ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

羽田空港第1ターミナル 早朝対決!JALサクララウンジ VS ゴールドカードラウンジ 軍配は?!

大韓航空(KAL)の上級会員のモーニングカームから格下げされたものの、JALはグローバル会員が継続されていますし、ゴールドカードの他、楽天プレミアムカードでいただいたプライオリティパスがありますので、搭乗前のラウンジでのひと時にはあまり困らないので助かっています。

この日は、羽田空港第1ターミナル(JALがメイン)の利用です。始発便の利用で、早朝に自宅を出て空港にやってきました。特に朝は交通機関が乱れやすいのでかなり余裕を持って自宅を出発しています。そんなこともあって空港で軽食でも取りたいところです。

当然、日本航空・JALサクララウンジに向かうのですが、航空会社のラウンジゆえ、ゴールドカードラウンジよりいいという固定観念は損かも知れません。

今朝のような状況の時は私的にはJALサクララウンジよりはゴールドカードラウンジがおススメだったりします。^^

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<羽田空港第1ターミナル>

160106羽田空港国内線

早朝のお出かけのときは時間に余裕を持って移動しています。私の場合、中央線を利用していますので、ここぞのときにダイヤの大幅な乱れに出会っている経験が多いことから、いつもある種の恐怖感が付きまとうのです・・・。

<ラウンジはしご!>

160106羽田空港国内線JAL

JALラウンジに、

160106羽田空港国内線GCラウンジ

ゴールドカードラウンジ、エアポートラウンジノース。今朝はこの両者が激突します!?^^;

160106羽田空港国内線GCラウンジ2

今朝のような早朝は、どちらのラウンジがいいか潜入です!

<JALサクララウンジ(メンバーシップ)>

160106羽田空港国内線JALサクララウンジ

JALサクララウンジで、小腹を満たそうと思えば・・・、食べるものといえば、おつまみ・・・。おっと、これでは落ち着きません。TT

<エアポートラウンジノース (ゴールドカードラウンジ)>

160106羽田空港国内線GCラウンジ3

一方、こちらゴールドカードラウンジのエアポートラウンジノースではお一人様2個までですが、朝8時頃までパンの提供がありました。JALだと、サクララウンジの上のファートクラスラウンジ(一般人は厳しい)にてパンが提供されていましたので、まるで気分はファーストクラス?!

160106羽田空港国内線GCラウンジ4

やはりコーヒーとパンだと、朝から落ち着いた気分になれます・・・。まるでラウンジ下克上。^^;

<固定観念はもったいないかも!>

160106羽田空港国内線GCラウンジ5

金浦空港国際線のラウンジも個人的には大韓航空のラウンジよりもプライオリティパスのラウンジ休の方がよいと感じたり、航空会社のラウンジがいつもよかったりするわけではないようです・・・。

ただし、早朝からでもパンよりビール!っていう人は別です!^^;

<それでは搭乗です!>

160106羽田空港国内線JAL21番ゲート

これから向かうのは・・・。めちゃくちゃディープなB級グルメ旅が始まる予感~?!

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行韓国情報 の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!韓国情報~! ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 空の旅(国内空港・ラウンジ) | 06:00 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは~

時間帯や何のサービスを求めるかにもよるとは思いますが、差がありますね。必ずしも上のクラスのラウンジが良いとは限りませんね。どちらにしても私には縁のない場所ですが(笑)

| ヨンミョン | 2016/01/07 12:39 | URL |

ヨンミョンさん

昔はインターネットにつないだり、PCの電源を取るために為に入りたくて仕方がなかった時も多かったのですが、今はスマホのテザリングのおかげでラウンジの必要性や楽しみ方も随分変わってしまいましたね。^^

| seoulmiki | 2016/01/07 20:48 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3063-3d3404ca

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>