ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

「韓国の達人」は「韓国の鉄人」?!

韓国ソウルの街を歩けば、お馴染みの風景。

よく見るとこれが“達人技”。

韓国の達人技を支える道具がこれまたすごい!

思わず、鉄人28号じゃないかと思ったりします?!^^;

ランキングぽちっとお願いします~^^

<神戸長田区の鉄人28号モニュメント!>

151009神戸の鉄人28号

神戸公式観光サイトFeel KOBEの案内によりますと、JR新長田駅南側の若松公園内に直立時の設定が18mにも及ぶ「鉄人28号」の巨大モニュメントが設置されているそうです。神戸出身の漫画家、故・横山光輝さんの1956年の作品「鉄人28号」のキャラクターを再現したもので、新長田にゆかりの深い横山光輝さんの作品の魅力でまちを盛り上げようと、地元の商店街などが中心となって立ち上げられたNPO法人「神戸鉄人プロジェクト」が、震災復興と地域活性化のシンボルとしての期待を託し、作られたそうです。 *写真はWikipediaより。

<鉄人28号とは?!>

151009鉄人28号

Wikipediaによりますと、これがすさまじい設定で、太平洋戦争末期、日本帝国が起死回生を目的として南海の孤島において極秘裏に建造していたロボット兵器の28番目の設計機。 アンリカ軍の爆撃で計画が頓挫したものの、戦後に戦争とは無関係に「科学者として素晴らしいロボットを完成させたい」という理由で金田博士と敷島博士の協力のもとで誕生した。鉄人は小型の操縦器(リモコン)によって操縦される。(この無敵のロボットが戦時中に完成されていたらと思うとぞっとする・・・。)

物語は鉄人を自由に操れる小型操縦器(リモコン)を巡って悪漢、犯罪組織にスパイ団までもが入り乱れる争奪戦に、主人公の少年探偵・金田正太郎も巻き込まれる。数々の苦難の末に鉄人を手に入れた正太郎は、今度は鉄人28号の力で次々と現れる犯罪者や怪ロボットを倒して平和を守る為に活躍する。ってなお話のようです。

<ここはソウル忠武路>

151009引越しクレーン1

巨大なアームがビルの引越し荷物を運び出してるという韓国ではお馴染みの風景。

151009引越しクレーン2

アームの滑らかな動きは荷台に乗っている人が操るのではなく・・・、(そもそも、そこに人は乗ってはいけないのかも知れません・・・。^^;)

151009引越しクレーン3

な、なんと!このアームを操るのは韓国の操縦達人!鉄人28号並みの小型操縦機(リモコン)でアームを自由自在に操ります。リモコンを悪漢に奪われないようにお願いします。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 韓国の街で見かけたコトモノ | 06:00 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。タイトルからてっきりアノ達人さんのお話しかと思ってしまいました。

日本ほど安全基準に厳しく、それを律儀に守る国はないと思います。それだけ人の命が重く扱われているのだと思います。それにバレなければ良いという考えは日本人は薄いですよね。裏表の少ないのが日本人の美点だと思います。

| ヨンミョン | 2015/10/09 09:25 | URL |

ヨンミョンさん

ちなみにクレーンの下は誘導員もいず、普通に人が歩いていたりします・・・。^^;

| seoulmiki | 2015/10/10 06:40 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/2938-0004e961

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>