ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

台湾ビンロウ 若い女の子が販売、興奮、常習性、口の中が真っ赤になるという実

車で台北から郊外に移動します。すると、冬で(それなりに)寒い時期なのに薄着の若い女性が道の脇の小さなお店でなにやら物を売っている光景が見られました。

あれは何?!台湾の女性に聞いてみれば・・・。

あれは、男の人の食べ物でビンロウというものを売っているお店です・・・。

ビンロウ?それに男の人の食べ物って~?!

ランキングぽちっとお願いします~^^

<台北郊外>

1412ビンロウ5

この日は寒くて気温は13℃。台湾の人にとってはこの気温ではもはやダウンジャケットや厚いコートなどを皆が着用している時期。それなのにタンクトップの薄着でモノを売っている女性が気になります。

1412ビンロウ3

何を売っているのという私の質問に返ってきた言葉は・・・、
あれはビンロウといって南の国でよく取れる木の実みたいなもので、薄着の女の人が売っていて、ヤクザみたいなガラの悪い人がよく口にしています。タバコみたいな効果があって、いくつか箱に入っていて100~200元(台湾ドル)で売っています。口に含むと口の中が赤くなってすぐにわかります。昔は年取った人はよく真っ赤な口をしていました。

ちょうど、これを買いに来た人がいましたが、ヤクザみたいなガラの悪い人ではなさそうですが・・・。どうも女性から見ればそのように感じる人もいるようです。^^;

台湾におけるビンロウとはどうも、先住民の人たちが愛用していたものらしく、後からやって来た中華民族の人たちの間にもまたたく間に広がったものらしいです。

<ビンロウ(檳榔)とは?!>

1412ビンロウ

Wikipediaによりますと、ビンロウ(檳榔)は、太平洋・アジアおよび東アフリカの一部で見 られるヤシ科の植物で、檳榔子を噛むことはアジアの広い地域で行われているそうです。*写真はWikipediaより。

1412ビンロウ2

檳榔子を細く切ったもの、あるいはすり潰したものを、キンマ(コショウ科の植物)の葉にくるみ、少量の石灰と一緒になったものをしばらく噛んでいると、アルカロイドを含む種子の成分と石灰、唾液の混ざった鮮やかな赤い汁などが口中に溜まります。この赤い唾液は飲み込まず吐き出します。しばらくすると興奮・酩酊感が得られれ、常習性がるそうです。そして最後にガムのように噛み残った繊維質は吐き出すというようにして服用するようです。ビンロウの習慣がある地域では、道路上に赤い吐き出した跡がみられる。というそんなもののようです。

台湾では現在、道路に檳榔子を噛んだ唾液を吐き捨てると罰金刑が課せられるため、中心街では路上に吐き出す習慣は少なくなりましたが、少し離れるとまだまだ吐き捨てた跡や、噛み尽くしたカスが見られるようです。今は購入時にエチケット袋(紙コップとティッシュペーパーなど)が共に渡されるようです。*写真はWikipediaより。

<台湾では露出度の高い服装の女性が売るのが一般的?!>

1412ビンロウ4

これは台北近郊では貴重な光景だった?!

台湾では、この檳榔(ビンロウ)を売る女性たちを檳榔西施(びんろうせいし、ビンロウシースー)と呼び、彼女達は、外からはっきりと明るく見えるガラスの囲いから肌を露出させた服装を着ているのがスタンダードらしいです?!この名称は、中国の春秋時代に絶世の美女として存在した、西施にあやかっているそうです。檳榔はアジア太平洋地域に生息しているにも関わらず、このようなセクシーな檳榔売りの女性は台湾に限定して見られるとのことです。

最近では、風紀上の問題から規制法が制定され、台北市内から規制が始まり、桃園県もこれに追従したそうです。台中以南では依然として道端に立つ檳榔子売りの女性が見られますが、超〜過激な服装は影を潜めたそうです・・・。^^;

1412ビンロウ6

檳榔西施の発祥は、1960年代に台湾・南投県国姓郷にある雙冬檳榔店の開店に当たって、グラマーな女性で結成された"雙冬少女団"であるとされていて、この店が成功した事によって、ライバル店も隻冬檳榔店の服装を真似るようになり、20世紀の終わりになると、檳榔西施と彼女達がいるネオンサインで彩られた店は、台湾の各都市や郡村のトレードマークとなっていったそうです。店は台湾のいたる所に見られ、台湾の文化におけるアイドルとして、檳榔西施は度々芸術や映画に登場するそうです。*この写真はWikipediaから。

1412ビンロウ7

檳榔西施は台湾の社会において、農家や労働者階級出身であることが多く、この事が彼女の露出度の高い服装を資本家階級による搾取の印としてみなされているという批判がある一方で、若い女性が自信を必要とするマーケティング技術を磨く事によって、経済的により良い状態になる数少ない機会として、檳榔西施を自己実現の場として見なす研究者もいるとか。 *この写真と引用はWikipediaからです。

薬剤的性質、それを取り巻く環境などから社会的問題点も指摘される台湾の檳榔(ビンロウ)ですが、栽培農家の数が半端でなく多い台湾農業の柱のひとつらしく、政府もこれを規制しきれないというジレンマもあるようです。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^
★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 世界の旅(台湾) | 08:00 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんはです~

台湾のビンロウ売り、知識としては知っていますが、実際に見たことはありません。車で走っている途中にそれかなと思えるお店の前を通過したことはありますが…

| ヨンミョン | 2015/01/08 22:14 | URL |

ヨンミョンさん

車を降りて買ってみようかなとも思ったのですが、どんなものかもわからないし、口の中が真っ赤になるのも怖いし、見送りました。^^

| seoulmiki | 2015/01/09 06:57 | URL | >> EDIT

すごい写真

自分もツアー中に見かけましたが
バスの中やタクシーからでは
写真ちゃんと撮れませんでした。
これだけはっきりと写真を・・・
すごいです(^^)

| 豊年満作 | 2015/01/09 23:24 | URL | >> EDIT

豊年満作さん

台湾の人たちからすればかなりよく見る光景のようですが、我々トラベラーには本当に珍しい光景ですよね!危なっかしいものと聞き、そんなこともあって引きましたが、気持ちはチャレンジャー精神で一杯です!^^;

| seoulmiki | 2015/01/10 09:22 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/2601-97e7a2e0

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>