ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

奄美自然観察の森 まっくろくろすけに遭遇、もののけ姫の森!?でもハブはご勘弁。自然の宝庫を散策

ホテルでの朝食を終え、またまた向かうのは龍郷町にあるという、奄美自然観察の森です。実は、ホテルの周りからや、夕日、朝日を目指して移動するときにあちこちから聞こえるのはリュウキュウアカショウビンの声。

昔、野鳥撮りをやっていたときから、特に北海道の野鳥と、南の島の野鳥には関心が高くて、その頃に何かの機会に録音されたアカショウビンの「キロロロ・・・」という特徴ある鳴き声を聞いたことがあってそれが頭の中の奥底にこびりついていました。

そして奄美大島にやって来て、そのアカショウビンの声が信じられないほどあちこちで聞こえるものですから、これまた先日の北海道同様に眠っていた私のDNAが目覚めて大変な状況におちいっています。

つまり体の奥底でアカショウビンに会いたいという血が騒いでいるのでしょう、気が付けば奄美自然観察の森をリストアップしていた次第と言うことでしょうね・・・。^ ^;

ランキングぽちっとお願いします~^^

<珍しい野鳥の宝庫「奄美大島」>

150802ルリカケス

こんな本が奄美空港で販売されていました。表紙を飾るこちらの野鳥は奄美大島あたりでしかみられないという国の天然記念物のルリカケスです。カラスの仲間ですが、きれいな羽根の色などから島の人気者です。しかしながら、個体数がかなり減っているらしく、生息数は島でも1000匹ぐらいではとも言われています。奄美大島ではヒューシャとかヒョウシャと呼ばれるとありました。

150802アカショウビン

こちらはアカショウビン(写真はWikipediaのもの)。こちらが燃えるような赤いくちばしと真っ赤な色の体から火の鳥とも言われるアカショウビン。奄美大島ではクッカルと呼ばれたりするとか。カワセミの仲間のようですが鳴き声はキロロロ・・・と非常に特徴的です。初夏にかけて東南アジアから渡って来るそうです。

150802サンコウチョウ

こちらサンコウチョウです(同じく写真はWikipediaのもの)。本州でもいますが(私は1度だけ高尾山で遭遇)、こちらでもうるさいくらい鳴き声が聞こえました。

鳥たちのさえずりにこんな仲間たちに会いたいと気持ちが騒ぐのです・・・。

<奄美自然観察の森/龍郷町>

180802奄美自然観察の森へ

車を奄美自然観察の森に向かって走らせます。幹線道路から脇道にそれ、山道に入って行きます。

180802奄美自然観察の森へ2

これまた珍しい奄美の黒兎(アマミノクロウサギ)は奄美大島と徳之島だけに分布しておりに注意の看板。最近はよく車に撥ねられて個体数が減っているというニュースをNHKで見ました。こちらも国の特別天然記念物です。こうなりゃ何でも会いたい!

180802奄美自然観察の森へ3

やがて、奄美自然観察の森の駐車場に到着です。辺りから信じられないくらいの野鳥の鳴き声!アカショウビン、サンコウチョウ、その他、小鳥たちのさえずりがいっぱい!また、道を歩けば様々な蝶が飛び回っています・・・。まるでここは生き物たちの楽園~!?

180802奄美自然観察の森1

すぐに奄美自然観察の森のゲートに到着です。

180802奄美自然観察の森2

しかし・・・。こんな立て看板も・・・。こ、怖いっ・・・!山菜や農作物を盗まれないようにマムシ注意っていう看板をわざと立てたりするのを本州ではよく見ますが、まさかここはそんなことがないと思います・・・。

