ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

ソウルシティツアーバス ソウルタイガーバスは本当に虎だった!

ソウルの街をダイジェストで回ってみようと思えば、便利なのがソウルシティツアーバス。

大型バスから2階建てバス、レトロなトローリーバスなどいろいろ運転されていて街中でも見かけたことがある人が多いはず。

ソウルのスポットをぐるりと回るように、1時間に1~2本ほど運行されていて乗って降りてまた乗って便利だったりします。コースもいくつもあってまずは街の様子を知るのに便利です。

実は私も光化門の東和免税店前からのソウルシティツアーバスを利用したことがあります。私は降りずにず~っとそのままで市内の写真をバスの窓から撮って楽しみました。日本語の音声ガイドもあって楽しめたりします。^^

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<光化門ソウルシティツアーバス乗り場>

160523ソウルツアーバス1の1

早朝の光化門ソウルシティツアーバス乗り場の前にいろんなバスが大結集~!今はこんなレトロなトローリーバスも運行されています。

160523ソウルツアーバス1の2

まるで市電(路面電車)かと思うようなデザイン。ソウルパノラマコース、夜景コースなどに運用と聞いています。

160523ソウルツアーバス1の3

味のあるデザインですね。

<江南ツアーバスはこんな感じ!>

160523ソウル江南ツアーバスの1

こちらは江南方面に向かうツアーバスです。

160523ソウル江南ツアーバスの2

運行はこちら(リンク)をご参考ください。

<ソウルタイガーバスは本当に虎だった!>

160523ソウルツアーバスの2

ソウルタイガーバス・・・。どこが虎かと申しますと・・・、

160603虎が煙草を吸っていたころ

まずはこちらをご覧ください。虎が煙草を吸っていたころの画。

160523ソウルツアーバスの1

バスの正面をよ~く見たらトラだった・・・?!^^;

<都心・古宮コース(1階建てバス)で楽しむソウルの街>

160523ソウルツアー参加1

私もソウル都心の主な観光スポットを巡る都心・古宮コースコースを利用してみました。日本語案内のあるヘッドフォン付きでした。

160523ソウルツアー参加2

韓国のガイドさん付き!中国語、英語、日本語のわかる人のいずれかが搭乗します。

160523ソウルツアー参加3

コースはまずは(1)光化門(カンファムン)をスタート!続いて(2)トクスグン(徳寿宮)、(3)南大門市場、(4)ソウル駅、(5)戦争記念館(USO)、(6)龍山駅、(7)国立中央博物館と回って・・・

160523ソウルツアー参加5

(8)梨泰院、(9)明洞、(10)南山韓屋村、(11)ソフィテルアンバサダーホテル、(12)ソウル新羅ホテル・奨忠壇公園、(13)Nソウルタワー、(14)ハイアットホテル、(15)トンデムンデザインプラザ、(16)大学路、(17)昌慶宮、(18)昌徳宮、(19)仁寺洞、そして大統領官邸の(20)青瓦台前にいます。

160523ソウルツアー参加6

(21)景福宮・国立民俗博物館・国立現代美術館、(22)世宗文化会館、(23)そして最後に光化門に到着のコースでした。
160603コース

運行時間は9:00~19:00 (30分間隔で運行)です。2階建てバスなどコースによっては早めのチケット購入がオススメです。チケットは光化門のコリアナホテル・東和免税店前のチケットブースにて。たまにはこんな旅もいいものです。^^

都心・古宮コース-定休:月曜日※月曜日が祝祭日の場合は通常運行。※夏休み期間(7月4週目から8月15日)は休まず運行です。なお、夏休み期間は20分間隔で運行。大人12,000ウォン/人。

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行韓国情報 の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!韓国情報~! ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 観光地(ソウル) | 20:30 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3213-4353c711

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>