ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

JAL韓国行きでお客さんがパニック!韓国の人たちが神対応!補償は? 787機バッテリー問題が再発

2016年7月8日(金)、仕事をしっかり終えやって来た羽田空港国際線ターミナル。これから韓国ソウル・金浦国際空港に向かうのです。定刻発着世界一が自慢のJALの足を引っ張らないように142番GATEに急いで向かいます。

今回のGATEは羽田空港の端の端の方ですから、とにかく疲れます〜!大阪伊丹空港行きなどのシャトル便にも近い路線だと思うのですがこの遠さに関する考えた方はどういうことなのでしょうか・・・。

そんなことを考えながら移動、GATEに到着ですが、ボーディング開始時間を数分過ぎた時間に到着したにも関わらず、搭乗手続きがまったく始まっていません・・・。使用機が遅れて来たので、清掃とかに時間がかかっているのかな?!こっちはこんな遠くまで急いで来たのに・・・、なんて思っていると・・・。

しばらくして、JAL職員からの放送が入りました。今回の使用機材のB787機のバッテリーが不調とのことで整備を続けているとのことです。それは今更、耳を疑うような放送内容・・・。日本の技術とアイディアがふんだんに使われたという大きな触れ込みで、鳴り物入りで日本の空に登場したドリームライナーB787機であれだけ問題になったバッテリー関連箇所が今さら不調ということなのです・・・。さらに・・・TT

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<羽田空港国際線ターミナル142番GATE>

160709JAL1

羽田発金浦行きの飛行機が出発の142番GATEにやって来ました。すでに皆さん大勢お集まり状態。でもまだ搭乗手続きがはじまっていないようです。ラッキー!

搭乗手続き時間である19:20を少々すぎたところでアナウンスが入りました。機材のメインバッテリーに不具合が発生しているため、整備に時間がかかっているとのことです。B787のバッテリー異常と聞くと実に腹が立ちます。日本側からすればあれはソフトウエアーを組んだ欧州の会社が悪いんだ、なんて話もありましたが、結局、日本メーカーのせいにして押し込まれたような結末だったと認識していますが、今になってもそんな話を聞くとB787は欠陥機種かとも思ったりします。次の放送は19:40に行うとのとこです。

<調整は続く・・・>

160709JAL2

19:40、20:00頃に2回の放送が入りました。まだ、調整整備が続いているとのことです・・・。広島で着陸失敗炎上ののアシアナ、羽田で火を吹いた大韓航空、バッテリートラブルのJAL・・・、幸いJALは飛ぶ前ですし、炎上もありませんでしたので、そこはラッキーと思うのが大事なのでしょうね。

160709JAL3

気がつけば、JAL機の明かりが消えています。バッテリー作業ですので仕方ないですよね。20:15にまたまた放送。まだ、整備が続いているとのことです・・・。この時点でJALにして失敗だったと後悔?!ホテルに電話してチェックインタイムが1時間ほど遅れる旨を連絡しました。次回は20:30に状況を伝えていただける予定とのことです。さっきから、搭乗案内予定という表現ではなく状況放送の予定なんですよね・・・。

<20:30>

160709JAL4

20:30の放送。内容変わらず。次回は20:50に状況報告予定とのことです。出発時間が1時間弱ずれてさすがにもうがっかり・・・。待っている人たちも頭を抱え始めました。カウンターに詰める人が出ていますが、今のところ目立つような暴動・暴言なし。

<20:50 結局、飛ばないことになった・・・>

160709JAL6

20:50の放送。観察しているとこのタイミングで機体に明かりが灯って行けそうかと思ったりしますが、内容は引き続き整備中です。しかし、今回はそれだけはありませでした・・・。それに加わり、なんとこの先、金浦国際空港の運用時間が(着く頃には)過ぎているので出発出来ないとのこと。

なんと衝撃の事実!え〜!っという声が日韓のお客さまから上がり、そんなのとっくにわかっているだろう、どうして〜、とパニック状態。ああ、私の計画も・・・。もう、旅行キャンセルしようか、どうしよう・・・。

<どうすりゃいいのか。個別対応タイム>

160709JAL5

しばらくして、この便は次の日の6:30出発となる旨の放送。金浦からも東京へ移動の人たちも待っていますから早朝出発は理解です。これも、金浦国際空港で早朝に職員さんの準備もしていただかなければいけませんし、おそらく金浦国際空港への交渉なども終えてからのことだったのでしょうね。

まずは、飛んでいる最中におかしいことにならなかったことをラッキーだと思えばこんなことは大した問題でもないし、787にあってはJALにも導入責任はありますが(?)、JALも被害者のようなものです。ここは大人の対応ができそうです。また、韓国で報道されていた職員さんへの大暴言や暴力がさぞかしすごい勢いで出るかと思えばさもあらず。日本人の1名のお客さまで対応について荒れている人がいるくらい!?

