ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

茨戸川緑地(バラトガワリョクチ) 足を洗ったはずなのに、うずきだす私のDNA?!札幌の野鳥のオアシス

今年の北海道旅行のひとつの楽しみは砂時計さんが最近、足しげく通っているという茨戸川緑地バラトガワリョクチ)の訪問です。砂時計さんは最近、野鳥写真にはまっていて、しょっちゅうこちらで楽しんでいるということを知り連れてきてもらうことにしたのです。

野鳥写真と言えば私もすっかりはまっていた時期がありましたが、足を洗ってからもう何年も経っていまして、今はあまり未練もない状態となっています・・・。とはいうもののせっかくなので久しぶりに野鳥写真に挑戦しようということにしたのです。とにかく本州では野鳥が遠いのですが、やって来た茨戸川緑地(バラトガワリョクチ)では人と鳥との距離が近いように感じます。

野鳥の動きが多い時間を選んで茨戸川緑地(バラトガワリョクチ)にやってきたのは、朝6時30分!

事前の打ち合わせの時にはこちらで野鳥を撮りに行くということがわかっていたにもかかわらず、理由あって私の手元にある望遠レンズはわずかに200mmをカバーするレンズのみ。ここは開きなおってそれで頑張ることにしましたが、眠りについていたはずの私のDNAがよみがえったようで、しばらくの間、時の経つのも忘れて昔のように野鳥撮影に没頭していました・・・。

クリックをお願いします~。キタキツネの北海道

<札幌郊外、茨戸川緑地(バラトガワリョクチ)>

150715茨戸川緑地3

札幌・すすきののホテルから車でピックアップしてもらって走ること約30分。

150715茨戸川緑地1

やってきたのは札幌郊外の茨戸川緑地(バラトガワリョクチ)です。幹線道路を折れて、車で緑地の道路に入った瞬間から車の前を小鳥たちが横切ります。

<緑地に入るなり、鳥たちがお出迎え!>

150715茨戸川緑地2

場所の雰囲気はこんな感じ。^^

150715茨戸川緑地野鳥1

うお!すごい。やや興奮気味の私。車を止めて小道を歩けば、さえずる小鳥たちをあちこちで見ることが出来ます。

150715茨戸川緑地4

あ、あそこにも!

150715茨戸川緑地5

朝ごはん食べてるし・・・。(ホオアカ)

<ノビタキがかわいい!>

150715茨戸川緑地6

ノビタキのオス。

150715茨戸川緑地8

こちらはノビタキのメス。縄張りがありますので一度見つければパトロールに同じところに戻ってくる性質がありますので、同じところで構えていれば、再びやってきたりします・・・。

昨年は美瑛でもしっかり写真を撮らせていただきました。北海道はノビタキを見る機会が多いようです。

<オオジュリン>

150715茨戸川緑地野鳥3

オオジュリンはバッタ食べてるのか、それともイモ虫食べているのかな?!どうもこの辺りは小さな虫が多いようで、それで鳥たちが集まっているようです。また人との距離が近く感じるのもえさ食べているのに夢中だからかも?!

<アカゲラがいっぱい!>

150715茨戸川緑地アカゲラ6

さらにこちらの緑地では低木が多いこともあってとにかくアカゲラやオオアカゲラ(キツツキ)を多く見かけます。

150715茨戸川緑地アカゲラ5

それにしてもこれだけ間近に見られるなんてとてもすごい。アカゲラが移り歩く(飛び移るが正解?)木々を一緒に動いて楽しみます。

あかげら150715茨戸川緑地アカゲラ4

こんな写真を自宅近所の高尾山や緑地、里山の公園、そして実家の近くでも撮ることは決してたやすいことではありませんでした。なかなか楽しめました。来年も連れてきていただこうかな?!

<あっという間に2時間経過>

150715茨戸川緑地ヨーグルト

気が付けばあっという間に2時間が過ぎました・・・。砂時計さんが準備してくださった北海道ヨーグルトをごくっと飲んで、これから再び市内に戻って朝食を取りに行こうと思います~。^ ^

<MAP>

150715茨戸川緑地MAP

「茨戸川緑地(バラトガワリョクチ)」
北海道札幌市北区篠路町拓北
・あいの里公園駅から徒歩約41分ですので車がやっぱり便利です。

クリックをお願いします~。キタキツネの北海道

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 日本の旅(北海道) | 23:00 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

キヤ~~~!!素敵過ぎます(*^_^*)

師匠の写真・・凄い~~~すべてベストショットです・・
ホオアカ最高でしたね・・一緒に撮ってるのに・・
この違いは何?? って言うくらいそれに・・私は600
なのに・・・もう自分の写真見てガッカリ・・凹みます。
自分のやってみて野鳥撮影は本当に難しいです。
その撮影を師匠がこんなに素敵に撮ってんですね・・尊敬!
改めて・・やっぱり 師匠・・・・ 流石です。

| 砂時計 | 2015/07/15 23:38 | URL | >> EDIT

野鳥写真まで嗜んでいたとは!びっくりですよー^^
にしても、こんなローカルな所に行かれるとは地元民としては懐かしいです(笑)

| tabikan | 2015/07/16 07:30 | URL | >> EDIT

砂時計さん

ありがとうございます。でも気合の入った野鳥写真家からすれば、ただいたのを撮っただけ写真と見透かされてしまうようなものばかりです。与えられたフィールドで渾身の1枚を撮りたいものです・・・。久しぶりの野鳥写真狙いのひと時、本当に楽しかったです。^^

| seoulmiki | 2015/07/16 08:32 | URL | >> EDIT

tabikanさん

北海道は素敵な写真をいっぱい撮ることができるチャンスがめちゃくちゃ多そうで羨ましいエリアです。四季の厳しさはあるのでしょうが、とても素敵な故郷ですね。1年に1度の北海道写真撮影の旅は今や大きな楽しみのひとつです。それと私の写真は野鳥写真がスタートなんです。^^

| seoulmiki | 2015/07/16 08:38 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/2831-4b8149be

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>