ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

南大門市場の屋台から知る、韓国にポジャンマチャ(屋台)が多い理由?!

南大門市場(ナムデムンシジャン)を行けば、以前は、土台を置いて板を置くといったそんな屋台(ポジャンマチャ)がメインだったのが今は新しくなった移動式屋台が目に付きます。

いろいろ調べたら、2010年12月から南大門既存市場改善化事業の一環として新しいタイプの屋台(ポジャンマチャ)ワゴンが納品されたようです。そこに屋台を納めた会社がわかりまして、BIZBOOM (비즈붐 www.bizboom.co.kr)という、屋台、店内ブースの専門メーカーが設計・納品をしていたようです。

こちらの会社の製品はとてもきれいで機能的ということで、新しく屋台を開始するなら検討すべきワゴンのひとつと言われていたるするようです。

そもそも韓国で何故、屋台が多いか・・・。それはどうも200~300万ウォンとか500万ウォン程度の資金でいきなり商売を始めようという考えの人が多いのと関係しているようです・・・。

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<南大門市場>

160326南大門

たくさんの人で混みあう南大門市場。南大門市場は既存店舗はもちろんのこと、明洞と同じように屋台(ポジャンマチャ)がなきゃ物足りないですよね!

160326南大門2

昔はリアカーに荷物を積んできてそこにお店の商品を整理して商売スタートだったのが今は、移動式の屋台を引いてきて簡単に営業を開始できるシステムに変わっています。

160326南大門3

私の目に入ったのがこの「비즈붐 www.bizboom.co.kr」というタグ。さっそくこちらのサイトの年表で調べてみたら、こちらの南大門市場に新しいワゴンへの切り替えがあったのは、私も記事にした2010年12月からで「南大門既存市場改善化事業」の一環としてだということがわかりました。ちなみに、以下の記事もご覧ください。驚きの変化がわかります!

2009年4月の記事 「南大門屋台の秘密!<秘蔵画像?>
2010年12月の記事 「こんな南大門市場はイヤかも~。メカロボ屋台に違和感!<屋台美化新政策>

まさに貴重な韓国の市民の歴史の一部を伝える「ソウル情報局」って感じですね。^^;

<こちらがBIZBOOMのサイト>

160326南大門4

こちらが南大門の新屋台を作った「비즈붐 www.bizboom.co.kr」のサイトです。2006年からスタートしたまだ若い会社ですが、従来の古臭い屋台を洗練された屋台に提案、今や大手マートや百貨店、ホテル、高速道路などの店内ブースや屋台を納品したりする立派な会社に成長し、日本にも納品実績もあるようです。この会社の屋台の特徴は200~300万ウォンで設備の整った屋台の納品が可能というのが特徴で、どうも新規の相談にも乗ってくれているようです・・・。

<屋台は低資金ですぐにでもスタートできるビジネス?!>

160326屋台

ちなみに韓国のサイトで「비즈붐(BIZBOOM)」などで検索すると検索結果にNAVERの質問コーナーのこんな質問が並んだりします。^^;

Q. 地域は仁川です。年齢も若く心配で・・・。投資額は500万円程度です。商売ということしてみたことはありません。(中略) 本当に初心者なんです。多くのアドバイスをお願いします。
A. 商売の経験がないのに屋台を開始するということは、リスクが大きいと思います。もしかしたらレストランや外食業界で勤務をした経験があるのでしょうか。その次に年齢が若いとのことですが、食べ物の味がわかったり、メニューの構成を考えることができるのでしょうか。(中略)露店オープンは好ましくありません。少なくとも3~5畳の大きな大通り流動人口が多い道にある店舗を狙ってみることをお勧めします。そして、この事業を開始する前に、他の場所で1ヶ月~3ヶ月間の経験を得た後に開始することがリスクを減らす方法です。新たに事業をしようとしているのに難しい話だけ並べて申し訳ありませんが、外食業、飲食業が人々が思うようほど簡単でシンプルなビジネスではないということだけは確かです。

その他にも、

Q. 弘大前の屋台おにぎりが有名と聞きますがご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。おにぎりの商売をしようかと思っていますが、どのような方法で作ってどのような方法で販売をしていることを知りたいです。必ず教えてください~。

Q. 年齢は25歳です。家庭の事情も厳しくて、オンマと小資本で露店をしたいと思っています。資金は200〜300万ウォン程度ありますが可能でしょうか?高校の前で、朝はトーストを売って、その後はおでんなど一つ二つほど販売しようかなと思います。一度もやったことがなくて露店をするべきか店舗を得るべきか・・・。店舗は高すぎてちょっと...ㅜ 屋台をするなら機械はどこから買うべきか、料理はどこで学ぶべきか・・・。

どうも、韓国ではキャリアを習得する努力もなく、低資金でなにか事業を始めるなら屋台でもと考える方もかなりいるようです・・・。

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行韓国情報 の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!韓国情報~! ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 韓国の街で見かけたコトモノ | 05:00 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

気軽に始めて

屋台営業でそう簡単に成功できたら、苦労は無いですよね。
生活に困り何とか生計を維持したくて始めている人が多そうですが、その割には発想や計画や見通しが甘そうです。
傍から見てると、同業者同士の過当競争で廃業に追い込まれそうな感じがしてなりません。

| cda | 2016/03/26 13:48 | URL | >> EDIT

ちなみにソウルではこんな場所も見ることができます・・・。TT

「ソウル 屋台(ポジャンマチャ)の墓場?!」
http://seoulmiki.blog.fc2.com/blog-entry-266.html

| seoulmiki | 2016/03/26 14:16 | URL | >> EDIT

韓国の経済事情

政治経済のエリートやエリート予備軍ではない一般大衆の懐事情が思ったより悪いと推察されます。
ほんの数年前、〇経新聞をはじめとして日本の一部マスコミは韓国経済の在り方や韓国財閥の経営手法を賞賛していました。
屋台からふとその話を思い出しました。

| cda | 2016/03/26 20:27 | URL | >> EDIT

cdaさん

経済はかならず、日向と日陰がありますよね・・・。
韓国は貧富の差が日本以上にありすぎだと思います。いまだ抜け切っていない両班時代の名残りのせいでしょうかね・・・。

| seoulmiki | 2016/03/27 07:49 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3146-7945d0fa

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>