ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

バナナの木を見ておどろく!そして松尾芭蕉とバナナの関係

バナナがいっぽん ありました
青い南の 空の下
こどもが二人で 取りやっこ
バナナがツルンと とんでった
バナナはどこへ 行ったかな
バナナン バナナン バナナ

*「とんでったバナナ」 作詞:片岡輝

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ジャカルタ郊外>

160125インドネシア郊外

少々、ジャカルタの郊外に連れて行ってもらいました。巨大なビルの立ち並ぶジャカルタも少し街を離れば、道路脇がゴミ箱だったりする・・・。(そんなところもある。^^;)

160125インドネシア郊外2

家の周りは涼しげな南国の木々。

160125インドネシアバナナ

バナナの木も植えてありました。バナナは食用果実として非常に重要で、2009年の全世界での年間生産量は生食用バナナが9581万トン、料理用バナナが3581万トンで、総計では1億3262万トンにのぼる。主な生産国は、上位から、インド、フィリピン、中国、エクアドル、ブラジル、インドネシア、メキシコ、コスタリカ、コロンビア、タイだそうですが、中国が意外です・・・。

<バナナの木を見ておどろいた!>

160125インドネシアバナナ2

たわわに実るバナナの木!よーく見ると・・・、
バナナの房ってバナナの先が上向きに実るのですね・・・。
重さで折れそうな気もしますが・・・。

あ、忘れててた。松尾芭蕉の話ですよね。Wikipediaによりますと、松尾芭蕉が俳名を「芭蕉」にしたのは門人の李下から芭蕉(バショウ)の株を贈られ、大いに茂ったことにちなむそうですが、バナナは日本では古くは芭蕉と呼ばれたが、実を食するものは実芭蕉(みばしょう)とも呼ばれるそうです。こちらも知らなかった・・・。

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行韓国情報 の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!韓国情報~! ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 世界の旅(インドネシア) | 06:00 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

バナナ~

こんにちは。南国ならではの路地バナナですね!

さすがにバナナは能登だと露地栽培では育ちませんが、実の生らない芭蕉ならそこそこ育ちます。

もらいものの芭蕉の株を町の当時あった冬季寄宿舎の中庭についでに植えたらけっこう大きくなりました。

| ヨンミョン | 2016/01/26 11:12 | URL |

ヨンミョンさん

バナナをめぐっては門司のたたき売りとか、日本にもバナナをめぐる名物があったり、今では庶民のみじかな果物になりました。それにしても先が上を向いているなんて、気になしたことも今までありませんでした。^^;

| seoulmiki | 2016/01/27 07:03 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3081-b216bf0c

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>