<日本国籍者と海外国籍者分けてお客様対応>

160709JAL7

右側は日本国籍者、左側は海外国籍者に分けて列に並んだ人たちから個別に対応。韓国方向けには免税店の韓国語が話せる人たちも応援に駆けつけて来て対応していたように思います。

聞こえてくる話では、周辺ホテルは混み合っていて、現実的な対応として、宿泊や夕食の対応については、お客さんに1500円の食券を配って、空港レストランでのお食事お願いするとともに、0:00以降はJALスカイラウンジを宿泊のために朝まで開放するとのことです。

<補償について、このようなお話でした。>

160709JAL8

ようやく私の順番が回って来ました。私の時に確認したのは、次のようなお話。まず、宿泊補償について、近隣のホテルはすでに満室、よってホテルは準備できない。もしどこか予約し、宿泊できるなら領収書にて、上限2万円まで支払い。タクシー代など交通費は同様に1.5万円まで実費支払い。その他、迷惑料として皆さんに1人2万円補償見込み(手続き方法は明言されず)とのことでした。

160710JAL11

機内で待機していたパイロットさんに客室乗務員さんたちもついにお戻りです。明日朝、お会いしましょう〜。

スカイラウンジはシャワー室もありますし、例えホテルが取れても手続きのために5:30に羽田空港着は厳しく、ごねても仕方ないですね。旅は行うという決断をして、ラウンジに宿泊しようと思います。早朝に金浦に着くならロスも少ないし、2万円のお心使いもうれしい。なんたって、あの韓国の人たちも文句はあろうとは思いますが、パニックをさっさと解消され我慢なされていますしね(従来からの韓国報道を考えればまさに神対応?!)。また、私のこの日の韓国でのホテル関連も再連絡で、とてもありがたい対応をしていただきました。

160710JAL12

多くの人たちは大してごねずに、徐々に散り始めています。こんな事態ですので、結果同じならさっさと散って行った方が得かも。私は先ほどラウンジでたくさん食べたので、本日はもう食事は結構ですと食券は辞退し、グローバル会員の特権でひと足お先にJALスカイラウンジに移動しようと思います。それにしてもこんなことになるならラウンジでがっつかず、1500円でレストラン街探索がよかったという結論・・・。

タイミング同じくして、JALからB787のバッテリー問題は解決されたとして大量導入を決定したとの広報があったようですが、こんな欠陥機種、大量導入しちゃって大丈夫ですか〜?!(ラウンジでのひと夜はどのように過ごされたのでしょうか?続きます。)

ぽちっとお願いします~<韓国情報> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行韓国情報 の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!韓国情報~! ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 空の旅(航空会社情報) | 08:00 | コメント:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お疲れ様です。

ほんと、大変でしたねー。私も同じ不具合で朝1のフライトが夕方になったことがあります。セントレアはお風呂があるので、飛行機を見ながらゆっくり入浴しました。mikiさんのお持ちのカードで遅延補償付の特約があるんじゃないでしょうか?わたしはそれに気付いて請求したら、請求期限切れで涙を流しました。念のためチェックをお勧めしますーー!! (続号記事を楽しみにしてます!!)

| とらのこども | 2016/07/10 09:19 | URL | >> EDIT

私も何度か機材不良で翌日へ・・・という経験あります。
飛行機での移動って搭乗まで&機内に入ってから離陸までが意外とストレスですよね。
トラブルがあるとその時間がとてつもなく長くて疲労が溜まりますよね。

それにしてもB787は相変わらずなんですね…私は未だに乗ったことがないのですが
mikiさんのブログを見て 今まで以上に避けたくなりました( ´艸`)

| ル~♪ | 2016/07/10 09:49 | URL |

エピソード

欠航になったとは・・・
自分ならどうしていたかな
考えてしまいます(^^;
国内線にあるキャビンが
平和島の温泉に行っていたかも(笑)

