ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

ホエールウォッチングツアー クジラに会えなかったら全額返金!で、クジラは?<沖縄・北谷発>

冬~春のいわゆるシーズンオフの沖縄で、シーズンインになるのは、沖縄にやってくるクジラを見るホエールウォッチングツアー!

私の沖縄に来た細大のお楽しみはこちらでした!特に最もダイナミックなパフォーマンスといわれる体を海面上に持ち上げ、 そのまま全身をひねり、.次の瞬間水面に叩きつけるというブリーチングが見られれば言うことなしです。特に沖縄にやってくるザトウクジラのものが豪快だそうです。 ブリーチングの行動の意味は不明ですが、雌へのアピール、寄生虫を落としている、遊んでいるなど、いろいろな説があるようです。

まあそれは最大に運がよかったときのこととして、それよりもまずはクジラが見られるのか、とそんな話もあります・・・。いろいろ調べましたら、「たびらい沖縄のホエールウォッチングツアーというのがありまして、クジラに会えなかったら全額返金(この時は4000円くらい)wとあります。かなりの自信ですね。98%とかなりの確率でクジラを見ることができるようです。

沖縄のホエールウォッチングは那覇発とか北谷(ちゃたんちょう)発な、本部発などいくつかありまして、一応聞いたうわさでは北の方の出発がいいんじゃないかといいます。ならということで、3泊目の天気がよくなると予報されていましたのでホテルに近い北谷発を予約しました。

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<たびらい沖縄 ホエールウォッチングツアーを申し込みました!>

150427たびらい沖縄

今回は前々日にスマホから探して、「たびらい沖縄 ホエールウォッチングツアー」を申し込みました。先方と連絡が取れ、集合場所について確認します。
http://option.okitour.net/special/whalewatching/

<北谷町海業振興センターうみんちゅワーフに移動!>

150427ココを曲がります

指定された時間に北谷町海業振興センターうみんちゅワーフに集合です。こちらのレストラン「オブリガード」の角を曲がればいいようです。

150427うみんちゅワーフ

これが北谷町海業振興センターうみんちゅワーフ。港に隣接する建物です。駐車場も広くてよかった。

150427うみんちゅワーフ2

のぼりをみて一安心。場所はあっているようです。^^

150427うみんちゅワーフ3

早くつきましたので、しばし、うみんちゅワーフで時間をつぶします。

150427うみんちゅワーフ4

手続き開始の時間になりました。受付窓口が開いてお金を支払って手続きを完了させます。結構、たくさんの人たち。これは早い予約がよさそうです。

<いよいよ、ホエールウォッチングツアーに出発です!>

150427ホエールウォッチング

案内の人に続きます!マリーナを歩いて船に向かいます。

150427ホエールウォッチング2

このクルーザーに乗るのですね!

150427ホエールウォッチング3

救命胴衣を着て着席します。船内と船外に着席です。クルーザー(船)はどんどん陸から離れます。どれだけ沖に出たでしょうか。かなりの高速での移動です。

途中、船長があれこれチェックしながらの移動です。

150427ホエールウォッチング出発

まずは、船長が我々の為にブリーチングの見れそうな(以前、確認できた場所)に向かってくれるようです。

150427ホエールウォッチングクジラを探す

船長の目にクジラの影が見られたようです。こちらでクジラの登場を待ちます・・・。

150427ホエールウォッチングクジラを探す4

船を止めてしばらくの間、クジラを待ちます・・・。


150427GoogleMAP.jpg

船は北谷町から読谷村方面に向かって移動していました。

150427ホエールウォッチングクジラを発見

そのときです!ドボン!クジラの波を発見しました!

150427ホエールウォッチングクジラを発見!

カメラの電源を急いで入れたので間に合いません。その後、しばらく穏やかな海の表面を眺めるだけ・・・。クジラを再び見ることができません・・・。

150427ホエールウォッチングクジラを探す3

今、一瞬だけどクジラを見てしまいました。これって会ったということだよね・・・。これではお金も返ってこないし、不完全燃焼・・・。

<クジラのブリーチングはあきらめて、親子クジラの場所に移動>

150427ホエールウォッチング移動

船長も頑張ってくれたのですが、残念ながら今回はブリーチングを見るのは難しそうです・・・。というか、ブリーチングどころかちゃんとクジラを見れないまま終わってしまうのでしょうか。

しかしながらそこはクジラ探しの名人の船長です。ご安心を!ということで、船長が安パイの親子クジラのいる場所に我々を移動してくれました。船長は安パイを持ちながら、特別な体験へのチャレンジを我々に与えてくれたのです。なんともうれしい船長じゃありませんか。^^

ということで、他の船がすでに安パイで集まってきている場所に我々もやってきました。

150427ホエールウォッチング神出鬼没1

お!いるいる!かなり興奮。(ひと安心)

150427ホエールウォッチングくじらを見る2

おお、背びれが見える!

