。

141017故宮博物院4

狛犬が迫力!

台湾(中華民国)の国立故宮博物院は、台北市北部の士林区にあり、付近には高級住宅街が広がっています。この博物院には中華民国政府が台湾へと撤退する際に故宮博物院から精選して運び出された美術品が主に展示されており、その数が合計6万件もあるというのが驚きです。

141017故宮博物院

中には大きくてかなり重いものもありますので、退去のどさくさ(?)に紛れよくもこれだけのものを大切に持ち運べたものだと感心します。

141017故宮博物院5

それでは館内に移動します。

141017故宮博物院6

館内に入れば・・・!入場を待つ凄まじい大行列!普通に観光バスがガンガン横付けされるし、特にこの日は国の誕生日の祝日とかで無料開放されていることもあってかな。無料でラッキーかなと思いつつもこれではじっくりものを見ることもできません?!^^;

それでもやっぱり拝みたいのは翠玉白菜(すいぎょくはくさい)! 翠玉白菜に向かってまっしぐら!

<翠玉白菜(すいぎょくはくさい)>

141017翠玉白菜1

ヒスイの緑の部分をうまく使い白菜を仕上げていて、その緑の葉の部分にはキリギリスとバッタ(イナゴ?)が乗っているという作品。翠玉白菜は故宮博物院の「最も有名な彫刻」と言われ、清明上河図、肉形石と合わせて台湾の三大至宝とされているそうです。

翠玉白菜(すいぎょくはくさい)は作者は不明で、ヒスイを彫刻した大きさが20cm弱のちいさなものです。Wikipediaによれば、この彫刻は元々は光緒帝の妃である瑾妃の住居、永和宮(紫禁城中)にあったとのことで瑾妃が嫁いだ1889年に初めて世に現れたことから、瑾妃の持参品と考えられているそうです。

141017翠玉白菜2

同様の作品の中でも群を抜く芸術性と緻密さを合わせ持った素晴らしい作品とされているそうです。

葉の上にはバッタとキリギリスが彫刻されており、これは多産の象徴と考えられているそうで、白い白菜の方は純潔の象徴とする説が有力だそうです。このように解釈すると後述の瑾妃の寝宮から発見されたという史実と整合性が取りやすいとのことです。

なるほど!見れば見るほど引き込まれる不思議な魅力のある作品です。これを見ることができて本当によかった!まだご覧でない方は、台北の故宮博物院を訪問して、是非ご覧くださいね!

<MAP>

141017故宮博物院MAP

「国立故宮博物院(グーゴン ボーウーユエン)」
台北市士林區至善路二段221號  TEL02-66103600
・市内からタクシーなどで。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 世界の旅(台湾) | 07:00 | コメント:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これはスゴいですね!
全部翡翠なのに白菜に見えるのにびっくりです。それに恥ずかしながらこんなスゴい物があることも知りませんでした(^-^;

| puyonon | 2014/10/17 10:27 | URL | >> EDIT

こんにちはです~

故宮博物院、私は2度行ったことがあるのですが、10年以上前はゆっくり見学できたのに、昨年は中国からの観光客が多すぎて、パンダが来た当時の上野動物園状態でした…

| ヨンミョン | 2014/10/17 12:56 | URL |

ここはさすがにスゴイ博物館ですよね。見ていて一日中居られそうですが、中国大陸からの観光客が違う意味で凄すぎてゆっくりしていられませんでした。博物院の監視員のお兄さん、大陸から遣って来たと思しき大声をだすオバちゃんにキレまくっていたのが印象的でした。

| 福島区の一区民 | 2014/10/17 18:00 | URL | >> EDIT

故宮博物院

故宮博物院に行くだけでも台湾に行きたい!
と思い来年の訪台を検討しています。
東京で開催の時は私も行けませんでした。
かえって行けなくてよかったのかも・・・
台湾旅行のチャンスが来たのですから

| aya | 2014/10/18 07:54 | URL | >> EDIT

7月に行ったのですが、白菜は東京出張中。(知ってはいたのですが、やはり残念でした)
お土産にと思っていた白菜のボールペンは売り切れ。
かなり昔に台北に行った時に見ているそうですが、記憶にないのです。
もう一度、次回は駆け足でなく、時間をかけて見たいと思っています。

| ろみ | 2014/10/18 10:26 | URL |

6~7月に東京国立博物館で公開された際は、チケット購入に30分、その後「翠玉白菜」1点だけのために3時間、並んだそうですよ。
大陸からの観光客が多くなり昔ほど静かに観られなくなったとは聞きますが、それでも中華民国国立故宮博物院は行く価値ありますよね。

| ささやん | 2014/10/18 12:43 | URL |

puyononさん

どうもこの白菜が一番人気のようですよ。もっと大きいものと思っていたのですが意外に小さくてびっくりでした。puyononさんも機会がありましたらこのちいさな芸術的なお宝を是非ご覧になってくださいね!^^

| seoulmiki | 2014/10/18 16:27 | URL | >> EDIT

ヨンミョンさん

パンダといえば、この白菜こそ、故宮博物院の客寄せパンダかもしれませんよね!^^

| seoulmiki | 2014/10/18 16:29 | URL | >> EDIT

福島区の一区民さん

そうでしたか。この日は日本からのツアーのお客様も多くてすごかったです。日本人ツアーの人たちはガイドさんの説明付きでしたが、ガイドさんが間違ったこと言っているという声も聞こえて思わず汗でした。^^;

| seoulmiki | 2014/10/18 18:43 | URL | >> EDIT

ayaさん

東京の様子は皆さんからのコメントを見てもかなりすごい人気だったようですね。行くなら本場でちょっとだけ余裕を持って見ましょうね!^^

| seoulmiki | 2014/10/18 18:45 | URL | >> EDIT

ろみさん

せっかく台湾にまで見に行ったのに不在中なんて悲しすぎますよね・・・。それも日本なんて!私もまだじっくり見たいものもありますので、また行きたいです。もちろん、白菜ももう1度眺めたいと思っています。^^

| seoulmiki | 2014/10/18 18:49 | URL | >> EDIT

ささやんさん

トータル待ち時間が3時間30分ですか!そんなに大人気だったのですね!確かに今回も静かに見ることが出来ませんでしたが、その気になればいくらでも見れますからよかったと思いました。^^

| seoulmiki | 2014/10/19 08:05 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/2494-80d2dd6e

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>