ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

ソテツ群生地 奄美大島のマリンブルーの海を望む圧巻6万本のソテツ群!「醜い娘」の持参物とは?

奄美の山の次に向かうのは海辺の道!奄美自然観察の森かの道から再び大きな道路に戻り。北の海岸線を通って奄美市名瀬に戻ろうと思います。こちらの北の道路は海岸線を走る道で少し走れば、南の島のきれいなマリンブルーの海を堪能することができます!そして南国ムードの気持ちを高めてくれるものと言えば日本ならソテツ!

ソテツは日本の九州南部および南西諸島に分布し、主に海岸近くの岩場に生育する。カナリーヤシ(フェニックス)やワシントンヤシ(ワシントニアパーム)などと共に、九州・沖縄地方の南国ムードを強調する為の演出として映像素材に用いられることが多い。九州・沖縄地方の主要都市には大抵植えられているそうです!(Wikipediaより)

そしてそんなソテツの見事な群生地がバショウ群生地とともに「ソテツ・バショウ群生地」として、奄美大島の龍郷町安木屋場付近で見られるとのことなので、これは見なきゃいけませんよね。

ソテツの名前の由来は、ソテツが枯れかかったときに鉄クギを打ち込むと元気になるという言い伝えから、蘇鉄(ソテツ)というそうです。なんと、実際に茎にクギが打ち込まれていることがよくあるとか。^^;

ランキングぽちっとお願いします~^^

<龍郷町安木屋場付近>

180802奄美ウミ6

車を走らせればそこにはマリンブルーの海!

180802奄美ウミ

これぞ、南国の海です。

180802奄美ウミ5

足元には珊瑚のかけらなどが砂や小石に混じっています・・・。

180802奄美ウミ2

この日は青空が広がり気分も最高~。

180802奄美大島バショウ群生地2

そんな海辺から少し走ったところに、いきなりバショウがたくさん群生しているエリアに遭遇。

180802奄美大島バショウ群生地3

バショウは英名をジャパニーズ・バナナと言うが、中国が原産といわれていて、高さは2~3mで更に1~1.5m・幅50cm程の大きな葉をつける。花や果実はバナナとよく似ている。熱帯を中心に分布しているが耐寒性に富み、関東地方以南では露地植えも可能である。琉球諸島では、昔から葉鞘の繊維で芭蕉布を織り、衣料などに利用していた。沖縄県では現在もバショウの繊維を利用した工芸品が作られている。(Wikipediaより)

180802奄美大島バショウ群生地1

山の斜面にもバショウ(イトバショウ)がいっぱい!龍郷(たつごう)町のサイトによりますと、このイトバショウから採られる繊維は、昔、衣服の原料として利用されていました。また、醜い娘のことを島の方言では「バシャ山」と言います。醜い娘を嫁入りさせる際に、手土産として財産(バショウの山)を持参させたことにちなんでいるようです。^ ^;

<ソテツ群生地>

180802奄美大島ソテツ群生地1

そしてその気持ちのいい道路から山道に入って行きます・・・。

180802奄美大島ソテツ群生地2

くるりと回って車を道路脇に止めます。

180802奄美大島ソテツ群生地3

そこには山肌にいっぱいのソテツ群!

180802奄美大島ソテツ群生地6

同じく龍郷町の案内によりますと、安木屋場の群生地にあるソテツの本数は約6万本とも言われ、山肌一面に広がる光景は圧巻です。ソテツは第2次世界大戦の前後までは、民衆の飢餓を救う貴重な食料源でした。現在でも、「ナリ粥」や「ナリ味噌」として口にすることが出来ます。とのことです。

180802奄美大島ソテツ群生地5

鹿児島県観光交流局観光課の案内ではソテツは奄美では幹や実からデンプンをとる救荒植物としても利用されてきました。また土砂が流出しないための畑の土止め用に、葉は大島紬を染める泥田の鉄分補給用に、また薪や肥料、あるいは花籠や子供のおもちゃにと幅広く活用されてきた、奄美の人々の暮らしになくてはならない植物です。奄美大島北部にはソテツの群生が多いのですが、ここ安木屋場の群生は圧巻です。ともありました。

180802奄美大島ソテツ群生地4

それにしても見事・・・。これは見に来てよかった。

180802奄美大島ソテツ群生地7

これから海の景色を楽しみながら再び車を走らせ、奄美市名瀬に戻ってランチをいただこうと思います!

<MAP>

180802奄美大島ソテツ群生地MAP

「ソテツ・バショウ群生地」
鹿児島県大島郡龍郷町安木屋場付近

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっと!お願いしま~す

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 日本の旅(沖縄・離島) | 05:30 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

蘇鉄と芭蕉

本当に南国の雰囲気を出してくれますよね。
蘇鉄は毒素を含んでいて、澱粉質を採る時に処理が不完全不十分だと、その毒素にあたって大変な事になったとか。

芭蕉も良いですね。奄美大島が琉球王国に属した17世紀以降、良質の芭蕉布は黒砂糖とともに日本国薩摩藩への貢納品として納められた。

何れも薩摩藩にとっては貴重な収入源であった訳です。

| cda | 2015/08/05 10:30 | URL | >> EDIT

こんにちは。南国の風景ですね~

奄美大島がこんなに起伏に富んでいる島だったとは知りませんでした。イメージ的にもっと平坦な島なのかと…

自然自体は思っていたとおり、屋久島にも負けない豊かさですね~

| ヨンミョン | 2015/08/05 11:00 | URL |

cdaさん

今も生い茂るソテツには人々の暮らしと密接に関わって来たのですね。それにしてもここまですごいソテツの群生ができたのはすごいことです。昔のソテツ畑でしょうかね!?^ ^

| seoulmiki | 2015/08/06 06:57 | URL | >> EDIT

ヨンミョンさん

こんな素敵な島に簡単に来ることができるなんて本当にありがたいことです。日本の旅は本当に素晴らしいと改めて実感です。^^

| seoulmiki | 2015/08/06 06:59 | URL | >> EDIT

mikiさんありがとうございます笑。故郷なのに何も知らないです私。ここのソテツの群生、何10年か振りに見ました!ホント見事ですね。今度帰ったら行きたい場所になりました(^^)

| まつこ | 2015/08/07 23:49 | URL |

まつこさん

こちらのソテツの群生地はすご過ぎてびっくりです。この他にも海岸線でとても大きなソテツを見ました。ソテツを普通にあまり見ることのない私にとってはとても不思議な植物のひとつです。^^

| seoulmiki | 2015/08/08 08:15 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/2864-815ed1cf

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>