ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

沖縄美ら海水族館 名前変えたら大人気!ジンベエザメの餌付けが圧巻とくるくる回るマナティ

沖縄グルメに備瀬のフクギ並木、今帰仁城跡を楽しんだあとは本日の一番のお楽しみ「沖縄美ら海水族館」に移動します!

沖縄美ら海水族は前身が沖縄海洋博覧会の会場のひとつだったそうですが、NHKの朝の連続ドラマ「ちゅらさん」が放送され、ちゅら(美しい)という言葉が全国的に浸透となりました。そんな“美ら(ちゅら)”をつけたら、名前を聞いただけでも魅力いっぱいの沖縄の海を体験できる素敵な今や沖縄で欠かすことのできない人気のスポットとなりました。

こちらではジンベエザメの水槽が大人気とか。聞けばジンベエザメの長期飼育に成功した貴重な水族館でもあるそうです。

車は世界最大級の水族館、沖縄美ら海水族館の駐車場に到着です!

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<本日いちばんのお楽しみ!>

160419沖縄美ら海水族館へ

車を沖縄海洋博公園に走らせます。

160419沖縄美ら海水族館エントランス

うわ!大きい。

<沖縄美ら海水族館>

160419沖縄美ら海水族館

ということで、沖縄海洋博覧会の場所を引き継いでできたという「沖縄美ら海水族館」に到着です。

160419沖縄美ら海水族館券売機

ちゃっかり、16時以降に到着です。沖縄のそこらじゅうで販売されている前売り割引チケットよりお得な、4時からチケットで入場です。通常1850円(割引前売りは10%引きのようです。)、4時から入場券は1290円(30%ディスカウント)。

<ヒトデやナマコがさわれます!>

160419沖縄美ら海水族館体験

入口に入れば直接、海の生き物にさわれる体験コーナー。おそるおそるヒトデやナマコをさわってみます。うわ~、変な感触~。^^;

160419沖縄美ら海水族館入場

いきなり、大きな水槽に釘付けです。

<ミニお魚辞典を作ろう!>

160419沖縄美ら海水族館図鑑

ところどころに魚の知識などのカードがありまして、これを集めればミニお魚辞典が作れます。ファイルは売店にも売っていますし、帰ってダイソーなどのクリアファイルブックを利用するのもいいですね。

<海の水槽に釘付け>

160419沖縄美ら海水族館水槽1

海の水槽を眺めながら前に進みます。

海の底でエイはこんな風に泳いでいるのですね。

160419沖縄美ら海水族館水槽2

見たことのない沖縄の海の魚たちがいっぱい!

160419沖縄美ら海水族館水槽3

南洋では魚が生息しやすい環境ゆえ、多くの種類の魚がいますが、種の保存のためには、他の魚と区別がつきやすいカラフルな色や模様の配置なども大切な要素なのでしょうね。

160419沖縄美ら海水族館水槽4

大きな魚も、

160419沖縄美ら海水族館水槽5

小さな魚も、どれを見ても飽きることがありません。

<ジンベエザメの餌付けの時間>

160419沖縄美ら海水族館ジンベエザメ1

16:00過ぎに入ると楽しめるのが17:00からのジンベエザメの餌付けの時間。その餌付けの時間を楽しもうと今まで見たこともない大きな水槽の前にたくさんの人たちが張り付いています。私これから水槽の前に張り付こうかと思います。^^

160419沖縄美ら海水族館ジンベエザメ2

水槽の前には海外からもお客さんもいっぱい。

160419沖縄美ら海水族館ジンベエザメ3

あ、マンタもいる!

160419沖縄美ら海水族館ジンベエザメ4

白い泡とともに、水槽に餌の塊が投げ込まれました。(左上の白い部分)

160419沖縄美ら海水族館ジンベエザメ5

がっつくジンベエザメザメは迫力。水槽3カ所に餌がまかれ、3匹のジンベエザメがこれをすごい勢いで食べるのを見ることができます。

<怖いサメもここなら大丈夫>

160419沖縄美ら海水族館水槽65

頭上付近を泳ぐサメ。ジンベエザメのような温厚なサメもいれば、気性が激しいサメもいますが、厚いアクリル水槽でおかがで安心して楽しめます。それにしても数々のアクリル水槽にはどれだけの水圧がかかっているのでしょうか。

<人気のチンアナゴ水槽>

160419沖縄美ら海水族館水槽6

砂から顔を出す、チンアナゴがとてもカワイイ!グッズにもなっています。

<あのダイオウイカの標本も!>

160419沖縄美ら海水族館ダイオウイカ標本

こちらは2015年に日本のあちこちで打ち上げられて話題となったひところのスター★ダイオウイカです。

160419沖縄美ら海水族館水槽7

不思議な生き物、クラゲ。何を考えて漂うのでしょうか・・・。

160419沖縄美ら海水族館水槽8

深海の海の底にキノコが?!サンゴの仲間と思われます。

<マナティー館にウミガメ館>

160419沖縄美ら海水族館ガイド

美ら海水族館の後は、マナティー館にウミガメ館も合わせて見ようと思います。

160419マナティ館2

アメリカマナティー。海牛とも言います。人魚伝説の生き物とも考えられています。水槽の底に寝ているか、くるくる回りながら泳いでいたりします。

160419マナティ館3

同じところを回遊していました。

160419海がめ館

ウミガメ館では目の前にウミガメが泳ぐ姿を楽しむことができます。

<沖縄に来たらここは定番中の定番!>

160419沖縄美ら海水族館2

やっぱり来てよかった。特にジンベエザメの食事風景がとても印象に残りました。

160419沖縄美ら海水族館売店

最後は売店で海の仲間のお土産を物色です。沖縄美ら海水族館、とても楽しめました。皆さんもどうぞ!

<MAP>

160419沖縄美ら海水族館MAP

「沖縄美ら海水族館」
沖縄県国頭郡本部町石川424  TEL 0980-48-3748
・開園時間 8:30~17:30、3月1日~9月30日:8:30~20:00(入館は閉館1時間前まで)
・休館日 12月の第1水曜とその翌日。

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行韓国情報 の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!韓国情報~! ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 日本の旅(沖縄・離島) | 07:00 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3175-d4804b48

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>