ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

世界で最も美しい湾クラブ「富山湾」の氷見海岸で世界でここでしか見ることのできない絶景を訪ねる

「世界で最も美しい湾クラブ (World's Most Beautiful Bays Club)」はユネスコの後援を受け、湾を活かした観光振興と資源保護、そこに暮らす人々の生活様式や伝統の継承、および景観保全を目的に、1997年3月10日にドイツのベルリンで設立されたクラブで、現在は、フランスのヴァンヌ市に本部を置きます。(Wikipediaより)

全く手つかずの自然状態以外にも湾内にある街・橋・灯台なども対象となり、加盟条件は1.優れた自然の美しさ、2.豊かな生態系、3.経済的潜在力、4.地域と国レベルでの法的保護体制が整っている、5.世界遺産の評価基準に準じている、などの条件を元に、総会の加盟審査委員会により加盟選定がなされているようです。世界の国々に美しい湾の指定があるのですが、現在の東アジアでの選定状況は、日本ですと富山湾、松島湾、韓国では麗水湾、台湾・澎湖諸島の澎湖湾、中国の青島湾(膠州湾)が選ばれているようです。

そんな世界で最も美しい湾クラブ「富山湾」 のうちでも最も素晴らしい景色が見える場所のひとつが氷見海岸(ひみ海岸)。氷見市観光広報物によりますと、富山湾は、広さが約2,120平方キロメートル、最深部が1,000メートル以上あり、その海越しに見える雄大な立山連峰の美しさは圧巻です。そして、海越しに3,000m級の山々が眺められるのは世界でも雨晴海岸から氷見海岸にかけての富山湾でしか確認されていません。そんな富山湾の魅力が評価されて、平成26年10月「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟しました、とのことです。

ということで、世界で最も美しい湾で、氷見(ひみ)周辺でしか見られないという絶景と、きときとな海の幸を楽しみにやってきました。(きときと-生き生きしたなどの意/富山を中心とした方言)^^

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<富山方面から能登半島に入る!>

160617北陸新幹線

北陸自動車道から分岐した能越道に入ります。北陸新幹線のガードをくぐり、能登半島の付け根部分の東側富山県側にある氷見を目指します。

<レトロ&藤子不二雄Aの街「氷見」/富山県氷見市>

160617氷見1

走ることしばし、到着したのは氷見市街地・・・。時が止まったようなレトロな町が目の前に飛び込んできます。氷見は人口5万人ほどの静かな漁業を中心とした街です。

160617氷見2

街のあちこちには、藤子不二雄Aのキャラたちが登場です。藤子不二雄Aの安孫子素雄(あびこもとお)は住職の息子として、富山の氷見に生まれ、その後、富山県高岡市に転居し、転入先の学校で藤子不二雄Fの藤本弘と知り合いました。

160617氷見3

こちらは忍者ハットリくん。ポストの上にも何やらキャラが・・・。これが有名な忍者ハットリくんポスト!^^

160617怪物くん

市内バスも藤子不二雄Aの怪物くん。

<海岸線に出ようと思います>

160617氷見

時間がたんまりあれば、氷見市藤子不二雄Aまんがワールドに立ち寄りたいところですが、今回はお預け。まずは絶景を求め海岸線に出ようと思います。

160617氷見4

怪物くんたちが歩いているし・・・!

160617氷見6

漁港の風景。

<立山連峰の絶景を見たい!>

160617氷見5

漁港の風景を眺めた後にいよいよお楽しみの場所に移動です。天気もよく絶景に期待です!こんな特徴的な橋を渡って、

160617氷見7

到着は比美之江公園。

160617氷見8

ここから海岸線に出ることができるのです。うおおお!すごいっ!と行きたかったのですが・・・???

160617氷見9

ありっ?!お山は、どこ?どこ?

<海越しに見える3,000m級の立山連峰>

160617氷見10

しかし、よく見れば、水平線の彼方の雲かと思っていたものは、なんとよく見れば立山連峰!山の上部にかかった雲が全体的に雲のようにカムフラージュしていたのですね。

160617氷見広報写真

同じ場所から見える立山連峰。こちらは氷見市の広報写真。運がよければこのような立山連峰が見えたりするようです。写真的には残念感はありますが、それでも肉眼でも3000m級の山々が連なる立山連峰が確認できましたのでOKです。

160617氷見MAP

「氷見海岸」はこの辺りです!海越しのきれいな立山連邦がこのような位置関係で見られるのですね!

<道の駅「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」>

160617道の駅

絶景を見た後は、氷見といえばのきときとな魚!道の駅「氷見漁港場外市場 ひみ番屋街」が氷見一番の人気のエリアのひとつと聞いています。

160617道の駅きときと亭三喜4

正午をかなりすぎているのですが、せっかくなのでこちらのきときと亭三喜で、海鮮でも食べようかと思います。それにしても列がすごいですね。

160617道の駅きときと亭三喜2

三喜で一番人気のメニュー、海鮮丼をいただきます。この日は全部で17種類の海の幸がうれしいです。

160617道の駅きときと亭三喜3

富山・氷見漁港といえば、ブリ!お店の方からこの日のブリは「がんど」と伺いました。

<ブリは出世魚!>

160617道の駅きときと亭三喜ぶり

がんどとは、関西ではめじろ、関東ではわらさと言われるブリの名前です。ブリは成長に応じて名前が変わるという出世魚です。写真は上から関西、関東、氷見でのブリの名前の変化を示したものです。皆さんの地方ではブリのひとつ手前は何と呼びますか?^^

<意外と見どころいっぱいの氷見!>

160617氷見ガイド

ちなみに名前の氷見(ひみ)の由来には海越しに見える立山連峰の雪を見る、氷を見るので、氷見という説もあるとか。そんな氷見はここには紹介しきれない魅力がいっぱい!皆さんも機会があれば、世界で最も美しい湾、氷見海岸と周辺に一度立ち寄って見てくださいね。詳しくはこちらで(リンク)

再びお腹を満たしたら、次なる絶景に向け能登半島を北上し、先を急ぎます!^^

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行韓国情報 の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!韓国情報~! ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 日本の旅(北陸) | 07:00 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。早くも氷見のお話しですね~

以前は国道の通称「氷見街道」を時々通ったのですが、現在有料道路でそのうち高速道路になる予定の能越自動車道が開通してから通過するだけの街になってしまいました。

ぶりは能登では「こずくら」は「こぞくら」と呼ぶ以外は氷見式と同じです~

| ヨンミョン | 2016/06/17 08:37 | URL |

ヨンミョンさん

あの新しい道路を初めて走ったのですがいい道路ですね!金沢からと富山からの七尾へのアクセスはこちらの方がよかったりする印象でした。^^

| seoulmiki | 2016/06/17 22:21 | URL | >> EDIT

世界で最も美しい湾クラブ (World's Most Beautiful Bays Club)

富山湾が選ばれたのは嬉しいことですね。確かに綺麗です。
冬の日本海ならまた違った印象を与えると思います。
出世魚「鰤」は名前が変わるのを知っていましたが、「めじろ」というのは知りませんでした。

| cda | 2016/06/18 20:34 | URL | >> EDIT

cdaさん

今度、無理して(?)冬晴れていたらの富山湾からの立山連峰の眺めを見てみようと思います。^^
めじろだとまるで鳥の名前のようですが、目の周りが白いのでしょうかね~?!^^;

| seoulmiki | 2016/06/18 20:37 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3238-887a8867

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>