ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

ハニートントンイチゴ ハニー旋風に追従のはずなのに… 果物味ポテトスナックは瞬間的な人気に終わるか

以前に比べ、韓国コンビニにいつ行っても目新しい新製品が並びます。

特に最近のハニーバター人気から始まる、ハニーシリーズはすごい勢いを感じます。

おかげさまで我々もコンビニ訪問が楽しみのひとつ!私も今回はヘテのホニトントンタルギ(ハニートントン イチゴ味)を買っていただきました!

その一方で先週、韓国のニュースにこんな記事がありました。

ランキングぽちっとお願いします~^^

「ハニー熱風に追従のはずなのに… 果物味ポテトスナックは瞬間的に人気に終わるか」
最初市場に発表された‘ハニーふっくらとアップル’コンビニエンスストアーで、販売急減
好奇心での購入2回まで。リピート率低く・・・。 -2015.10.10 天地ニュースから-

151016ニュース天地

去る7月から相次いで発売された果物味ポテトスナックらが‘ハニーバターチップ’の熱風をつなぐには力不足のようだ。新しい味の製品は既存のポテトスナックより良いスコアを得ることができない雰囲気だ。果物味のポテトスナックで最も早く市場に発表されたのは、ヘテ製菓の‘ハニートントンアップル味’だ。今年、7月中旬に業界最初のポテトスナックに果物味を導入した製品というタイトルを冠して発売された。ヘテ製菓は‘第2のハニーバターチップ’人気を再現するという気合の入りようで、以後、ハニートントンイチゴ味も追加発売された。 *上記写真は天地ニュースのものです。

151013ハニートントン

私も今回はハニートントンイチゴ味を買ってみました。^^

業界では月の売り上げが10億ウォンが越えればヒット製品と言われるが、ヘテ製菓によれば‘ハニートントンアップル味’は発売から20日で186万袋を販売し、28億ウォンの売り上げを上げた。また、ヘテの数日前に、ロッテ製菓は既存ポテトチップ‘レイズ(Lay’s)’にバナナ、リンゴ、イチゴの果物味フレーバーの薬味粉を入れた袋を付着して販売し始め、さらに直後に‘バナナ食べたポテトチップ’も出した。

151013ハニートントン2

ハニートントンイチゴ味は、蜂蜜によって甘さが強調されたほとんどイチゴフレーバーのお味です。

当時ロッテ製菓は消費者らの果物消費量が増加しているという点を考慮して,熱帯果物など多様な果物味を混合した商品を持続的に発売する計画と発表していた。続いてオリオンもポカチップライムペッパー味で、果物味スナック市場に加勢した。さわやかなライムとコショウの独特の味が交わって新しくて多様な味を探す若い層をターゲットに出した製品だ。さらに8月に入ってヘテからは‘メープル シロップ+バナナ+マンゴー’の味の商品を発売、最近ではコンビニエンスストアーセブンイレブンがポテトチップにカンキツとバナナ シーズニングでうまみを出した‘カンキツポテトチップ’ ‘バナナポテトチップ’の発売を開始した。

151013ハニートントン4

確かに、ハニートントンイチゴ味は1回食べればいいかなという感じですが、生き残れるといいですね。^^;

このように果物味ポテトスナックが相次ぐ発売により、甘いポテトスナック熱風を継続するはずだったが,一部には‘瞬間的な人気に終わるようにも思われる。そしてここにきて、初期ヒット製品のハニートントンアップル味の販売が急激に落ちこんだたことが明らかになった。あるコンビニエンスストアーではる8月に比べ、9月はハニートントンアップルの販売が59.2%もマイナスに落ち込み、別のコンビニエンスストアーでもマイナス60.1%の売り上げ減となった。

151014ライムポテチ2

今回はこのライムペッパー味のポカチップもコンビニで購入して食べてみました!

コンビニエンスストアー業界のある関係者は“現在、一部の製品をのぞいては果物味ポテトスナックが消費者の呼応を得ることができない雰囲気”として“自社でも製品開発を検討しているPB商品を出すことは難しそうだ”と話した。ソウル駅近隣でコンビニエンスストアーを経営する関係者も“消費者が好奇心から1,2回程度は買うが、リピートはほとんど見られなかった”と話した。

151014ライムポテチ3

ポテトチにライムフレーバーとペッパーとは大胆な組み合せ。私も好奇心から飛びつきました。^^;

ソーシャルネットワークサービス(SNS)では、新しい味であるだけに好き嫌いが分かれるという評価が上がってきている。ある製造業者関係者は“習熟した味ではないから好き嫌いが分れる”ながらも“‘新鮮だ’というなど肯定的な反応がさらに多い”と話した。

151014ライムポテチ4

なるほど、確かに新鮮さもあり、お味も悪くはないですが、いつまで販売されるのか気になるところです。

メーカーとしては、ハニーバター旋風に続く次の大きなスポットな何なのかと、引き続き新しいコンセプトをめぐり、日々、マーケティング会議が続いているものと思われます。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 韓国のお菓子 | 07:30 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます~

このシリーズはさすがに一時的なブームで終わりそうですね。日本にもあるチョコレートがけのポテチなら少しは息の長い商品になるかもしれませんが…

それを抜きにしても海外のコンビニはちょっとしたワンダーランドですね!

| ヨンミョン | 2015/10/16 09:08 | URL |

ヨンミョンさん

以前の韓国のコンビニはこんなに新製品が次から次へではなかったのに今はまるで日本並です。(日本以上かも!)^^;

| seoulmiki | 2015/10/17 07:10 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/2943-f0d5f72e

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>