ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

石窟庵(ソックラム) 慶州K-POPのリベンジ達成!皆で記念のサイン会をしてきました。

慶州の石窟庵(ソックラム)といえば、1962年に大韓民国国宝第24号に指定された仏教遺跡です。そして、1995年に石窟庵から約4キロメートルほど離れた仏国寺とともに、「石窟庵と仏国寺」として世界文化遺産に登録されたという貴重な遺跡でもあります。

ガイドニムの話によれば1909年に郵便配達員が峠を越えようと移動していたところ、雨が強くなって、休みを取ろうと雨宿りをしたところ、偶然にピカッと光るものを発見。よく見ればそれは仏像の額であり、偶然にこの遺跡がよみがえるきっかけになったそうです

Wikipediaによれば、当時の石窟庵は崩壊寸前で、倒壊の恐れがあり、天井が抜け落ち、仏像に直接雨が当たり、周囲の仏像の配置もすでに不明で、全体の半分以上が土に埋もれていたとのことです。

石窟庵(ソックラム)は諸説いろいろあるようで、ガイドニムが気になっている解説をしていました。それは1913年から1915年にかけての日本による修復工事でセメントを使用した結果、石窟庵の通気が悪くなって湿度問題が発生し、今はそれをエアコンにてカバーしているとのことでした・・・(韓国での一般的な通説)。しかし、一方で研究書の中には補修後20年を経た日本統治時代終盤でも石窟庵に異常はなかったと判断されるものもあるようです・・・。さてその真実は?!^^

ランキングぽちっとお願いします~^^

<慶州の山の上にどんどん上っていきます!>

151213バスで石窟庵

バスでどれだけ山道を走ったでしょうか、バスはそろそろ頂上に近づいているようです。

151213石窟庵到着

バスは頂上付近の駐車場に到着です。

151213石窟庵到着2

慶州の街が小さく見えます。石窟庵を発見した郵便配達員は当時すごい移動をしていたものだと感心します・・・。

151213石窟庵へ向かいます1

この日は寒い風の勢いがすさまじい~~。

151213石窟庵へ向かいます

ここから石窟庵まで歩きます・・・。

151213石窟庵世界遺産の碑

石窟庵は仏国寺とともに1995年に、「石窟庵と仏国寺」として世界遺産に登録されました。ガイドニムのお話によれば、韓国の仏教と儒教の係わりについては切っても切れない関係があるとのことですが、このお話は仏国寺のときにさせていただきます。

<K-POPのリベンジ?!>

151213石窟庵へ向かいます2

実は私、この場所は初めてではありません。

151213石窟庵へ向かいます3

以前、慶州にK-POPコンサートの取材にやってきたときに、ついでにここにやってきていたのです。

<当時の訪問時は石窟庵にたどり着かなかったのです!>

151213当時

この写真は前回やってきたK-POPコンサートのとき(2011年10月)。秋の行楽シーズンということもあり、この列!あまりのすごい列ができているだけでなく、まったくもって列の進みも悪く、K-POPコンサートの開始時間のために、石窟庵の見学は断念したという苦い想い出があったのです・・・。

*あのビッグネームも!慶州K-POPが気になる方はこちらをどうぞ!
・2011韓流ドリームコンサート取材レッドカーペット(リンク) 
・2011韓流ドリームコンサート実況(リンク)

<今回はようやくリベンジです!>

151213石窟庵1

そして、そのときに、絶対にもう一度来る!と誓ったのでした。こちらがそのたどり着かなかった石窟庵。

151213石窟庵2

朝一に慶州のホテルを出発したということもあるし、シーズンオフということもあり、あの列がまるでうそのようなガラガラさ・・・。ここは朝一に来る場所だね・・・。あっけなく、K-POPのリベンジがなされそうです・・・。

<世界遺産「石窟庵(석굴암/ソックラム)」>

151213石窟庵4

あまりのスカスカさにうれしいやら、こんなのでいいのか石窟庵という複雑な気持ち・・・。

151213石窟庵5

この中に石仏があるのですね・・・。それでは入ります!