このパニック的状況を冷静かつ詳細に
レポされているとは。
さすがと思いました(^^)

ゴールドカードなら遅延お見舞金も
出るはず。
ネタもできてラッキーだったかな(^^;

| 豊年満作 | 2016/07/10 12:14 | URL | >> EDIT

こんにちは。災難でしたね。

B787は鳴り物入りだった割にバッテリー系のトラブルが本当に多いですよね。

韓国に行くのが遅れた日本人と日本での滞在が長くなった韓国人では気分も違うでしょう。これが反対だったら…

| ヨンミョン | 2016/07/10 12:34 | URL |

私の場合

 787が導入されたばかりの頃
ビジネスクラスでソウルへ行く際
当日になって国内仕様の飛行機になり
カウンターで一万円で許して欲しいと言われました
マイルでとったビジネスクラスなので
お小遣いと思って頂き
シートはJクラスだったので良かったです
ラウンジのチケットは頂きがっつり食べ
機内食は飛行機に乗る前にお弁当を渡されました

| ぽっち | 2016/07/10 14:47 | URL | >> EDIT

とらのこどもさん

お久しぶりです。最近、韓国には行かれているのでしょうか?^^
それにしても朝一番が夕方じゃあ全然楽しめないですよね。遅延補償について調べてみたら1年に1度だけとありました。この先の最も大きいのに取っておきたいような・・・。^^;

| seoulmiki | 2016/07/11 06:52 | URL | >> EDIT

ル~♪ さん

私も米国でトラブルで翌朝の便に振り替え、同じホテルに再び予約を入れ逆戻りな経験があります。米国の航空会社じゃ普通かも知れませんが、日系だとちょっと悲しいです。それも787というのが腹立たしいのです。TT

| seoulmiki | 2016/07/11 06:56 | URL | >> EDIT

豊年満作さん

私も真っ先に国内線のキャビンを思い出し、尋ねたら満室とのことでした。平和島の温泉・・・、さすがにそれは知りませんでした。これから万が一のためにチェックしたいと思います。遅延お見舞い金ですが、大した金額でもないので、次回のために取っておこうかと思います?!^^;

| seoulmiki | 2016/07/11 06:59 | URL | >> EDIT

ヨンミョンさん

787は絶対に設計不良品だと思います。最近は中距離線もたくさん飛んでいますのでもっと遠いところでこれにあうと嫌ですね・・・。TT

| seoulmiki | 2016/07/11 07:01 | URL | >> EDIT

ぽっちさん

ぼっちさんも787にやられましたか・・・。ビジネスでクラスJとお弁当だとちょっと悔しい気持ちだったことと思います。モニターサービスはないけどエコノミーだと、座席が国際線より広いのでそっちの方はラッキーだったかも知れません。でも2時間ですけど・・・。でもなんだかんだで定刻離発着がやっぱり一番ですよね。^^

| seoulmiki | 2016/07/11 07:06 | URL | >> EDIT

さすがフラッグキャリア

私の場合、この対応なら逆にラッキーと感じてしまいますね(不謹慎)。
3年前、ジェットスターの千歳→成田の夜便が整備不良で欠航になって、乗れない客は翌日廻しになりまして、
自営業の私は焼け太り状態になったなあ。
ルートイン札幌駅前の宿泊券+往復交通費+8000円分のジェットスター利用券をいただきました(*^^*)
利用者のなかにはいろんな事情があるかたがおありでしょうが、この対応ならひどい文句も出ない思います。

ちなみに私は早朝便に乗るために、羽田空港に終電で着いて夜明かしを今年2回もしています(笑)

| LGツインズファン | 2016/07/14 16:44 | URL | >> EDIT

LGツインズファンさん

現場の対応はそれなりでしたが、その後の対応について、まだ何の連絡もありません・・・。それどころかアンケートメールが来る始末・・・。この後、ごねなきゃいけないのでしょうか?それも記事にできそうなので、ある意味、楽しみだったりします?!
空港夜明かしですか、それはすごいです。私には厳しすぎます。(温室育ち?!)^^;

| seoulmiki | 2016/07/14 20:42 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3267-4eb72b75

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>