ソウル情報局

韓国の生情報満載!グルメ、旅行、韓国生活、韓国の人たちのことなど!

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>

>> EDIT

青森名物も大活躍!ソウルのイベントのメインスポンサーは中国のあの会社

11月4日から11月20日までの今年も恒例の清渓川(チョンゲチョン)のイベント、ソウルランタンフェスティバル2016が執り行われ、昨日を以って終了となりました。

今回も青森のミニねぷたも登場で、それだけを楽しみに私も立ち寄ってみました!

それにしてもメインスポンサーは中国のあの会社なんですね~。それは、日本でもいろいろなお店で見かけるようになった「銀聯カード」(ぎんれん)です。

中国では与信審査や信用情報が未発達であるため、銀聯カードの多くはデビットカードである。中国以外にも、日本、アメリカ合衆国、大韓民国、タイ、シンガポール、ドイツ、フランス、オーストラリアなど約20カ国に加盟店を広げており、VISAやMasterCardのような国際ブランドに近い存在となりつつあるそうです。(Wikipediaより)

ぽちっとお願いします~<海外旅行> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ソウルランタンフェスティバル2016のメインスポンサー>

161121ランタン祭り

昨夜までで終了のソウルランタンフェスティバル2016。なんとメインスポンサーは中国のJCBカード似のデザインの銀聯カードです。お祭りイベントのいろんなところに登場です。

161121ランタン祭り2

日によっては結構な人出があったりします。

<ソウルランタンフェスティバル2016>

161121ランタン祭り3

百済でいきなりスタート。

161121ランタン祭り4

実にたくさんのランタンが清渓川の上に並ぶのは例年通り!

161121ランタン祭り5

気球に乗れるイベントもありました。

161121ランタン祭り6

販売コーナーでも銀聯カードのマークが目に付きます。それにしてもあのマーク、絶対にJCBのマークに似ているのが気になっています。

161121ランタン祭り7

喜んで灯篭を購入して清渓川に流す、韓国人カップルや子どもたち。灯篭流しにも銀聯カードのマークがありました。

161121ランタン祭り8

外国のランタンもお尻の方に並びます!

<青森ねぷたがいい出来!>

161121ランタン祭り9

青森ねぷたを観賞です。

161121ランタン祭り11

結構な迫力でした。青森じゃすごい人ごみだから、ここでこれ見られるだけでも幸せです!

161121ランタン祭り10

こうやって今年の秋の恒例の光化門イベント「ソウルランタン祭り」は終わったのであります・・・。それにしても中国パワー、衰え知らずでしょうか。

ぽちっとお願いします~<海外旅行> ぽちっとお願いします~<韓国旅行>

<ランキング応援のお願い>

ソウル情報局にご訪問いただきましていつもありがとうございます。「ランキング(ブログ村)」の応援をぽちっとをいただけるとうれしいです!★★ 韓国旅行海外旅行の楽しみたいランキングの方を押してくださいね! ★★

ぽちっと!海外旅行~!ぽちっと!韓国旅行~!

★どちらかをクリックしていただけるとランキングが上がって頑張れます!
関連記事

| 韓国のシーズンイベント | 05:30 | コメント:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

中国パワー

韓国のKPOPイベントを後援しているのは、中国のテンセントです。このまま、エンタメも中国に支配されてしまう?と思うと、怖いですね。^^

| 田中 利博 | 2016/11/21 05:55 | URL | >> EDIT

こんにちは。これが噂のソウルランタンフェスティバルなのですね。

情報としては知っていましたが、見たことがないんです。なかなかのイベントですよね!

しかし、ここにも中国パワーですか。そろそろ勢いは衰えてきたはずなのですが、まだまだ世界を押しまくりそうですね…

| ヨンミョン | 2016/11/21 18:51 | URL |

田中 利博さん

韓国企業は引いているって感じですかね・・・。TT

| seoulmiki | 2016/11/21 21:27 | URL | >> EDIT

ヨンミョンさん

中国爆買いパワーは、安月給で使われているまずしいワーカーさんたちがいるからこそ、成り立っているのです・・・。TT

| seoulmiki | 2016/11/21 21:32 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://seoulmiki.blog.fc2.com/tb.php/3406-fc341b3a

TRACKBACK

<< 新しい記事 | もっと見る | 前の記事 >>