ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

ジャカルタの光と影 これは厳しい・・・TT。子どももレンタル?!まずまずの住宅地をぶらぶら散策する!

ジャカルタ市内に再び帰ってきました。インドネシアは開発途上国ではあるものの、進んでいるところは進んでいます。

一方で、貧しいところは相変わらず貧しくて、日本に住む我々としては強いギャップを感じたりします・・・。

一般観光ですと観光地のいいところばかりを回りますが、個人でのあちこち街巡りゆえ、ちょっと人々の住むエリアを自分の足で歩いてみようと思います。

もちろん、安全の問題もありますので、それなりのエリアをぶらぶら歩きます・・・。

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<インドネシア科学院(LIPI)と物売りの子ども /ジャカルタ>

160213LIPI.jpg

郊外からジャカルタ市内に戻ってきました。この立派な建物は LIPI (インドネシア科学院)のビル。LIPIはインドネシア共和国の大統領直の中央研究所で、さまざまな分野の科学研究を行っています。ここにはインドネシアの超優秀な頭脳が集まってきていまして、世界の有名な企業、そして日本でも屈指の有名企業との共同研究などを行っています。

私の脳を100個集めてもかなわない天才、秀才な研究者たちが活躍したりしているわけです。でもその前提としてお金がかかる高等教育を受ける必要があります・・・。

160213売り込み

方や、知恵遅れのような子どもちなみに小脇に抱える路上物売り。ティッシュにお花などを信号停止中に売り歩いています。今はタクシーのお客様に売りつけ中・・・。聞けば、こちらの子どもはレンタルされているのではないかという話を聞きました・・・。TT

<サウス・ジャカルタの街散策>

160213学校

ここは小学校じゃないかと教えてもらいました。なかなかいい環境ですので、きっといい家柄の人たちの学校ではないかと勝手に推測。こういった学校で才能を開花させてLIPIに将来行ったりするのでしょうね。

160213街散策4

やたらめったら車通りの激しい裏道で発見したのはこれまた金持ちの子どもたちが通うと思われる幼稚園。すべてのスタートはこちらから・・・。さっきの子どもは幼稚園すらも行けないんでしょうね・・・。

160213街散策5

道向かいにはチキンとか揚げ物のお店。決してこぎれいではない。

160213街散策3

ワルンと呼ばれる形態の販売店。シャンプーを1袋(サンプル袋のようなやつです。)、蚊取り線香1巻きから売っていたりします。

160213街散策2

裏道のもう一本奥に入ったところの大き目の住宅が並ぶ通り。それでもこんな感じ・・・。

160213街散策

空き地もあり・・・。

160213ニワトリ

放し飼いのニワトリ。

160213ニワトリ2

勝手に道を歩いていたりします・・・。

<あちこちで大渋滞>

160213街散策6

これからホテルに戻ろうかと思いますが、表の道路も裏の抜け道も大渋滞・・・。それでも日本の会社はインドネシアに車を売りつつけます。日本車を売り続けねば、韓国車や欧州車にやられちゃうという何とも言えないジレンマ・・・・。

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行韓国情報 の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!韓国情報~! ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 世界の旅(インドネシア) | 19:30 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。これから見れば日本の子どもは恵まれています。それでも貧困の連鎖は断ち切らなければいけないと国も動き出しました。

東南アジアでは物乞いもレンタルの子どもを抱えている場合がありますし、子ども自身が信号待ちの車にお守りを売りつけたりしていますね。

| ヨンミョン | 2016/02/13 21:45 | URL |

ヨンミョンさん

一方でたくさんのお金を使って国益を向上させようとする動きがあります。国が豊かになればこのようなことをしなくてもすむ、今は仕方がないということでしょうか。日本にいるとこういった感覚が少なくありがたみも感じなくなってしまいます・・・。

| seoulmiki | 2016/02/14 07:25 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3102-47f08713

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>