ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

奄美マングローブカヌー探検! 黒潮の森 マングローブパーク <道の駅 奄美大島 住用>

今回の奄美大島でのふたつの最大の楽しみのうちのひとつはマングローブカヌー体験(探検)!やってきたのは奄美大島最大のマングローブ原生林黒潮の森」です。住用川と役勝川が繋がる河口域にあり、住用町マングローブ国定公園特別保護地区として保護されているそうです。

マングローブはよく聞くけど、なんのことやらよくわからなかったりします。ああ、昔ハブと対決するイベントに登場していたやつ?なんて思うのは、それはマングース・・・。^^; なら、湿地帯のジャングルのこと?

私も現地でカヌーの先生に聞いてわかったのですが、詳細を言えばあれこれあるらしいのですが、簡単に言うと、熱帯から亜熱帯辺りの海水の入る湿地帯に生えている植物の総称を言うらしく、これらが自然に生い茂る場所をマングローブ原生林と言ったりするらしいです。

奄美大島最大のマングローブ原生林「黒潮の森」は島を短時間に横断することが出来る国道58号線沿いにあって、それもなんと道の駅がマングローブカヌー体験の基地となっています。そしてそのマングローブカヌーはお年寄りから子どもまで簡単に楽しめるそうです!そういう私もカヌーは初体験。公園の手漕ぎボートがへたくその人でも大丈夫(私?^ ^;)!なんなく楽しめますよ。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<道の駅 「奄美大島 住用」 マングローブ館>

150806マングローブ館外観

再び車を走らせやってきたのは島の東側。国道58号線沿いにある道の駅 「奄美大島 住用」です。こちらの休憩所がここマングローブ館です。

150806マングローブ館

建物の脇には秋篠宮殿下お手植えの蘇鉄(ソテツ)。殿下がこのブログをご覧になっているといいのですが(ありえない)、平成13年1月17日の植樹のソテツがもうこんなに大きくなりました。

150806マングローブ館MAP2

それはさておき、道の駅の南側に広がるのは広大なマングローブ原生林。

<マングローブ館でカヌーチケットを購入~!>

150806マングローブ館カヌーチケット

カヌーは1人用、2人用があります。体験時間は決まっていて、午前10:00から1時間30分ごと、11:30、13:00、14:30、16:00に実施、探検開始時間の30分前までに受付をします。 料金は1500円/人(保険つき)。 *価格や時間は変更になることがあります。2015年8月現在。

私は事前に電話をして時間を確認したら、この日は14:30の時間帯が潮が満ちてきていい時間だと教えていただきました。

150806マングローブ館カヌー乗り場へ

そろそろ30分前なのでカヌー基地に移動します。

<カヌー発着所で簡単に手ほどきを受けます!>

150806マングローブ館カヌー発着場

すぐにカヌー発着所に到着。日焼け止め、汗を拭くタオルなどあるといいそうです。くつ(サンダル)は無料貸し出しで、こちらにロッカーもあります。

150806マングローブ館カヌー乗り場3

ライフジャケット。

150806マングローブ館カヌー乗り場

案内板をちょっと見てみよう~。

150806マングローブ館カヌー乗り場2

マングローブではいろんな動植物を見ることが出来るようです。私的にいつも気になるのは爬虫類・・・。ハブ、ヒメハブ、ヒャン、アカマタ・・・、毒蛇ばっかり・・・。今回もこれらに出会うのはご勘弁願いたいところです。

150806マングローブ館カヌー乗り場4

先生がパドルを皆に配ります。パドルは超軽量~。そしてこちらで前進や方向転換の仕方を教えてくださいます。なるほど、そんなに難しいわけではありません。簡単でよかった!

<奄美マングローブカヌー探検を楽しむ!>

150806マングローブ館カヌー乗り場5

いよいよ、先生とともに奄美マングローブカヌー探検の旅のスタートです!

150806マングローブ館カヌー体験中1

カヌーに乗り込むのは一見大変そうですが、ここは先生がカヌーが動かないように支えてくれますので簡単に乗り込めます。いったん、水の中で推進を開始すれば聞いたのとやるのではのギャップが多少あり、最初はみんなあちこちぶつかったりしていますが、やがてすぐに慣れることができます。

ほら、この通り。みんなスイスイ!