151213石窟庵6

中に入れば、すぐ目の前に立派な石仏がありました。肉眼での見え方はまったくこの写真と同じです。*石窟庵内は撮影禁止です。石仏の写真はWikipedia、韓国観光公社資料などからのものです。

151213石仏

石仏の高さは3.4m。如来坐像の額には、ガラスが埋め込まれていて、東から昇る太陽により石窟内に日差しが入ってくると、額のガラスが光る設計になっているとのことです。

151213石窟庵7

こちらは発見当時の写真。すごい!

ちなみに、本尊の仏像は現在は釈迦如来と認識されているそうですが、阿弥陀如来か釈迦如来かは韓国でも議論があるとのことです。なお新羅時代の寺院の本尊は毘盧遮那仏か阿弥陀如来である場合が多いようです。

<石窟庵を見学のあとはサイン会!?>

151213石窟庵瓦奉納3

bururaさんの発案で、ここで奉納の瓦に皆でサイン会を開こうということになりました。1枚10000ウォン。10人1人1000ウォンのサイン会~。皆で楽しくいったいどのくらいサインに時間かけているのかというくらいワイワイガヤガヤ楽しい時間~。

151213石窟庵瓦奉納4

出来上がり~!

151213石窟庵瓦奉納

皆で記念撮影です。ハナ、トゥル、セッ、キムチ~~!ちゃんとキムチで笑った顔にしてくださいね~。

151213石窟庵降りる

しかし・・・、振り返って見れば、マーカーでサインした瓦が乗っているようには見えない・・・。

151213石窟庵瓦奉納2

おばちゃん、ちゃんと修復のときに使ってねっ!心配ない、ちゃんと修復の時などに使われるますとの返事ですが・・・。

151213石窟庵3

これで念願の石窟庵の石仏をようやく見ることができました。本当によかったです。まだの皆さんも機会があれば石窟庵を是非見に行ってくださいね!

<MAP>

151213石窟庵MAP

「石窟庵(석굴암/ソックラム)」
경상북도 경주시 불국로 873-243  TEL 054-746-9933
慶尚北道慶州市仏国路873-243
・仏国寺駅から11km。(タクシーで約25分片道13000ウォン程度。もし、乗れた場合は帰りはメーター倒して待ってもらうとかがよいと思います。タクシー代計算は目安であり、道路状況により異なります。)
・ツアーバスなどの利用が便利そうです。

ランキングぽちっとお願いします~^^

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!!

ぽちっとお願いします!ランキングがあがって頑張れます。^^

★クリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 観光地(慶州・慶尚北道) | 05:30 | コメント:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

早いなあ

もう石窟庵ですか!
さすが早いなあ
ここは交通の便が悪いので
ツアーとかでないと
厳しいですよね

| 豊年満作 | 2015/12/14 07:21 | URL | >> EDIT

こんにちはです~

石窟庵、懐かしいです。中が撮影禁止なのは残念ですよね。駐車場まで辿り着ければしめたもの、あとは比較的平坦な道を歩くだけですから。

しかしこのツアー、どんだけ密度の濃いメンバー&内容なんですかぁ~

| ヨンミョン | 2015/12/14 12:04 | URL |

慶州&ソックランは好きな場所です。
私も2回行きました。

冬も寒いでしょうけど素敵ですね~&みんなでサイン!素敵ですね❤

| ル~♪ | 2015/12/14 16:50 | URL |

豊年満作さん

前は往復一万円ほどの投資でタクシーできたのですが、それですごい列でがっかりでした。今回はさっと入れて拍子抜けでした〜。もちろん、そっちがいいに決まっていますが・・・。^^;

| seoulmiki | 2015/12/15 07:03 | URL | >> EDIT

ヨンミョンさん

こんな山奥にこんな立派なものが眠っていただなんて。運よく発見されてよかったです。ようやく石仏を見ることができました。^^

| seoulmiki | 2015/12/15 07:06 | URL | >> EDIT

ル~♪さん

ここは何度きてもまた見たくなるという話が聞かれました。石仏との距離が近いせいでしょうか。石仏の顔を見ていると不思議な気持ちになって、何度も来たくなる感じが私にもわかりました。^^

| seoulmiki | 2015/12/15 07:09 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3031-e8aa5848

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>