本州でもマムシに遭遇、見ただけでもゾッとした経験がありますが、こちらのハブはウワサ先行もあり、もっと恐ろしく感じます・・・。Wikipediaによりますと、全長100~200cm、最大全長241cm、体重1.35kg。雄は雌より大きくなるとのことで、頭部は大きく、他のクサリヘビ同様三角形をなし、眼と鼻の間にはピット器官が見られる。性質は非常に攻撃性が強く、ピット器官で感知したものには威嚇行動をせず、即座に襲いかかるとか・・・(ひいい~~)。奄美大島では2009年7月16日に体長226cm・体重3.15kg、胴回りの最大周が約20cmの個体が捕獲されているとのことです。さすがにこれはご勘弁を・・・です。TT

さらにウソか、真か、TVドラマ版『男はつらいよ』では、車寅次郎はハブ獲り名人となって一旗上げることを目指して奄美大島に渡り、ハブに咬まれて死亡した、という最終回となっているそうです・・・。ま、周りに目を光らせて用心用心です。

<奄美自然観察の森の野鳥たち>

180802奄美自然観察の森の鳥たち

ハブにおびえながらも、公園内の立て看板を発見。なるほど、やはりここは野鳥の宝庫。朝早くから何人かの人たちにも出会い、まず普通にしていればハブの危険性も高くないだろうと認識。(勝手に^^;)

180802奄美自然観察の森3

ここは歩道から外れないように歩きます。

180802奄美自然観察の森4

おやっ?!壊れた遊具が・・・。

180802奄美自然観察の森5

森の中に子どもたちの遊び場を発見。ハブがうようよしている場所にこのようなモノがあるわけないと思われます。

<そこはもののけ姫の世界!?>

180802奄美自然観察の森7

うわっ、なんかもののけ姫の世界と似ている・・・。そういえば、もののけ姫の舞台のモデルは奄美大島と鹿児島の間にある屋久島だっけ・・。なら似ていてもおかしくないですね。

180802奄美自然観察の森8

木の枝に南国らしい寄生樹(って言えばいいのでしょうか)が生えていたりする・・・。

180802奄美自然観察の森9

ここは植物の宝庫でもあります。

<うわっ、まっくろくろすけだ!>

180802奄美自然観察の森10

木の根元にびっくり、まっくろくろすけが張り付いている~~!でもちょっと小さすぎかな・・・。ザトウムシの一種なのでしょうか。

180802奄美自然観察の森11

奄美大島はまさに蝶の楽園でもあります。あちこちにカラフルな羽根の種類の蝶がいっぱい!意外と動きが早くてなかなかうまく観察が出来ません。きれいな羽根の蝶をなかなか捉えることが出来ません。地味ですがようやく観察できたこの蝶の名前は何?わりにどこででも見ることができるヒメアカタテハと推測。

<奄美自然観察の森の展望台>

180802奄美自然観察の森6

いつ設置されたのか、カバーが劣化して内容がよくわからない展望説明。

180802奄美自然観察の森12

でもその先には風光明媚な景色。

180802奄美自然観察の森13

声はすれども姿見えず、今回は残念ながら鳥はさえずりだけで鳥たちの姿はお預け。それでも来てみてよかった奄美自然観察の森でした。

<MAP>

180802奄美自然観察の森MAP

「奄美自然観察の森」
大島郡龍郷町円1193  TEL(お問い合わせ)0997-54-1329
・開園時間 9:00~16:00

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっと!お願いしま~す

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 日本の旅(沖縄・離島) | 18:30 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ここの事は知りませんでしたー!そして、まっくろくろすけに似たあれ虫ですか⁈ あたしあんなのに遭遇したら、怖すぎて動けないです(´Д` )
アカショウビンの鳴き声は覚えがあります。確かに島を思い出しますね〜。よく聞いてたって事ですね!

| まつこ | 2015/08/07 23:43 | URL |

まつこさん

まっくろくろすけの方がよかったです。今回の旅ではハブに遭わなかったことが最高の幸せです。ホテルから近くの場所に奄美観光ハブセンターが有ったのですが、今回はやっぱり怖いのでやめました(うなされそうでしたので。)
まつこさんは自然の中でハブをご覧になったことはありますでしょうか?!^^;

| seoulmiki | 2015/08/08 08:11 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/2865-94c02cbb

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>