150806マングローブ館カヌー体験中2

うわー、カヌーって気持ちがいいし、とても楽しい~。

150806マングローブ館カヌー体験中3

沖に向かって先生の指示に従って移動します。アカショウビンの声があたりに響き渡ります。(アカショウビンの声は秋まで。)

150806マングローブ館カヌー体験中7

とても頼りになる先生。

150806マングローブ館カヌー体験中4

進行の脇にはマングローブ原生林。こちらではヒルギ類の木が多いようです。

150806マングローブ館カヌー体験中5

前進~。

150806マングローブ館カヌー体験中6

マングローブの低木帯。

150806マングローブ館カヌー体験中8

カヌー探検隊はマングローブの木の森の中に入ってきました。そこはまるでマングローブのトンネル!

<マングローブ植物ヒルギの秘密!>

150806マングローブ館カヌー体験中9

マングローブの森の中でいったん待機。先生の解説を聞きます。

150806マングローブ館カヌー体験中10

どうして、塩水では枯れる植物が多いのにマングローブの木々は大丈夫なのでしょうか。ひとつの答えがこの黄色い葉っぱ。ヒルギ類では木の中の一部の葉を犠牲にして、そこに塩分を溜め込んで、時期が来たら葉を落とさせ、また新しい葉に塩分を溜め込むという不思議な行動を取るようです。(へ~、とかなりの驚き)

150806マングローブ館カヌー体験中11

先生が取ってくれた葉をカットしてなめてみれば、確かに塩っぽい!なるほど、海水と淡水が混ざり合う湿地帯のマングローブの森にはこんな秘密があったのですね!

<お楽しみの後は奄美きょら海工房アイス!>

150806奄美きょら海工房アイス

ひと運動の後はやっぱり甘くて冷たいものがいいですね!

150806奄美きょら海工房アイス2

マングローブ館の売店で購入は奄美のフルーツから作った奄美きょら海工房アイス。たんかんアイスにしました。

150806奄美きょら海工房アイス3

はっ!北海道での悪夢が・・・。よかった、こちらは奄美で作られたもののようです。

150806奄美きょら海工房アイス4

それではいただきます。

150806奄美きょら海工房アイス5

マングローブ探検の後のくつろぎのひととき。奄美のマングローブ原生林では、夜間探検、長時間の遠方までの探検などのイベントをやっていたりもするようです。まずはこちらでマングローブとカヌーの慣らしをしてから、そちらのイベントへの参加もいいかもしれませんね!次回もいろいろ楽しめそうなマングローブ体験です。

皆さんも奄美大島のマングローブカヌー体験をしてみませんか。^ ^

<MAP>

150806マングローブ館MAP

「道の駅 奄美大島 住用 マングローブ館」
奄美市住用町石原478   TEL 0997-56-3355
・奄美市中心部より約20km、車で30分。
・奄美空港より約50km、車で約1時間20分。
・営業時間:9:30~18:00
http://www.mangrovepark.com/index.php?FrontPage

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっと!お願いしま~す

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 日本の旅(沖縄・離島) | 05:30 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。良い体験をされましたね!

私もマレーシアのランカウイ島で同じような体験をしましたが、これを行うと「自然を大切にしなければ」との想いが強くなりますよね~

珍しい動物なんかも見ることができましたか?

| ヨンミョン | 2015/08/07 10:27 | URL |

ヨンミョンさん

満潮と言うこともあって珍しい動物を今回は見ることはありませんでした。でも、響き渡るアカショウビンの声でとても満足でした。このような自然はいつまでも残さねばと思いました。^^

| seoulmiki | 2015/08/07 19:17 | URL | >> EDIT

海以外で1番オススメする場所かも。そんな事言いながら私は昨年初めて行ったんですけどね笑。水面ギリギリを滑るカヌーは気持ち良いですよね〜。次の日筋肉痛でしたが( ^ω^ )

| まつこ | 2015/08/08 00:11 | URL |

まつこさん

こちらに昨年行かれたのですね!こちらは今回メインで考えているふたつの奄美体験のうちのひとつでした。とても貴重な体験が出来ました。ここはもう一度、違う時間帯に来て見たいと思います。(今回は運よく筋肉痛になりませんでしたが、次回も筋肉痛にならないように事前に腕の運動しておきます!^^;)

| seoulmiki | 2015/08/08 08:24 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/2868-568a0727

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>