150427ホエールウォッチングくじらを見る4

いきなりすぐ近くで潮吹きながら浮上です〜!噴気孔まで見える距離です。

150427ホエールウォッチングくじらを見る7

尾びれがくっきり。興奮が続きます。

150427ホエールウォッチングくじらを見る3

2頭並んで。今回我々の見ているのはザトウクジラ。

150427世界のクジラ

世界のクジラ。赤い丸が沖縄のザトウクジラです。標準的な個体では体長11 - 16m、体重30tほどの中型だが、とくに南半球の大きなものは19m、胸ビレの長さ6m、40tと、大型種に匹敵する体躯に達する事があるとのこと。(Wikipediaより)

たびらい沖縄さんの案内によれば、ホエールウォッチングは、12月下旬~4月上旬の期間限定で楽しめる、沖縄の冬を代表する人気アクティビティです。シベリア海域に生息しているザトウクジラは、冬場のこのシーズンに、出産と子育てのために沖縄のあたたかい海にやってくるとのことです。なるほど、それで冬から春先がホエールウォッチングの季節なのですね。

150427ホエールウォッチングくじらを見る6

背びれです。この背びれはザトウクジラのどの位置にあるかと言いますと・・・。

150427世界のクジラからザトウクジラ

実はこんな部分にあります。それにしても我々が見ているのは、いわゆる、ほんの氷山の一角ですね。

ザトウクジラは全長の3分の1に達する長く大きな胸ビレと上下の顎にあるフジツボに覆われた瘤状の隆起が特徴の一つです。およそ25km/hで泳ぎ、身長が小さい時期は5分、身長が大きくなれば45分息を止めて泳ぐ事ができるとのことです。

<口の部分見えた!>

150427ホエールウォッチングくじらを見る5

親子クジラだとブリーチングをあまりやらないようなので、背びれと尾びれ、潮吹きまでは非常によく見られますが、それ以外を見るのがなかなか至難の技ではないかと悟りました。

かなりの長時間クジラを見ていたのですがようやく口元を見ることができました。ザトウクジラのあの口のイボイボが特徴的ですね。

<結構な時間観察できました>

150427ホエールウォッチングくじらを見る9

それにしてもダイナミック!

150427ホエールウォッチングくじらを見る1

これが普通なのか、特別なのかはわかりませんが、最初の不安がウソのような、かなりの長時間ホエールウォッチングを楽しんでいます。人間が来ても気さくに(?)その姿を見せてくれるクジラに親近感を覚えました。そういえば、和歌山でもホエールウォッチングをやっているのですよね。あちらはマッコウクジラだとか。

150427ホエールウォッチングくじらを見る8

クジラのお刺身見た(失礼)、あの皮膚の様子もしっかり見ることができ、さらに満足。名残り惜しいですがそろそろ、港に帰る時間のようです。

150427ホエールウォッチング帰り

港に帰ります。船酔いしている時間もない興奮の時間が過ぎて行きました。それにしても本当に貴重な体験ができました。残念ながら今シーズンはこの辺りで終了してしまいました。次回は秋から受付が開始されるようです。機会がありましたら冬の沖縄のビッグなホエールウォッチング体験を皆さんもどうぞ!

<MAP>

150427うみんちゅワーフMAP

「うみんちゅワーフ(北谷発ホエールウォッチングツアー集合場所)」
沖縄県中頭郡北谷町美浜(字)54

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行韓国情報 の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!韓国情報~! ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 日本の旅(沖縄・離島) | 07:00 | コメント:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。これはその場にいたら相当興奮するでしょうね~

クジラやイルカは賢いし天敵らしい天敵がほとんどいないと思われますのでめちゃくちゃフレンドリーですね。

こんなに陸に近い場所でホエールウオッチングができるとは、やはり海が豊かなのですね~

| ヨンミョン | 2016/04/26 08:38 | URL |

ヨンミョンさん

天候が回復したのでホエールウォッチングを無事に体験することができました。次回は和歌山でも体験したい気持ちでいっぱいです。^^

| seoulmiki | 2016/04/27 12:17 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3182-d581656a

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>